「子育てしながら働きやすい世の中」への3つの課題

小安美和氏(以下、小安):よろしくお願いいたします。では大久保さんのすてきなお話を踏まえながら、お二方にお話を聞いていきたいと思います。

私たち、このiction! プロジェクトの中で、「子育てしながら働きやすい世の中を共に創る」というゴールを掲げているんですけれども、そこに向けて3つの課題テーマを置いています。

妊娠・出産時に辞めなくてすむ。第一子出産後に辞めた人の4割の方が後悔してると答えているというところから抽出しています。

そして育児と仕事の両立によるストレスがあるという方が8割いらっしゃるんですね。このストレスを減らしていきたい。

そして3つ目、無理なく始められる仕事をつくる。仕事をしたいという主婦の方の実に8~9割の方が、尋ねれば働きたいと言うんですけれども、実際は条件に合った仕事がないということで働けていない方が日本には170万から300万ぐらいいらっしゃるという推計があります。

そういう中でこの3つのテーマについて、ベンチャーズでもこの3つのテーマ、この切り口で皆さんにぜひエントリーしていただきたいと思っているんですが、今日のゲストのお二方にもお伺いしてみたいと思います。

じゃあ綾さんから、ご自身の体験なども踏まえながら。

夫を巻き込んでいくことが重要

伊藤綾氏(以下、伊藤):そうですね。私はどれも切実、今もお二人のお話聞いてもう涙が出そうになるぐらい。私も今も3か月に1回ぐらいは夜、涙が出てきて、それぐらい悩んだりするパパ、ママの方は少なくないかもしれません。

でもその中でも私は3つ目が実感がとてもあります。なぜかというと私自身が専業主婦でしたので。新卒で入った会社を1年間だけで辞めてしまって、そして夫の転勤について引っ越しをして退職をしたんですね。それから4年間弱主婦をしてました。

そして28歳のときに東京にまた戻ってきまして、仕事をしたいな、何でもいいから役に立ちたい。あと、経済的にも安心していたいということで、仕事を探したんですけれど、当時、仕事がなかなかなかったんです。見つからなかったです。

自分がまだ1年しか社会人経験がなくて、自分の場合はそのときにはキャリアが足りず、またブランクだと思っていました。例えば実際にパソコンもほとんどできなかったですし、28歳で仕事としてできるものがほとんどないと思っていたんですね。これが一番私にとっては切実だった覚えがある点ですね。

小安:ありがとうございます。じゃあ甲田さんはどの辺りがちょっと気になっていらっしゃいますか。

甲田恵子氏(以下、甲田):私は辞めざるを得ない環境に置かれてしまう人たちが、仕事を続けられるっていう環境を、どう社会が用意してくのかっていうのがすごく大きいテーマだなと思っていて。

小安さんが最初に「男性をどう巻き込むかっていうのがすごく大事だ」とおっしゃってたじゃないですか。先ほど本当に男性を巻き込むのがリクルートらしさっていうお話をしてたんですけど。

例えばAsMamaっていわゆる正社員が30人いて、パート・アルバイトの地域スタッフが500人ぐらい全国にいるんですが、辞めていく理由の1番が男性の働くことに対する理解のなさなんですね。

どうしても仕事をしていれば家事がおろそかになる。例えば朝ごはんのお皿が夕方までシンクに漬けたままになってなっていて、そこにたまたまご主人のほうが先に帰ってきちゃうとか。専業主婦のときには、夜は夫婦で楽しくテレビを見ながら会話をしていたのに、パカッとパソコン立ち上げてパソコンしなくちゃいけない日だってでてくるとか。土曜日、日曜日に出かけなきゃいけないとか、あるじゃないですか。

そんな中、おそらくご主人はそんなに他意があって言っているわけではないんですけど、「何か最近家が散らかってない?」とか、あと子供の成績がちょっと下がったりすると、「仕事し過ぎて子供の勉強見てあげられてないんじゃない?」なんていう言葉を言ってしまう。

