3つの目のテーマは「エフェクト」

鈴木顕照氏(以下、鈴木):3つ目のテーマは、こちらです! じゃん!

青島莉子氏(以下、青島):リア充っぽいエフェクトをかけよう! ついに! ここですよ、待ってたのは。

本末英樹氏(以下、オロ):りこちゃん、リア充になれますよ、やっと。

鈴木:それじゃ先生の画面に切り替えていきます。どん!

オロ:来た! 皆さん、アクションを事前に落としておいてくださいねってお話してたんですが、落としてるかなぁ。落としてるとこういうデータ。「instant Hipstar 10 Retro Action2」っていうのを落としていると思うんですけども。この中のこれですね。instant……atn。

青島:1番上のやつですか?

オロ:拡張子がatnってなってる、これですね。このファイルがあるんですけど。これはアクションファイルといいます。これをダブルクリックしてください。すると何もなっていない感じがするんですが、これでも入ってるんですね、実は。それを確認する方法があります。

それは、アクションっていう、レイヤーもパネルっていうお話をしたんですけど、アクションのパネルっていうのを開きます。この「ウィンドウ」メニューの、メモしてメモして。

青島:はい。ウィンドウ。

オロ:「ウィンドウ」の「アクション」。「アクション」をクリックすると。

ここ、ズラズラーっと出てきますからね。大きくすると先に2個入っちゃってるんですけど、ここにアクションが入ってちゃってます。「instant Hipstar 10 Retro Action2」ってのが入ってますね。これをレイヤーと一緒の感じで、ペコッと押すとこんな感じで出てきます。この中にアクションが入ってるんですね。

アクション機能とは何か?

オロ:アクションってそもそも何ぞやっていうお話なんですが。アクションって言って、ここにいろいろ登録できるんですね。何かレシピみたいなものです。例えば料理で野菜を洗って、切って、火に通して、それで完成みたいな一連の動作をここに保存できるんですね。アクションって言って。

それでInstagramの加工ができるレシピがもうすでにあって、皆さん落としてもらったと思うんですけど、それをインストールすると、それをクリックするだけで料理がチーンとできてしまう感じですね。

青島:おぉー便利じゃないですか。

オロ:このアクションっていう機能は、なかなか初めての方とか、デザイナーなったばかりの人って知らない人が多いんですけど、アクションというのがあります。皆さん、ここに入るはずです。これを今度はアクションをかけていきたいと思います。

どれにアクションをかけようかな? 砂かけ婆にアクションをかけようかな。今度砂かけ婆にアクションをかけるんですが、実はちょっと見ててくださいね。実はここ。普通に画像を配置した場合はこうなっているはずです。

皆さんが配置した方法だと、こういうマークがついているはずです。

鈴木:右下に何か。

オロ:何かファイルマークがあるんです。これをスマートオブジェクトって言います。ここに出てますよね。スマートオブジェクトっていっぱい言葉がでてきて難しいんですが、なんだろうっていう感じなんですけど。普通のスマートオブジェクトじゃないほうをダブルクリックしますね、ここ。

青島:スマートオブジェクトじゃないほうをダブルクリック。

オロ:こんな画面が出ちゃうんですけど。

こっちのスマートオブジェクトのほうをダブルクリックします。ボン! 

別のPSDが開くんですね。僕の場合はレイヤーが11となってますけど、11という別のPSDが開きます。それでここにタブができてます。これをクリックすると、元のやつに戻ります。クリックで戻ります。

こちらのスマートオブジェクトで開いたPSDですね、こっちに加工をしていきます。Instagramみたいな。何かレトロな加工とか、白黒だったり、ビビッドだったり、Instagramを使ったことが皆さんあるかな? いろいろな加工があると思うんですけど。その加工をしていきます。

スマートオブジェクトはどこに保存されているか

オロ:加工をしていくんですが、あっ、「スマートオブジェクトのPSDってどこに保存されてるの?」って気になった方がいるかもしれないですね。「レイヤー11ってなってるけど、どこに保存されてるんだろう?」と思っている方もいらっしゃるかもしれないんですけど。実はこれは保存はされていません。

PSDという拡張子がついてるんですが、「フレーム_02」僕はこれですね、この中に一緒に保存されているので、どこに保存されているかわからないっていうのは特に気にしなくて大丈夫です。

鈴木:気にするなっていうことですね。

オロ:何も気にするなっていうことですね。

青島:わかりました、気にせず!

オロ:気にしないでね。ここで今度はアクションをかけていきますね。ここにレシピがあるとお話しましたね。このレシピをかけていきます。レシピのかけ方なんですが、ここにレシピがいっぱいあります。これらはInstagramにも書いてる写真加工の名前なんですけど。これ「Play All Action」っていうのをクリックしてほしいんですが。

これはこの下にあるアクションを、全部かけますよというアクションなんですね。Play Allと書いているぐらいですから。

鈴木:なるほど。

オロ:これを選択した状態で、アクションパネルの下の実行ボタンですね、再生ボタン。これをクリックします。すると何かいろいろ動いてますね。パネルウィンドウの中が。わ、わ、わ、わ……。

青島:どうしましょう?

