logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

渋谷発のイノベーションを起こす 世界最大級のアクセラレーターが日本で本格始動

渋谷発のイノベーションを起こす 世界最大級のアクセラレーターが日本で本格始動

2018年2月28日、インキュベーション施設「Plug and Play shibuya」にて、スポーツ×テクノロジーをテーマにTechベンチャー6社の経営陣がトークイベントを開催。成長産業の一つとして注目されているスポーツビジネスの発展に向けて、Sports Techスタートアップが目指す世界を語ります。本パートでは、Plug and Play Japanの取締役である矢澤氏が、自社のこれまでの取り組みや今後の展開について紹介しました。

シリーズ
SportsTech最前線
2018年2月28日のログ
スピーカー
東急不動産株式会社 伊藤 氏
Plug and Play Japan株式会社 取締役 矢澤麻里子 氏
Plug and Play Japan株式会社 濱田英佑 氏
株式会社meleap CEO 福田浩士 氏
株式会社Xenoma CEO 網盛一郎 氏
株式会社Link Sports CEO 小泉真也 氏
株式会社BONX CFO 峯岸孝次 氏
株式会社電玉 CEO 大谷宜央 氏
株式会社ookami CEO 尾形太陽 氏

【モデレータ―】
for Startups株式会社 (旧:株式会社ネットジンザイバンク) 泉友詞 氏

アクセラレーターでもありベンチャーキャピタルでもあるPlug and Play

泉友詞氏(以下、泉) それでは、Plug and Playの取締役である矢澤さんから、どういう取り組みを実際やっているのかを、簡単にお話をいただけるということなので。 Plug and Playさんに関しては先ほども簡単に説明があったとおり、シリコンバレーのほうを中心に世界展開で、Dropboxとか、ああいったところにも投資をしているようなアクセラレーターですね。世界最大級のアクセラレーターさんになります。 日本初ローンチをここ渋谷で、東急不動産さんと一緒にこの展開場所を借りて展開してるというのが……去年かな? やっているということですね。では矢澤さん、よろしくお願いします。 矢澤麻里子氏(以下、矢澤) ありがとうございます。みなさん、こんばんは。 会場 こんばんは。 矢澤 Plug and Play Japanの矢澤です。今ご紹介いただいたとおり、簡単にPlug and Play Japanのご説明をさせていただけたらなと思います。 その前に、「Plug and Playってなに?」ということで、我々はアクセラレーターでもあり、ベンチャーキャピタルでもあり、企業さんと一緒に企業のイノベーションを起こしていこう、というような事業をやっている会社です。 アクセラレーターでいきますと、シリコンバレーのほうでは年50回以上のアクセラレーションプログラムを回していたり、ベンチャーキャピタルですと、昨年は264社ぐらいですかね、投資をしていたりとか。あとは大企業さまが200社以上我々のパートナーになってくださっているので、そういった大企業さんの企業のイノベーションを起こしていこう、というようにやっている会社です。 謳っているのは「World’s largest innovation platform」ということで、たくさんの大企業とたくさんのスタートアップをマッチングさせて、大きなエコシステムをつくっていこうというような会社です。

DropboxやMatchaなどそうそうたる企業に投資

矢澤 もっと具体的に言いますと、Plug and Play自体は2006年にシリコンバレー、サニーベールで立ち上がった会社です。これまでにも800社以上に投資をしておりまして、大企業のコーポレートパートナーと我々は呼んでいるんですが、そういった方々も200社以上、そしてベンチャーキャピタルも200社以上、共同投資をしている会社でございまして。 本社のPlug and Playのシリコンバレーのほうには、こういったスペースのもうちょっと大きいものが3階建てでありまして、そこにスタートアップさんが入居できるような場所があるんですね。(会場を見ながら)まさにこういった感じのところなんですけれども、そこに426社ぐらい、すでにテナントが入っているという感じです。 シリコンバレーの『シリコンバレージャーナル』にも載ったぐらいなんですけれども、かなりアクティブなベンチャーキャピタリストとして今動いておりまして。ポートフォリオの中でいくつかお伝えすると、例えばDropboxとか、2014年に上場したLendingClubやAppleに買収されたMatchaとか。 そういったそうそうたる企業さんに出資をさせていただいておりまして、昨年は262社……失礼しました、投資をしてきた実績があります。イグジットでいくと、昨年は確か8社のイグジットの実績がある会社です。 Plug and Playの特徴的なところなんですが、大企業さんと一緒にアクセラレーションプログラムを回しておりまして、そこでテーマとしていくつかこういった、今は13個のテーマごとでアクセラレーションプログラムを設けて、スタートアップを支援しております。今まで11個やっていたんですが、2018年からReal EstateとSecurityという右下のところがスターとして、13個で実施していきます。これが本社のほうですね。