そうすると、女性ってもう生物学的に家庭を守ることを優先したくなる性ですから、ご主人が一番、子供が一番っていうことをどんなキャリアウーマンの人でも考えてしまいご家庭でご主人がそういう一言をぽろって言うたびに自分が働いてることにすごく罪悪感を持つんですね。

まだそんな優しいものの言い方のご主人であれば、先ほどのイラッとナンバーワンに出てくるだけだと思うんですけど、厳しいご主人にしてみると、「そこまでして働いてもらわなくていいよ」、「そこまでして君に稼いでもらわなくても僕の収入で何とかやっていけないの?」みたいなことを言われると、「もう土日の仕事はできません、残業は絶対できません、子供一番です」ってなってしまう女性の、まあ何と多いことかと!

すると、中小企業や、サービス業で働いてらっしゃるような方は多いと思うんですが、そういった方が、特にそこまでして働かなくちゃいけないのかって辞めてしまうことが多いので、そこを何とかできないものかと本当に思いますね。

女性もきちんと稼げるのが大事

小安:ありがとうございます。この男性の皆さんの意見もぜひ伺ってみたいなと思うんですけれども、共感ポイントが大きいテーマなのかなと思っています。

ただ、私も男性をすごく巻き込みたいと思ってるんですけれども、どうしたら単なる「態度が気に入らないのよ」っていう話ではなくて、それがなぜ起きてしまうのか、どうしたら解決していけるのかみたいな話をぜひ皆さんとも話をしてみたいんです。

甲田:きちんと稼げるっていうのは大事だなと思うんですね。女性が一生懸命働いて、「私もこれだけちゃんと収入を得て家計簿支えてるよ」って言えるようになるのが1つ。

もう1つ、子育てしながら働くことが今すごく何か美的にとらえられたり、世の中的には後押ししてくれてるところはあると思うんですけど、子育てしながら働くって周りに迷惑かけることもたくさんありますし、その人自身が会社にどれぐらい貢献しようとしてる人なのかによって受けられるサポートって変わるべきなんですね。

子供がいることが免罪符みたいになってしまってはいけないので、そこの部分の教育だったり、そこの部分の質の高さというか品位を高めたり、収入だったり、やりたいことができるっていうことがどう標準化されてくるのかが、次に求められるものなんだろうなと思っています。

小安:この状況って、具体的にどこで誰が仕掛けをしてけばいいって思われますか?

甲田:すごい難しいですね。ただ、中小企業ができることじゃないと思うんですよ、女性の育成だとか。育成とか教育って一番お金がかかるところだし、中小企業だとそういうノウハウそのものがないので。

むしろ大企業だからこそ、いろんな視点で育成するだとか、人を育てる文化をつくるノウハウっていうのがあると思いますから。

特に皆さんの周りにありそうな「うちの会社では当たりまえだけど、こういうことが世の中一般的には当たりまえじゃないんじゃないか?」みたいな種を外にアウトソースしてくれるようになると、例えば「リクルートの中では当たりまえに女性が活躍してるよ」みたいなのが、世の中の当たりまえになってくるんじゃないかなと思います。

結婚式を「家族のスタート」と考える新郎が増えた

小安:綾さん。

伊藤:はい。特に男性のところでいうと、私3月までゼクシィにいたので、この10年で一番変わったことのひとつは男性だと思うんですね。新郎が変わった。

どう変わったかというと、不安定かもしれない未来に対して新婦と一緒に気持ちを表現する新郎というか、感じさせる新郎が増えた。

結婚式って時代時代の価値観や家族観が出るんですよね。例えばあるお婿さんとあるお嫁さんで、いい結婚したねとか、いい奥さんもらったねとか、昔は恋愛のゴールとしての意味性が強かったものから、今はゴールではなくて家族のスタートである、という意識が感じられる。

