食べ物なしでも最大2ヶ月は持つ

医学的に言えば、飢餓は体が充分なカロリーや栄養を取り入れていない時に起こります。飢饉や貧困から引き起こされることもあれば、医療のために自発的に飢餓状態になることもあります。生物学的飢餓は、どんな原因があるにもかかわらず同じプロセスを踏みます。本当にそのプロセスは同じなのです。

酸素がないために死に至る時間は、5分から10分と言われています。水がない場合は、私たちの体は、2日から最大で7日持つと言われています。状況にもよりますが食べ物なしの場合は最大で2ヶ月持つと言われています。

この間、体は3つの異なる代謝フェーズを経験します。体がまた食べ物を見つけるまでに体を生かしていくためになくてはならないものです。

フェーズ1は、体ができるだけブドウ糖の燃焼をしないようにし、通常状態の体を、必要な分だけブドウ糖を生成するようにするのです。平均的な人では、空腹を感じたり不機嫌になる前に、ブドウ糖の燃焼によって6時間保つことができます。

この時点では、あなたの昼食時のブドウ糖が体の中で燃焼し、脂肪酸に変わります。これは脂肪分子を作り、体の細胞の中に蓄えられます。これは、最初の大きな代謝の変化となります。

脂肪燃焼をしていくフェーズ

フェーズ2は、脂肪燃焼です。脂肪燃焼は数日から2週間つづきます。このステージでは、ケトーシスと呼ばれます。肝臓が脂肪酸を代謝します。これはケトン体と呼ばれ、ブドウ糖に変わり主要なエネルギー源となります。この化合物は、3つの違った水溶性体となり、肝臓から心臓と脳に送られます。

その間に他の細胞にも送られます。

ハードなトレーニングを好む人々、例えばトライアスロンをする人やボディビルダーなんかがそうです。彼らは、炭水化物をあまりとらず、高いプロテインを取り入れた食事をします。そしてケトン体を生み出すのです。

彼らが飢餓を感じているわけではなく、体を違った方法で使っているということなのです。なぜなら彼らは充分な炭水化物をとらないからです。炭水化物はすぐに燃焼してしまうからです。でも、バターたっぷりのベーコンが体を燃やしてくれるというのであれば、良い話だとは思いませんか。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインページからログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。