logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

「受からなそうな企業から、虎視眈々と採用を狙って」身の丈以上の会社に“とりあえず”挑むメリット

「受からなそうな企業から、虎視眈々と採用を狙って」身の丈以上の会社に“とりあえず”挑むメリット

就職活動を終えた内定者たちが、就職活動成功の秘訣を語る「ヒーローインタビュー」。彼らの就職活動の裏話は、すべての就活生必見のヒントが満載です。就活生向け動画チャンネル「就活ファール!」。前回に引き続き大手広告代理店の内定者が、就活を振り返ります。インターンを受けた企業から「特別ルートの選考」に呼ばれ、課題と面接に臨みました。1次面接・2次面接ともに、あまり手応えを感じなかった彼。選考から1ヶ月ほど経ったある日、企業からかかってきた電話の内容は?

シリーズ
就活ファール! > ヒーローインタビュー
2016年9月6日のログ
スピーカー
株式会社JAM 代表取締役社長 水谷健彦 氏
大手広告代理店内定者
参照動画
就活ファール!【ヒーロ#7-2】大手広告代理店内定者:100%内定の理由(ヒーローインタビュー)

インターン後の「特別ルートの選考」

水谷健彦氏(以下、水谷) 9月でインターンが終わって、特別ルートの選考になったって話なんだけど。そこで「特別ルートの選考があるよ」という話は、前から知っていたの? gazou_1 大手広告代理店内定者(以下、内定者) 僕、知らないで受けて……びっくりしたんですよね。「(特別ルートの)選考があるけど、受けるか?」ってインターン先に言われて。「それ、なんなんすか?」みたいな。 水谷 その特別ルートの選考が開始されたのは、いつごろ? 内定者 始まったのは確か、10月中旬か終わりくらいですね。 水谷 ステップは何回あったの? 内定者 ステップは、課題提出・面接・面接で、人によってはもう1回面接がありました。面接が2回から3回ですね。 水谷 課題提出は、どんな内容のもの? 内定者 「自分のことを表すために、好きなものを3つ教えてください」「今の我が社をどう思っていますか? また、どうしたら良くなると思いますか?」とかですね。わりと他社の選考に比べたら、個人的にはウェイトが軽かったですね。 gazou_2 水谷 ものすごくヘビーではないよね、それは。 内定者 そうですね。

1次面接から本部長が登場

水谷 それで、面接に行くと。最初の面接は、どんな人と? 内定者 本部長面接ですね。 水谷 やっぱり特別ルートの選考だと、それなりに偉い人がいきなり出てくるんだ。 内定者 そうですね……最初にがっつり。 水谷 2次面接は? 内定者 役員の方ですね。人によっては、社長がいたりいなかったり。僕は3回目の面接がなかったので、2回目に、社長と役員の方2人が相手で。3対3でした。 gazou_3 水谷 あ、学生も3人いるわけだ。 内定者 そうですね。僕は、シンプルなことしか聞かれなかったので、正直あまり手応えがなかったんです。まぁ、それが良かったのか悪かったのか、定かではないですけど(笑)。

「うちに来る気、ありますか?」

水谷 それで、内定? 内定者 はい。11月末くらいに電話がかかって来て。「どうも。うちに来る気、ありますか?」みたいな。「ちょっとわからないので、考えていいですか?」と言ったら、「じゃあ5月まで考えてください」って。そこから、音沙汰がなかったんです(笑)。 水谷 おぉ!?(笑)。へ~、そうなんだ! それもすごいね。 gazou_4 内定者 1月に新年の挨拶で「いかがお過ごしでしょうか?」と言うような感じ。「いろいろ受けると思いますが、熟考してみてください」と。ほぼ、ノータッチでしたね(笑)。 水谷 それは……懐が深くて、そうしているのかな? 内定者 僕は、その懐の深さでけっこうグッときてて。僕を受け入れてくれましたし、かつ、待ってくれるというので……すごく懐が深いなと思って。ちょっと傾いていました、もうそのときに。 水谷 「ここは自分に合うな」って思ったのね。

就活する後輩へのアドバイス

内定者 そうですね。後輩にアドバイスしたいことは、経験になるからと言って、ちまちま変な会社でインターンとかに参加するより。自分の身の丈に合ってないくらい上の会社で、がっつりインターンに挑戦してみたほうが、いいかなって感じです。 gazou_5 受かっても受からなくても、そこでESの練習になりますし。面接に進んだら、面接の練習にもなります。通ったら通ったで、自分に自信がつきます。とりあえず大きいところ……自分が受からなさそうなインターンを受けてみて、かつ虎視眈々と、そこから採用を狙ってくださいって言いたいですね。 水谷 なるほど。まさに自分が、そんなことを感じた? 内定者 そうですね。僕はかっこつけたかったので。2年生のときから、大きい会社でインターンをやっていて。どの会社が自分に合っているか、わからなくて。とりあえず受けてみようと思ったら、通っちゃって……でも日程が被らなかったので、行ってみようかな? と。 水谷 2年の夏くらいから、そんなことを考えていたってことでしょ? 内定者 う~ん。それこそ、さっきも言いましたけれど、かっこつけたかったですね(笑)。 水谷 「俺、ちょっと先行ってるぜ」みたいな? 内定者 「インターン忙しいわぁ」って、2年のときから言いたくて(笑)。そんな感じですかね。

  
就活ファール!
就活ファール!は、人事のプロによる面接指南や内定者からのアドバイス、企業研究など就職活動に役立つ情報が満載の就活バラエティ番組です。
【就活ファール!本サイトで全動画公開中!】
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
「受からなそうな企業から、虎視眈々と採用を狙って」身の丈以上の会社に“とりあえず”挑むメリット

話題のログ

編集部のオススメ

人気ログランキング

TOPへ戻る