なかなか確実な未来が見えづらい中で、、どういう夫婦になろうかとかどういう家族になろうかっていうことを考えていこうとしている。それは幸せだけど心細くもある。なので、結婚式で求められる演出も、ほっとさせるような、「見守ってくれてありがとう」「これからもよろしく」「ずっと見守るよ」と、ゲストと一体になるものが多くなっています。

披露宴の最後のムービーに全員の名前が流れる。「ずっとこれからも一緒にいようねといった気持ちを確認して終わるっていうのが増えてきたんですね。ちょっと話がそれちゃった。

(会場笑)

つまり男性もスタート地点で以前以上に様々な感情があるのだなっていうのが、特に結婚していく新郎の若い男性を見て思って。

そして、ワークライフバランスの観点でもふたりで「ありたい家族像」を考える時代。そんなとき、例えば「もしパパたちが「じゃあ、定時に帰れますか?」って言ったときに、会社の中で本当に帰って子育てをできるかっていうと、そこはまだ女性以上に難しい面も多い。

そこを変えるにはどうしたらいいかって考えたときに、本当にパパとママだけでいいのか、全体の働くことがどう変わると、結果的にママも救えるのかっていうことの視点も大事なのかなって思いますね。

小安:まさにこのテーマなんですれども、最初、「解決する問題は女性に関することなのかな」と思う人が多くて、外部の方にお話をしても、何か「女性活躍の話ですか?」とか「経済的な労働力の話ですか?」って言われるケースが多かったんですけれども。

このプロジェクトでは男性、女性という主語を抜いています。誰もがこの育児というものに必ずどこかで、子供がいるいないにかかわらず、必ずどこかで関わってくる問題だと思いますので。このようにテーマを「iction!」って置いたところから、実は男性の方から全然違う反応が返ってきたりとか、このテーマだったら何か一緒にやりたいって言っていただけるようになりました。

女性の不を解消するではなくて、ぜひ男女ともに解決していくみたいな話をしていきたいなと思います。

甲田さん、何か1番、2番とかで何かそんなアイデアとか、こんなサービスがあったらいいなとかってありませんか?

ワークライフバランスは一通りではない

甲田:そうですね。自社サービスのPRみたいになってしまうとあれなんですけれども、本当にたくさんの子育て世帯を見ていると、各家庭によって価値観って全然違うんですね。

なので例えば小さい子供がいらっしゃるご家庭で、今は頑張って夫婦でお金を貯めて子供に医者、大臣じゃないですけど、「いい教育を受けさせてあげたいんだ!」みたいな家庭もあれば、割とのんびり田舎に引っ越しして、家族で一緒にいる時間っていうのをこれから20年はゆっくり持ちたいんだっていうご家庭もあって。

だから、行政だとかが大上段に「ワークライフバランス、全員5時に帰るべきだ!」とか言い出すこと自体が各家庭には大きなお世話なんじゃないかと。

この家庭はめちゃくちゃ働いてお金稼ぎたいっていうときに、子供を安心して預けて働けるっていうことも必要ですし、「いやいや、私は会社で働いたりせずにのんびり地域の中で自分のマイペースで働きたいんだ」って思う人たちが、そういう選択を持ちながらも社会と関わったり、ありがとうって言われるような経験をしながら、子供たちも社会性や多様性を学び大きくなっていく環境整備が必要なんだと思うんですね。

だから、この1番も2番も各家庭によって何がストレスかっていうときに、働きたいときに働けないことがストレスだったりとか、逆に働きたくないのに働かなきゃいけないのがストレスだったりするので。

この多様性にどう対応していくのかを考えたときに、困りごとがある1人に3人の助けてくれる人がいると85%何とかなるっていうのが例えば子育てシェア内での実績値なんですけど。

これを法則と考えると、助けてほしい1人に支援候補の3人をどう付けていってあげるのか、自分が助けたい側だったらどう援助候補者の1人になるのかっていう仕組みができれば、この1、2、3は一挙に解決するんじゃないかなと思ってます。