logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

「まだ見ぬ子どものために、今を犠牲にすべきじゃない」 Facebookの女性COOが語った、働き続ける女性のための3原則

「まだ見ぬ子どものために、今を犠牲にすべきじゃない」 Facebookの女性COOが語った、働き続ける女性のための3原則

FacebookのCOO(最高執行責任者)シェリル・サンドバーグ氏が、なぜ女性のリーダーが少ないかについてTEDで語ったスピーチです。女性が仕事を結果的に辞めることになってしまう本当の理由を分析し、女性が活躍できる男女平等な社会を実現するための3つのポイントを解説しました。仕事を持つ女性は必見です!

スピーカー
Facebook社 COO Sheryl Sandberg シェリル・サンドバーグ 氏
参照動画
Why we have too few women leaders

業界のトップに立った女性はまだいない

今ここにいる皆さんはラッキーです。なぜか。今の時代、女性は自由にキャリアをデザインできるからです。私たちの母や祖母の生きた時代とは違います。そして今日ここにいる私たちには全員市民権があります。今日現在、市民権のない女性も世界には存在するのです。でもどんなに私たちがラッキーでも、未解決の深刻な問題はまだあります。その問題とはこれです。世界中でいかなる業界においても、業界トップに立った女性がまだいないこと。 数字は嘘をつきません。190の首相がいる中のうち女性首相はたった9人。世界中の議会のうち女性議員はたった13%。民間企業でみてもCレベルの女性重役は多くても15%から16%。この数字は2002年から変わっていません。女性リーダーが比較的多いと言われる非営利団体でも女性トップは全体の20%。 他にも問題があります。女性はキャリアと自己実現において難しい選択を迫られることが多いです。アメリカ国内の既婚シニアマネージャーを調査した最近の研究によると、3分の2の男性シニアマネージャーは子供がいる反面、女性マネージャーの3分の1のみが子供あり、という結果が出ています。 数年前のある時、私はニューヨークのモダンなオフィスで取引先とのビジネスをまとめていました。3時間ほどに及ぶ会議中、2時間ほどが経過したころ、皆がトイレ休憩に席を立ち始めました。すると会議を仕切っていたパートナーがもじもじとし始めました。どうやら彼は自分のオフィス内の女性用化粧室の場所を知らないのであろう事に気が付きました。 あ、きっとまだ新しい場所に移って間もないんだわ! と思い、周りに引っ越し用段ボールがないかどうか見渡しましたが、そんなものはどこにもありません。「最近ここに越してきたんですか?」と私は聞きました。「いいえ、ここに移ってから1年ほどになるでしょうか」と彼は言うではありませんか。「この1年でこのオフィスにビジネスをまとめに来た女性はまさか私だけではないでしょう?」と私が言うと、彼は私を見て言いました「そうですね。でも化粧室に行く女性がこれまであなただけだったのかもしれないです」。 (会場笑)

どんな女性も仕事を続けるべき、とは思わない

どうやったらこの状況を打開できるでしょうか? どうやってトップに立つ女性の数を増やすことができるのか? どうやったら物事は良い方向に進むのでしょうか? まずは女性を雇用し、職場に留めることの重要性についてお話したいと思います。女性が働き続けることができる環境づくりが輝く将来へのキーだと信じているからです。 フォーチュン500カンパニーのCEOのような高い地位と高給を得る地位にいるトップエリートたちを見てきた私が言えること。それは女性が、いずれはドロップアウトしてしまうということです。最近ではこの問題はよく話題になりますよね。フレックスにしたらどうだろうか、だとかメンタープログラムをつくるだとか、女性のトレーニングプログラムの必要性等が議論に上がっています。そういったこともとても重要ですが、今日私がお話したいのは「個人として何ができるか」についてです。 皆さんは女性と仕事についてどんな信念をお持ちでしょうか? 仕事で一緒になる女性たちに皆さんはどんなメッセージを送っていますか? ご自身の娘さんには仕事についてどんなメッセージを送っているでしょうか? まず明確にお伝えしたいのは、私は誰を批判したいわけでもありません。女性にとって何がベストなのか、と聞かれても正しい答えなど持ち合わせていませんし、むしろ私自身誰かに正しい答えを聞きたいくらいです。 今日この場所に来るために自宅があるサンフランシスコを月曜に出ました。出発する前に3歳の娘を預けてきたのですが、「ママ―、行かないで! 飛行機に乗らないで!」と泣きながらダダをこねられました。これにはいつまで経っても慣れません。罪悪感を感じてしまいます。専業主婦だろうが、仕事を持っている母親だろうが、子供を残していく罪悪感を感じたことがないという母親は見たことがありません。つまり私が言いたいのは、どんな女性も母親も仕事を続けるべきだ、などと口が裂けても言うつもりはないということです。

