4割の女子がラブホテルでも割り勘

牛窪恵氏:私が草食系男子の研究に入ったのは2006年で、本を書いたのが2008年なんですが、ここに至るまでに、男の子が非常に恋愛クールだなというのは感じていました。

ところが、その直後から、女子についても「これおかしいな」、「恋愛にあまり期待してないな」と思うようになりました。「どうせこういうのは物語の中だけだし」「バーチャルでキュンキュンすればいいかな」「私にはどうせ無理だし」と可愛い女の子たちが言うんです。

一番最初にびっくりしたのが、2008年だったかな。『モテるおカネのつかい方』という本を書いた時に、2、30代の女性400人に調査したのですが、なんと20代前半の女の子たちの4割が「ラブホテルでも割り勘」と言っていました。

私もすごくびっくりしまして、「ラブホテルで割り勘って女の子としてどうなのかな」と。「そこまで自分を下げなくてもいいんじゃないかな」と思いました。こう言うと本当に語弊があるんですが。

あまりに驚いたので、若い女の子たちに、しかも読モみたいに可愛い女の子たち6人に急遽集まってもらいまして、グループインタビューしました。その内の半分以上は、やはり「ラブホテルで割り勘」と言っていました。

しかも、その中で恋愛というプライオリティーがとっても低いんですね。エッチをするにもかかわらず……。

今の若者にとって、恋愛はコスパに合わない

私たちバブル世代の女性は、多少大げさに言えば、馬に人参をぶら下げるみたいに、「私とエッチしたいでしょう?」どうだどうだと言って男の子にいろんなお金を出してもらったり、美味しい所へ連れて行ってもらったりしようっていう部分もありました。

でも、今の若い女の子たちはものすごくクールで、男の子たちも恋愛って面倒だ、しかも恋愛の話をしようものなら、「なんなの? リア充自慢なの?」「他に楽しいこといくらでもあります」「恋愛なんてしなくても毎日充実してるから」。これらが20代の子たちがよく言うセリフです。

あるいは、「恋愛は何かネタっぽい」と。それから「キミ、恋愛ばっかしてるんだよね」「なんかメンヘラっぽいよね」と。(メンヘラとは)メンタルヘルス板という2ちゃんねるの板に恋愛ネタを書き込む子、さらにはリストカットするような危ない子という意味合いもあるんですが。

それに「恋愛はコスパに合わないし」と。今の若い子たちはコスパ、コストパフォーマンスをよく言います。付き合うとなれば、男の子たちはお金を出さされて、お店の予約もさせられて、その割には別にたいしたこともないなというぐらいの感覚です。

ただ女の子たちも、「コスパに合わない」と言います。これは彼女たちからすると、自分の貴重な時間を彼らに費やしているのにもかかわらず、男の子は美味しいお店も知らない、話もつまらない、気分も上がらない、「3重苦なんですよ」ということさえ言います。

その時間があれば「女の子ともっと楽しいことできたのに」あるいは、「1人で美味しいお店に行けたのに」と非常に後悔しています。

女性は社会進出でコスパ重視化した

これまで、女性たちが社会進出をしていくと未婚化が進むということが、永らく言われてきました。また昨今は、男女平等。女性たちがいろんなお仕事を得る、今年「輝く女性推進」なんてことが言われて、どんどん女性たちが働くようになると、男性にも嫌なものは嫌だよとハッキリ言います。

というのも、私たちの時は、まだ1つ上の新人類時代は圧倒的に専業主婦で、会社で働いていても20代後半で「まだ結婚しないの?」と肩たたきに遭いました。皆さん早い段階でお仕事を辞めて良い男性と巡りあって専業主婦になるしかないと。その過程で多少意にそわなくても、男性に従うべきだという社会風潮もありました。

ところが2005年の段階で女性たちの未婚化が非常に顕著になり、この頃から「負け犬」「お一人様ブーム」なんていうのが起こりました。2010年現在、これが一番新しい国勢調査ですけど、今30代の男性は4割以上、女性は3割近く、東京でも3割越えています、が未婚ですね。