オロ:どうしましょう。一旦これをオッケー押してください。

青島:停止?

オロ:停止でオッケーです。じゃあ何か砂かけ婆の色が変わっちゃってるんですけど。それとあともう1個気になったことが、ここはアクションパネルしかなかったはずなのに、「ヒストリー」というのが追加されてますね。「ヒストリー」っていうのもPhotoshopの機能なんですが、何かというと、今までの記録が全部残るですね。

それでこのアクションをかけると、1個1個アクションをかけているので、1個1個の履歴が残っている様な感じなんです。

鈴木;なるほど。

Instagram風の加工もOK

オロ:たからこの中で、りこちゃんとか皆さんが、自分の好きな加工を選べばいいということですね。結構いろいろありますよね。これはちょっとレトロな感じとか、ハーフはちょっとビビッドですね。僕が好きなのは、Instagramでよく使うのがこのValenciaっていうのをよく使うんですけど。これにしようかな。

決まったらこれで保存します。「Command」+「S」。

青島:「Command」+「S」で保存。

オロ:保存ですね。Windowsだと「Control」+「S」か。それがわからない人は「ファイル」で「保存」でも大丈夫ですね。できたら閉じちゃいましょう。

青島:バツしてもいいんですか?

オロ:いいです。

鈴木:気にしない。

青島:気にしない! そうでした。Kさんので学んだので気にしない(笑)。

オロ:閉じちゃいます。すると。

青島:どうなるんですか。

オロ:こうなるんです。

青島:おー、変わった。連動してるんだ。

鈴木:変わっちゃうんだ。

オロ:ヒストリーがあるんですけど。これが触らないやつ、これが触った後ですね。ちょっと何かレトロっぽくなってますね。こんな感じでスマートオブジェクトって言って、別のPSDのファイルの中で加工をかけます。それで1個しか出なかったけど、完成したのが。

青島:どうなるのかな。あー、4つの写真でやるんですね。

オロ:そう、4つ皆さんにやってほしいんです。こんな感じ。

青島:変わった。

鈴木:全部それぞれにかけるとこんな感じになるんですね。

青島:なるほど。

鈴木:わかりました。

青島:本当にLさんの仰る通り、ほぉーですね。アハハ(笑)。

オロ:今回僕が教えているのって、早業とかテクニック的なことで初心者はなかなかやらないことなんですけど、今回は皆さんにデザインをかじってもらいたいので、いろいろすっ飛ばして、楽しいことだけ教えてちゃってますね。

青島:いいとこ取りってことですか。やったー!

鈴木:そうそう、ややこしいことは授業でやればいいので。ここは部活ですから。かじってくださいっていうことですね。

青島:そうでした。

オロ:詳しい授業はいっぱいありますからね。

「エフェクト」の実習タイムスタート

鈴木:ありますからね。後ほどまたご紹介しますけれども。じゃあここから一旦実習に入りましょうか。それじゃ皆さんとりこちゃんが実習する番です。それでは実習スタート。

オロ:でっきるぅかな。でっきるぅかな。

青島:できるかなぁ。ちょっと心配なんですよね。

オロ:ちょっと難しかったですね、今回。

鈴木:そうですね。Photoshopのアクションていうのを取らないといけないんですね。

青島:そうですね。授業ページからダウンロードして。

オロ:りこちゃんはダウンロードしたのは、どこにあるかな? あっここですね。

青島:デスクトップに入れました。

オロ:ではデスクトップにまずいかないといけないですね。

青島:そうですか。

オロ:ダブルクリックで入れるので。

青島:どうやりましょう。小さくしてしまってもいいですか。

オロ:うん、小さくしましょう。

青島:Photoshopさようなら。これですね。これを1番上でしたっけ? これをダブルクリックして。押したら入ってくれたんですね。

鈴木:これで入ったんですね。

青島:へぇーすごい。これで開いちゃって。

オロ:ちょっとアクションパネルを開いてみましょう。「ウインドウ」で。

青島:上のメニューバーから「ウィンドウ」、「アクション」。開きました。

オロ:ちょっと小さいから、ガラガラーっと大きくして……あっ入ってますね。

青島:いろいろ入ってますね。

オロ:上にあるやつはすでに入っているやつなので。Instant Hipster……入ってるから大丈夫ですね。

青島:この中で「Play All Actions」が選ばれてますかね。これで選ばれてますか?

オロ:そうですね。でもアクションをかけるのは、このファイルじゃなくて別のファイルでやるので。

青島:そうでした。危ない危ない。これを戻って。

オロ:どれからかけます?

青島:では1番左からで。

オロ:海からかけましょうか。じゃあ海のスマートオブジェクトのアイコンがちゃんと付いてるのを確認して。

青島:ちゃんと付いてます。

オロ:ここの写真の上でダブルクリックですね。

青島:これをこの上ですか?

オロ:うん。

青島:ダブルクリック。どうでしょう? OK。

オロ:開きますよね。

青島:おーそうですね。本当だ。ここにタブが2つあって。

オロ:皆さんも開いてるかな。大丈夫ですか。

鈴木:どうでしょうね。皆さんできた方は「できた」ボタンでお知らせしてくださいねぇ。

青島:そうですね。ここからここで、出したので。