仕事を続けるための3つのポイント

もし女性が仕事を続けたいと思うのであれば、この3つがキーだと思うんです。まずはテーブルに座る、そしてパートナーを「本当」のパートナーにする、まだ起きてもいないことの為に今をないがしろにしてはいけないということ。 まず第1のポイント、テーブルに座ってじっくり話し合うことについて話します。数週間前、facebookで政府関連の方とシリコンバレーの重役達を引き合わせる場を設けました。皆が着席します。その中に重役の男性に同行していた女性が2人いました。私は彼女達に、「さぁお2人も座ってください」と声をかけました。すると彼女たちは部屋の隅のほうに着席しました。 大学4年生の頃、「ヨーロッパ文化史」のクラスをルームメイトのキャリーと弟と一緒に取りました。キャリーは当時から優秀な生徒で、今は文学学者として活躍しています。そして弟は当時医学部進学課程在籍、スポーツが大好きな賢い大学2年生でした。 3人でクラスを取りました。キャリーは本をギリシャ語やラテン原文で読み漁り、もちろんクラスを欠席することはありませんでした。私は授業で使う本は英語で読み、まぁだいたいの授業に参加。弟は忙しい子でしたね。クラスで読むように言われていた12冊のうち1冊だけはなんとか読み、授業には数回出席、テスト数日前にやってきては私たちにテスト出題範囲を聞き、テストをパスする為だけに勉強しました。 テスト当日は3人で一緒にクラスへ行き、近くに座ります。3時間のテストの後、「テストできた? どうだった? とお互いに聞き合います。キャリーは「ヘーゲル弁証法を、要点を押さえてきちんと説明できなかった気がするわ……」と。私は「ジョン・ロックの所得説とロックの後に続く哲学者達の動きがどう繋がっているか、もっと上手く説明できたらよかったんだけど……」。そして弟、「ヤバいよ。このままじゃ僕はクラスでトップになってしまう! 満点確実だ!」。私たち「何言ってるの!? あんた何にもわかってないじゃない!」。

女性は自分を過小評価する

今お話したストーリーのポイントはこれです。研究結果が出ている通りのことが、日常生活でこのように起こるのです、「女性は自分の力を過小評価しすぎる」。例えばGPAのような数値化出来るテストの結果について男性と女性に質問すると、男性は実際の自分のスコアよりも高い数値を予想するのに対し、女性は実際の自分のスコアよりも低い結果であることを予想します。 女性は仕事場で交渉をしません。過去2年間に新卒で仕事に就いた人々を追跡した研究によれば、57%の男性が初任給の交渉をしたのに対し、女性ではたった7%です。そして更に大きな違いは、男性は自分の成功を自分の功績の結果であると捉えるのに対し、女性は自分の力ではなく、何か他の要因があって今の自分があると考えるのです。 男性に「どうして成功できたのですか?」と聞けば「なぜって、僕がデキルやつだからに決まってるじゃないか。当たり前だろ。なんでそんな当然のことを聞くんだ?」と言うでしょう。その逆に、女性に同じ質問をすれば「○○に助けてもらったのよ」「ラッキーだったわ」「頑張ったかいがあったわ」等の答えが返ってくることでしょう。 なぜこれがポイントになるか。上に上っていく人は上に上る前から、きちんと「テーブル」に自分の場所を確保します。部屋の隅に座ったりしません。自分の成功を確信しない人や、何故自分が成功したかきちんと理解できない人が、組織の中で重要なポジションにつくことはないでしょう。 こんな風に皆さんにお話するのは簡単ですが、現実は厳しいです。共に働く、若く素晴らしい女性たちに「自分を信じて。交渉するのよ。あなたの成功はあなたのもの。他の誰のものでもないわ」と言えたらいいんですが。娘にだって同じように言ってあげたいです。でもそんなに簡単な話ではないんです。なぜか。男性は成功すれば周囲から認められる反面、女性が成功すると周囲のサポートを得る事ができないという研究結果が出ているからです。皆さん頷いていますね? それはこれが研究の上のデータではなく、実際によく見聞きする話であるという証拠です。