因みに未婚という場合は1回も結婚していない、未だ結婚せずなので、これ以外に離婚した方で、バツ1、シングルという方が別にいらっしゃいます。

独身・シングルというと、バツ1、バツ2がここに加わってきます。今29歳までに結婚したカップルは、36、37パーセントが離婚しています。つまり、3組に1組以上が離婚をしているということで、非常に独身・シングルというのが増えている。

実は日本だけでなく、中国も韓国も女性の社会進出が進んできてから、どんどん負け犬現象が起こってますし、アメリカでは日本よりも10年以上も前に、シングル女性というのが目立ち始めました。

そして、90年代後半に『SEX AND THE CITY』というドラマが出てきました。負け犬女4人のドラマなんてことを言われて、サラ・ジェシカ・パーカーさんとか、おしゃれな自立する女性たち、働く女性というのが格好いいという見られ方をしていたんです。

草食化は日本だけじゃない

ただ、私たちバブル世代は均等法第一世代で、バリバリ働いてつまらない男性と無理に結婚するくらいなら、いい人が現れるまでまだ1人でいいかなというような感覚がありました。でも、今の20代の子たちはいつかは結婚したいんですね。にもかかわらず、「恋愛は面倒」なわけです。

例えば、20歳の時点で交際相手がいる方、これをオーネットさんという結婚紹介所がずっと経年調査をしています。

それによると、バブル期やその直後は、6、7割の男女に彼氏彼女がいました。特にクリスマス前に焦って「彼氏彼女を見つけないと」というのも定番で、ナンパなんていうのも盛んでした。ところが今、本当にナンパが起こりません。ハワイでもナンパが起こらない。統計的にも、例えば「旅先での出会い」はどんどん減っています。

この間、スペイン、ポルトガルの駐在員の方に聞いたら、あちらでも草食系の男性が増えているということでした。アメリカ、イギリスなども含め、彼氏彼女がいない状態というのが全世界的に広がっているようです。

日本でも、20歳の時点で彼氏彼女がいない割合を見ると、いない男子が79パーセント、いない女子が71.5パーセントです。20代全体に広げても彼氏がいない女子が6割、彼女がいない男子が7割強、8割近くですね。

非正規・低年収の男性ほど結婚が遅い

その内の、今年一番びっくりした情報としては、内閣府さんが出した調査ですね。彼氏彼女のいない人の4割前後、女性が実に4割以上が、「彼氏・彼女がいらない」と言っています。その一番の理由が「恋愛は面倒だ」ということですね。15年前の調査では、彼氏彼女がいない人の9割が「彼氏・彼女が欲しい」と言ってたんです。

では、この間に何が起こったんでしょう。よく言われるのが、男性の非正規・低年収が、「失われた20年」の間に爆発的に増えてきたということですね。実際に非正規・低年収の男性ほど結婚が遅かったり、なかなか結婚しにくいというのはこれまでも言われてきました。

現に未婚率でいうと、内閣府の調査では、正規男性は20代の段階ですでに26パーセントくらいが結婚をしています。30代では3割くらいが結婚をしています。ところが、非正規の男性に関しては、20代で結婚する方は1割もいません。30代になっても、まだほとんどの方、9割が未婚ということで。まず正規・非正規が、結婚に関して大きな分かれ目になります。

実はそれだけじゃないんですね。結婚は確かに女性もいろんな条件で相手を見たりしますが、恋愛に関しても、男性の正規と非正規、あるいは年収によって2倍以上、彼女のいる割合に開きがある。

女性はやはりある程度計算高かったり危機感があったりしますので、20代の時は特に非正規の女性ほど結婚が早いんです。ところが、男性は「なかなか条件が……」と見られると、結婚だけではなく恋愛もしにくくなってくる。不況だったり「失われた20年」というものが恋愛市場においても大きな影響を与えているなというのがわかります。

ところがそれだけではないんです。むしろそれ以上に影響を与えていそうな要素がわかってきました。この件はこの後、干場社長ともいろいろやりとりさせていただこうと思っていることの1つです。