logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

大人気の英語学習本が誕生したきっかけは? 著者・西澤ロイ氏と編集者の運命の出会い

大人気の英語学習本が誕生したきっかけは? 著者・西澤ロイ氏と編集者の運命の出会い

西澤ロイの頑張らない英語。このラジオは、英語が上達しない原因を根本から治療するイングリッシュ・ドクターの西澤ロイ氏が、英語の効果的な上達法・学習ノウハウ、英語を使って活躍している方のインタビューなどを伝える番組です。TOEIC満点を獲得し、「頑張らない」をキーワードに英語勉強法をレクチャーするロイ氏が、リスナーからの疑問に答えます。今回は、「がんばらない英語学習法」シリーズの編集を手がけるあさ出版の吉田伸氏をゲストに招き、書籍づくりの裏話を語ります。

シリーズ
西澤ロイの頑張らない英語
2015年3月2日のログ
スピーカー
イングリッシュドクター 西澤ロイ 氏
上村潤 氏
あさ出版 編集者 吉田伸 氏
参照動画
第28回:“鬼の編集者”吉田伸さん(あさ出版)インタビュー<ラジオ「西澤ロイの頑張らない英語」> - YouTube

シリーズ3作目が登場

西澤ロイ氏(以下、ロイ) My heart is beating fast. 「西澤ロイの頑張らない英語」。 上村潤氏(以下、上村) このコーナーは、英語のコンサルタント兼カウンセラー、西澤ロイが英語に関するさまざまな話題を取り上げたり、英語を使って活躍している方にインタビューするコーナーです。 ロイさん、おはようございます。 ロイ おはようございます。 上村 ハートがドキドキとしているということなんですが。 ロイ お! 聞き取れた。 上村 微妙に聞き取れなかった部分もあるんですけど(笑)。 ロイ はい。My heart is beating fast. 上村 あ、beating. ロイ beat、打つことですね。 上村 beating fast……何にドキドキされてるんですか?(笑)。 ロイ いやあ……新刊『頑張らない基礎英語』が昨日、今日あたりで書店さんに並びはじめてるんです。

上村 はい。ロイさんの著書、第3作目ですね。頑張らないシリーズ第3作目『頑張らない基礎英語』が、昨日から発売になったということで。おめでとうございます! (一同拍手) ロイ ありがとうございます。 上村 その発売のドキドキもあると思うんですが。それ以外にドキドキしている要因。 ロイ ん? 上村 何か、目の前にあったりするんですか? ロイ いやいやいや、それはないですよ。 上村 (笑)。そこはないんですね。 ロイ ないです、ないです。

あさ出版、吉田氏が登場

上村 そんな、『頑張らない基礎英語』の発売も記念して、今日は素敵なゲスト。 ロイ スペシャルゲストです。 上村 スペシャルなゲストをお迎えしております。 ロイ お着物を着てらっしゃいます。 上村 そうなんですよ。Ustreamご覧の方は、ぜひとも映像もあわせてご覧いただきたいと思います。 それではさっそくご紹介いたしましょう。本日のゲスト、あさ出版編集担当者、吉田伸さんに来ていただきました。おはようございます。 (一同拍手) 吉田伸氏(以下、吉田) おはようございます。どうぞよろしくお願いいたします。 上村 お願いします。 ロイ よろしくお願いします。 上村 あさ出版といえば、『頑張らない英語シリーズ』を出版されていらっしゃる。 ロイ (笑)。それ言っちゃっていいのかな?(笑)。 上村 え⁉ ロイ はは(笑)。 上村 出版社の編集担当ということで。まずは、吉田さんのパーソナルの部分といいますか、自己紹介を軽くしていただいてもよろしいでしょうか。 吉田 はい。みなさん、はじめまして。あさ出版の編集部で編集者をしております、吉田伸と申します。主に弊社、ビジネス書の本を出しておるんですけども、それ以外に語学の本などもいろいろやっておりまして。 ロイさんの『頑張らない英語シリーズ』も手掛けさせていただいています。最初の本が2010年に出ましたんで、足かけ5年でついに3冊目になったな、ということで。私としても非常に感慨深いな、と思っています。 上村 今日はゲストに来ていただきまして。著者であるロイさんと、編集である吉田さん。2人のクロストーク。これも楽しみにしていきたいと思います。

編集者になろうと思ったきっかけは?

上村 まず吉田さんなんですが、編集者というお仕事を今されていらっしゃるんですが。編集者の仕事っていうのは、はじめから編集者になろうと思ってはじめられたお仕事なんですか? 吉田 これが、ぜんぜんそんなことはなくてですね(笑)。 上村 そうなんですか? 吉田 はい。もともと文章を書くのは好きだったものですから、ライターやりたいなと思ってたんですけども。いきなりなれるものでもないので、出版社入っておくといろいろ、仕事をお願いされる側のことがわかるからいいよ、と言われて。出版社受けてみたところ、編集者になってくれと言われ(笑)、今に至っています。 上村 おおー。 ロイ どっぷりと。 吉田 そうですね(笑)。 上村 かなり、じゃあそのころから編集する力が卓越していた、というか。 吉田 どうなんでしょう(笑)。わからないですけど。 (一同笑) 上村 そんなこんなで編集者という仕事をされて……ロイさんとこうして、2010年の発売に際して出会われたわけなんですが。まずはじめにロイさんに会ったときの、第一印象ってどうでした? 吉田 そうですね。第一印象は、不思議なことおっしゃる方だな、というか(笑)。 (一同笑) 吉田 それこそもう、今もお仕事させていただくと、TOEICで満点を取ってる方とか、何人もご紹介いただいたりとか、お会いはしてますけど、当時はそんな方に出会ったこともなかったので。 そんな人がいるのかってのを、まず思ったあとに、「そんな難しいことではないんですよ」みたいなことを言われたものですから「は!?」と思いまして(笑)。それが最初のところでしたね。 ロイ なるほど。 上村 ちなみに、はじめて会ったときっていうのは、どういう経緯でお会いしたんですか? 企画を吉田さんに持ち込んでくるっていうかたちなんですか? ロイ 最初は紹介だったんですよ。 上村 なるほど。 ロイ 僕のメンターの人がいて。その人の会社設立記念パーティがあって、その場で紹介していただいて。 上村 ああ、なるほど……。 ロイ そしたら興味持っていただいて、すぐに企画としてご提案くださって。それで、話がとんとんと進んだ、と。 吉田 そうですね。

  

西澤ロイ(イングリッシュ・ドクター)profile copy

上達しない原因を治療する英語のお医者さん。
「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)がベストセラー。

西澤ロイ公式HP
YouTube公式チャンネル
ラジオ番組「めざせ!スキ度UP」(スキペディア)
Twitter

この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
大人気の英語学習本が誕生したきっかけは? 著者・西澤ロイ氏と編集者の運命の出会い

話題のログ

編集部のオススメ

人気ログランキング

TOPへ戻る