女性に「テーブル」に座ってもらわなければならない

今からお話する研究はこの状況を本当によく表しています。ハイディ・ロイゼンという女性を研究したハーバードビジネススクールのとても有名な研究があります。彼女はシリコンバレーのある会社のオペレーターでしたが、ネットワークを駆使してベンチャーキャピタリストとして成功を狙いました。 そう遠い昔ではない2002年、当時のコロンビア大学の教授が彼女の例をハワード・ロイゼンとしてひとつのグループにプレゼンを、もうひとつの別のグループにはハイディ・ロイゼンのケースとしてプレゼンをしました。違いは名前のみ。女性の「ハイディ」か男性の「ハワード」、たったこれだけです。しかしこれがグループの反応に大きな違いを生むのです。 よい結果から皆さんにお伝えします。男女限らず研究に参加した人の多くが「ハイディ」と「ハワード」はどちらも劣らず優秀である、と回答しました。次に悪い知らせです。「ハワード」は誰からも嫌われませんでした。「ハワード」は素晴らしい男性で、一緒に働きたいと思う男性であり、共に釣りを楽しめる仲間であるようなイメージを人々は抱きました。 ところが「ハイディ」は、少しずれている、ちょっと口うるさすぎる、一緒に働きたいかはわからない、そんな反応が返ってきたのです。これが、私が言っている問題なのです。私たちは私たちの娘に、同僚の女性に、そして何より自分自身に私たちは優秀だ、私たちは成功できる、私たちは「テーブル」に座ることができると言い聞かせなければならないのです。そしてそこには犠牲が伴うのだということも。そして更にその犠牲は男性が全く払う必要のないものであるということも。 しかしこれを常に意識するのは、本当に大変なことなのです。これからお話するのは私の恥ずかしかったエピソードですが、皆さんに私の話を理解してもらうのに必要だと思うのでここでシェアします。

部下の女性から指摘されて気づいたこと

先日facebook社内で100人ほどの従業員の前で講演をしました。その数時間後、ある若い女性従業員が話があると言うので、私たちは座り話し始めました。彼女は言いました、「今日学んだのは、手を挙げ続けなければならないということです」。私は聞きました、「どういうこと?」。彼女が答えます。 「シェリルさんは今日講演をしましたよね。そしてお話が終わった後、あと2つ質問を受け付けます、と仰いました。私は他の人と同様に手をピンと挙げました。そしてあなたは私ではない他の2人から質問を受けました。なので、私は手を下しました。 そこで気が付いたのですが、そこにいたすべての女性が手を下していました。男性はまだ手を挙げていて、あなたは彼らの質問を受け付けました。あなたが最初に言ったのは2つだけ質問を受ける、ということでしたが、あなたは男性陣がまだ手を挙げているのを見て、追加で質問を受け付けました」 私は思いました、女性のことを考えているつもりでいても、女性が私の目の前でまさに諦めていることに気が付かないなんて。男性の方が貪欲にチャンスを狙っているということに気が付けない組織のトップなど、トップの名に相応しくありません。私たちトップが女性を「テーブル」から遠ざけていた。女性に「テーブル」に座ってもらわなければなりません。

