logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

蓮、ハチの巣、スイスチーズ… 穴の集合体に恐怖を感じるのはなぜ?

蓮、ハチの巣、スイスチーズ… 穴の集合体に恐怖を感じるのはなぜ?

たくさんの穴が集まっている様子を見て、嫌悪感を抱いたり、吐き気を催したりする「集合体恐怖症(Trypophobia)」。この言葉(Trypophobia)自体は2000年中期に、インターネットユーザーがランダムに穴のたくさん空いた物の画像を投稿し、小さな穴の集合体に対する嫌悪感を比べることにより突然現れたものです。その約10年後、この言葉はただネット上に奇妙に広がった言葉ととらえられてきましたが、最近になって科学者たちが研究を始めています。それによれば、2つの仮説が考えられるとのことです。

スピーカー
Michael Aranda(マイケル・アランダ) 氏
参照動画
Understanding Trypophobia: The Fear of Holes

集合体恐怖症とは?

マイケル・アランダ氏 個人的なことを聞いてもいいですか? 小さな穴がたくさん集まっている様子について、どう思いますか? 若いスイスチーズの様子はあなたをゾクゾクさせますか? IMG01 ホットケーキを焼いている時に出てくる小さな空気穴はどうでしょう? または蜂の巣のなかとか、珊瑚の模様とか、蓮の種とかはどうでしょう? これらの写真を見て吐きそうになったりはしませんか? もしそうでしたら、あなたは「集合体恐怖症(Trypophobia)」かもしれません。たくさんの穴の集合体に恐怖を感じる症状です。 恐怖症とは、繰り返し起こる、特定の物体や状況に対する、道理に反する恐怖で、原因はほとんどわかってはいません。大まかに言ってしまえば、穴を怖がることはそんなにおかしなことではありません。なぜならみんな、いろいろなおかしなことに怖れを抱いていますからね。 ある語源学者は30年近くにわたりさまざまな恐怖症の名前を集めてきました。彼のリストには現在、何百ものおかしな恐怖症がリストになっており、そのなかには月に対する恐怖症、髭に対する恐怖症、うんちをすることに対する恐怖症、操り人形に対する恐怖症、数に対する恐怖症、野菜に対する恐怖症、自転車に対する恐怖症、美女に対する恐怖症、紫色に対する恐怖症など、なんでもありそうです。 しかし、「集合体恐怖症(Trypophobia)」はそのリストには含まれていないのです。これは、推定15パーセントもの人が多少なりとも感じるとされているにもかかわらず、まだ正式な恐怖症として認められていないのです。 この言葉自体は2000年中期に、インターネットユーザーがランダムに穴のたくさん空いた物の画像を投稿し、小さな穴の集合体に対する嫌悪感を比べることにより突然出てきました。その約10年後、「集合体恐怖症」はただネット上に奇妙に広がった言葉ととらえられてきました。 しかし最近になって、イギリスにあるエセックス大学の心理学者であるジォフ・コールとアーノルド・ウィルキンズがこの信憑性について研究することにしました。

有毒なものを避ける能力の名残か

さまざまな心地よい画像と、人々が気持ち悪がるもののさまざまな画像を比べた後、もっとも不快な画像には共通の数学的構造があることに気がつきました。すなわち、それらにはたくさんの小さな、はっきりと対比をなすディテール、つまり、縞、斑点、穴などの模様が隙間なく、パターンのようになっている様子が写っていました。 例えばこの蓮のさやの写真ですが、暗い穴と明るい表面のはっきりとしたコントラストが見られます。 IMG02 そして穴と穴の間はそのディテールを強調するように均等に空いていて、それが連続して広がっているため、ある人たちはこれを見て吐きそうになってしまうのです。 ウィルキンズとコールは、そのような模様は、ブルーリングオクトパスや、さまざまな蜘蛛や蛇といった、有毒動物に見られると主張しています。 IMG03 彼らは、そのような画像が潜在的な脳の部分を無意識に刺激して、ほかの脳の部位が「いや、それはただのスイスチーズだぞ」と停止をかける前に、「おい! 危険だぞ!」と警告を出しているのだと推測しています。 もしウィルキンズとコールが正しければ、集合体恐怖症は、初期の進化上役に立つ、「有毒動物を避ける」という適応の名残りであると言えるでしょう。 もう1つの仮説は、有機物に空いた穴は無意識に、自分の健康を損ないかねない、伝染性の病気や湿疹、吹き出物、傷、水疱などの皮膚病を連想させるため、穴への恐怖は病気を避けるために役に立った進化上の能力の名残りであるというものです。 IMG04 わたしが興味深いと感じたのは、「集合体恐怖症」が、「情動伝染」とも呼ぶことができるかもしれないということです。それは、人がそれに慣れてくるとさらに多くの人に伝染するという状態です。 つまり、もし私が1時間前にあなたに、小さい穴が沢山あるのを見てゾクゾクしませんかと聞いて、あなたは「一体なんの話をしているんだろう?」と思ったとしましょう。しかし、今はそのことについて説明をされ、それらに関連した写真を見せられたので、私の話している意味がわかるでしょう。すみませんね。 しかし、それでもある人たちは、あなたが「このたくさんの穴を見て!」というだけで吐いてしまうのです。そのような人たちは明らかに元から嫌悪感を持っているタイプの人です。今現在では「集合体恐怖症」は推測でしかありませんが、これをみている人たちのなかには食欲を失った人たちがいるのは確かでしょう。

  

SciShow

Hank Green(ハンク・グリーン)たちがサイエンスに関する話題をわかりやすく解説するYouTubeチャンネル。

・公式チャンネル

この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
蓮、ハチの巣、スイスチーズ… 穴の集合体に恐怖を感じるのはなぜ?

話題のログ

編集部のオススメ

人気ログランキング

TOPへ戻る