logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

男子絶滅の危機? 原因はネットとゲームとポルノ

男子絶滅の危機? 原因はネットとゲームとポルノ

草食系男子、さとり世代、若者の○○離れといった話は日本だけに限ったことではありません。アメリカの若い男性も生身の女性と関わることを避け、男同士で集まることを好み、恋人とセックスをしないかわりにポルノサイトを見ることで性的興奮を得ています。心理学者のPhilip Zimbardo(フィリップ・ジンバルド)氏はこのような状況を「学問的に男子が消えてなくなろうとしている“男子の絶滅の危機”」だと警笛を鳴らしました。1人でインターネットやゲームばかりしている内気な男子が年々増え続けているのです。恋愛の話だけではありません。小学校から大学院に至るまで全ての段階で女子の方が男子よりも優れているのです。あらゆる学問の修士号と学士号取得者数においても、男子は女子よりも10%も少なく、特別補習プログラムを受講している生徒の3分の2も男子です。そのような現代の男子の問題に対して解決策はあるのでしょうか。(TED2011 より)

スピーカー
心理学者 Philip Zimbardo(フィリップ・ジンバルド) 氏
参照動画
The demise of guys?

男子は絶滅の危機に瀕している

フィリップ・ジンバルド氏 今日は、男子の絶滅について考えてみたいと思います。学問的に男子が消えてなくなろうとしているのです。彼らは社会的にも性的にも女性との関係を絶っています。それ以外には特に大した問題は見つかりません。 では、データは何を示すのでしょう? 退学に関するデータは顕著です。男子は女子よりも30%も多く学校を退学するという傾向にあります。カナダでは、女子3人に対して5人の男子が退学をしています。 小学校から大学院に至るまで全ての段階で女子は男子より優れているのです。あらゆる学問の修士号と学士号取得者数においても、男子は女子よりも10%も少ないのです。 特別補習プログラムを受講している生徒の3分の2は男子です。ご存知のように、女子と比べて男子は5倍も多動性障害と分類されており、我々はリタリンを彼らに投与することになるのです。 gazou2 男子絶滅の根拠は何でしょう? まず、触れ合うことへの恐れです。触れ合いとは、肉体的、誰か他者との心のつながり、そして特に曖昧で矛盾的で、青白い光のシグナルを発する、性的に反対の誰かとの触れ合いという意味です。 (会場笑) 毎年、自分自身が内気だと感じている大学生の間で調査が行われており、その中でも男性の数は安定した上昇を見せています。 これには2種類あります。それが社会的不適応です。かつての内気とは拒絶されることへの恐怖でした。それは例えるならば、外国にいるよそ者のような感じです。 何を言っていいのか分からず、どうしていいのかも分からず、特に性的に反対の人間に対しては顕著に表れます。顔を合わせて話す方法が分からず、他者と心地よく話し、話を聞くための言葉を使ったコミュニケーションもボディーランゲージを使う方法も知りません。 私は社会的強度症候群を研究しており、なぜ男子は女子とのつながりよりも、男同士の集まりを好むのかということを解明しようとしています。 幼少期から、男の子が男性に成長するまで、男子は同性同士で集まることを好むようです。男子はチームやクラブ、遊び仲間、友愛会、特に軍隊、そしてパブで常に男同士で過ごしてきたので、皮質の性的興奮というものが存在するのではないかと考えています。 そしてこれが顕著に表れるのがスーパーボールサンデーです。男子は見知らぬ誰かとバーで過ごすことを好み、ベッドルームで全裸になっているジェニファー・ロペスよりもグリーンベイパッカーズの防具に包まれたアーロン・ロジャースを見ていたいのです。

インターネット、ゲーム、ポルノサイトが男子を内気にしている

問題は、彼らが自ら行動を起こす社会的な関係の中での交流よりも、共時的ではないインターネット世界を好むということです。何が原因なのでしょうか? そうですね、それは予想外の結果でした。私は、過度のインターネット使用やテレビゲーム、ポルノサイトへのアクセスが原因ではないかと思っています。 これらは性的興奮中毒であり、問題となっています。薬物中毒は、単に「たくさん欲しい」と思うだけです。性的興奮中毒は、「何か違うものが欲しい」と思うのです。 薬物中毒なら、「同じものがもっと欲しい」と思うものですが、性的興奮中毒の場合は違います。興奮を満たすために、何か目新しいものが必要になるのです。そして問題なのは、産業はそれを供給してくれてしまう所です。 ジェーン・マクゴニガルは、「男子は21歳になるまでに10,000時間もビデオゲームをやり、そのほとんどが1人きり」だと、去年話してくれました。覚えていらっしゃる通り、シンディ・ギャロップは「男性は性行為をすることとポルノをすることの違いがわかっていない」と言いました。 gazou3 平均的な男子は週に50本ものポルノ動画を見ます。そしてもちろん週に100本以上見る男子も存在します。 (会場笑) そしてポルノ産業はアメリカで最も成長の早い産業であり、年間に15億になります。ハリウッドで400本の映画が製作されるのに対し、ポルノ動画は11,000本にも及びます。その影響はとても早く、新種の興奮要素となりました。 男子の脳は変化、目新しいもの、興奮、そして不変的な性的興奮に対して完全に新しい方法でデジタル処理として配線が変えられるのです。 つまり、男子はアナログで、変化がなく、対話形式で受け身的な従来のものには同期しないのです。そして男子というものはじょじょに少しずつ築いていくロマンチックな関係にも同期していません。 「解決策は何か」ですって? それは私の仕事ではありませんよ。 (会場笑) 私は警告するだけです。解決するのはあなた達の仕事です。 でも誰が気にするべきなのでしょうか? それは両親や教育者、ゲーマー、映画製作者、そして話ができて、ダンスができて、ゆっくり愛の営みができる実物の男性が好きな女性たちでしょう。 それはバナナナメクジに負けずに我々の種を守るため進化的圧力に貢献できるのではないでしょうか。バナナナメクジの飼い主に悪気はないですよ。ありがとうございました。

  
※ログミーでは、TED Talksおよび各TEDxの定めるCCライセンスを遵守し、自社で作成したオリジナルの書き起こし・翻訳テキストを非営利目的のページにて掲載しています。
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
男子絶滅の危機? 原因はネットとゲームとポルノ

話題のログ

編集部のオススメ

人気ログランキング

TOPへ戻る