世界12ヶ国26拠点にブランチを展開

矢澤 本社のほうも含めて、グローバルに大企業さんとのコネクションが、先ほどお伝えした200社なんですが、こういったSupply Chain、IoT、MobilityそれぞれのIndustryごとで、トップティアな大企業さんとお付き合いさせていただいて、こういった会社さんと一緒にスタートアップを支援していくと。 Plug and Playの特徴としては、本当にシードというよりは、どちらかというとシリーズAとかシリーズBとか、ある程度大企業さんと一緒に支援できるようなレベルのスタートアップさんが入ってくださっているというのが、大きな特徴かなと。そういったところに早めに先鞭を付けることでいいところに投資をして、いい投資実績につながっていっているのではないかなと考えています。 シリコンバレーの本社のほうには、日本の大企業さんもけっこう入ってくださっていて。30社ぐらいですかね、入っていただいています。 今までちょっと「シリコンバレー」と言っていたんですが、我々はシリコンバレーと日本というのではなくて、日本とグローバルというのを考えておりますので、世界各国にたくさんのブランチを設けておりまして。国数としては12ヶ国、26拠点に展開しています。 なのでシリコンバレーだけではなくて、こういった各国のPlug and Playと協力をして、日本のスタートアップを海外へ、そして海外のスタートアップを日本へ、ということの取り組みをしております。 1つの例、ドイツですとMercedes-Benzさんと一緒にジョイベンを立ち上げまして、そこで「Startup Autobahn」というようなプログラムをやっていたりですとか。 あとは、フランスですとBNP Paribasさんと一緒にジョイベンを立ち上げて、こういったアクセラレーションプログラムでFintechのスタートアップを支援していると、そういったことをやっております。

海外のスタートアップを日本へ、日本のスタートアップを海外へ

矢澤 じゃあ日本はどうかというと、日本は2017年の7月に立ち上がりまして、実際に稼働したのは9月から。それで、アクセラレーションプログラム「Batch 0」というのを今走らせております。それから、実はちょうど終わったばかりなんですが、「Batch 0」のほうでは昨年11月からスタートして、ちょうどこの前の2月23日にデモデイ、我々は「EXPO」と呼んでいるんですが、そういったデモデイを実際やらせていただきました。 日本のミッションとしては、海外のスタートアップを日本へ、そして日本のスタートアップを海外へ。あとは日本のスタートアップにどんどん投資をして、日本のベンチャーを盛り上げるところですとか。あとは、日本の大企業と海外のスタートアップをちゃんとつなげて、日本の大企業に対して、日本の大企業が大きなイノベーションをさらに続けていけるような活動を、ご支援させていただいております。 日本のパートナーですとこういった10社に入っていただいていて、2月1日にリリースさせていただいたのは、日産さんも我々のプログラムに入っていただきました。そこでMobilityというプログラムを次のBatchですね、次のアクセラレーションプログラムからスタートさせていきます。 アクセラレーションプログラムですと、先ほどお見せした13のうちのこの4領域を日本では注力しておりまして。Fintech、IoT、Insurtech、Mobilityの4つになります。本日はスポーツテックのイベントなので、ちょっとこの領域に当てはまらない方も多くいらっしゃると思いますが、ぜひご友人の方とかでご興味があれば、我々のプログラムをご紹介していただけるとうれしいなと思っています。

Batchプログラムが6月からスタート

矢澤 先ほどちょっとお話したBatch 0のEXPOというのを……2018年の2月23日に行いまして。その時には700人以上の参加者にお越しいただきました。Batch 0では21社のスタートアップを採択しているんですが、そのうち16社がピッチをして。 我々の特徴として、大企業さんからもピッチをさせるということで、「リバースピッチ」という言い方をしているんですが。そういった大企業さんにも、具体的にどういうことをやっていて、どういったスタートアップとの連携をしたいのか、そういったことをピッチしていただきました。 最近はけっこうデモデイとか多くなってきているので、なかなかニュースになりにくいんですが、その中でも日経さんに取り上げられたりとかするぐらい、大きなイベントができたんじゃないかなと思っております。 ここからちょっと「Batch 1」の紹介なんですが、Batch 1は3ヶ月のプログラムでして、こういったプログラムに入っていただきますと、我々のパートナーですとか、それ以外の大企業さんといろいろマッチングのイベントですとか、POC、実際にProof of Conceptで大企業さんとスタートアップが連携をしていくようなところのご支援をさせていただいております。 このBatchプログラムは6月から実施するんですが、今その募集をしておりまして。2月1日から3月31日まで、先ほどお伝えした4つの領域のスタートアップを募集しておりますので、ぜひご興味があればご応募いただけたらなと思っております。すいません、簡単にはなりましたが以上になります。今日はありがとうございます。  はい、ありがとうございます。 (会場拍手)

  
×
×
×
×
×
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
渋谷発のイノベーションを起こす 世界最大級のアクセラレーターが日本で本格始動

編集部のオススメ

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る