お互いに「相手の仕事を奪わないように」と考えてしまう

ポイントの2つ目です。「パートナーを本物のパートナーにする」。女性の地位に関しては、家庭内よりも社会や職場での方がまだ進歩がみられると思っています。データは嘘をつきません。女性と男性が同じようにフルタイムで仕事をしている時、女性は男性の2倍の時間を家事に費やし、更に子育てに至っては男性の3倍の時間を費やしています。つまり女性は男性がひとつの「仕事」をしている間に、ふたつもみっつも掛け持ちして仕事をしているということです。 当然、誰かが家庭を仕切らなければならなくなった時は。女性が仕事を辞めます。女性がこのように仕事を辞めて家庭に入ることには様々な事情や問題があるので、ここでは深く触れません。男性の「日曜日はフットボール観戦にすべてを注ぐ」という習慣や、一般的に家庭のことに目をかけない、という問題よりも更に深い問題が根付いています。 社会の問題として、私たちは女児よりも男児により社会的成功への期待をかけます。男性が家で仕事をしながら家事をして妻を支えるパターンも知っていますが、これもまた大変なことです。ママと子供の集まりに行くと、子供と来ているパパの姿を見かけます。しかし、ママたちはパパを仲間に入れようとしません。 問題はこうです。男性にとっても女性にとっても、家事と育児というのは世界で一番難しい仕事です。更にこれを男女で分担して、女性から仕事を奪わないようにしよう、バランスを取ろうと試みるのは男女両方にとって本当に難しいことなのです。 研究では夫婦の収入がほぼ同じ場合、更に家庭への責任を均一に分担している場合の離婚率は一般の離婚率の半分に下がる。ここまで言っても女性の抱える問題がわかってもらえなければ、もう言います。私たちは性的に「女」と「男」である前に、素晴らしい資質を持った人間であるということです。

「将来の子供」のことを考え過ぎてはいけない

3番目のキーポイント、まだ起きてもいないことの為に今をないがしろにしてはいけません。実際に頻繁に起こるのですが、女性が仕事を続けようと思えば思うほど辞めざるを得ない、という皮肉な事態が起こっています。 私たちは皆とても忙しいですよね。その中にはもちろん女性も含まれています。ただし女性の場合、子供がそろそろ欲しいな、子供部屋をつくらなければいけないな等、子供のことを考え始めるのです。つまり、「一体どうやってこの忙しい毎日の中に子供の為の時間をつくることができるんだ!?」と考え始めるのです。 その考えが頭に浮かんだその瞬間から、女性は職場で「手を挙げる」ことをやめます。上を目指すことをやめるのです。「私できます! やらせてください!」と言うのをやめて、日々の業務をとりあえず問題なくこなせればよしとしよう、という考えに至るのです。子供がいても仕事を続けることができるように……。 問題は、例えばある女性が妊娠したことがわかったとする。すると彼女は9か月の妊娠期間に、3か月の産休、そして6か月かけて子供のいる生活に慣れる……とこれが彼女が予想するその後2年間の人生設計となります。 さらにですね、女性はこういった将来設計の図を、かなり早くの段階から視野に入れているのです。結婚が決まった時、結婚した時、そして結婚生活の中でそろそろ子供が欲しいと願い始めた時。そして子供は授かりものなので、子供が実際に生まれるまで、計画して期待していた以上の時間がかかるかもしれません。 ある女性が、子供とキャリアのことで私に相談に来ました。でも彼女は子供のことを考えるにはまだ早いような気がしたので聞きました、「ご主人とも子供を持つことについて相談したの?」 彼女は言いました、「いいえ、私はまだ結婚していません」。相談しにきたとき、彼女は将来を一緒に考えている彼氏すらいないシングルの若い女性でした。私は「ちょっと子供のことまで考えるのは早すぎるんじゃないの? まだそれは考えなくていいわよ」とたしなめたのです。

“その日”が来たら、決めればいい

何が言いたいかというと、このように、早い段階から将来を見据えている女性達が仕事で上を目指さずに”まあまあ”で行こうとすると最終的にどうなるか、ということです。私も子供を持つ親なのでよくわかるのですが、子供を持ちながら仕事をする際、仕事はやりがいのあるもの、子供との時間を犠牲にしてでもやりたい仕事であることが大切なのです。 子供を家に残して働くというのは本当に大変です。仕事は挑戦の連続であるべきであり、そして仕事をしていてよかったと思えるものであるべきです。重要な仕事を任されているんだ、という役割意識をもつことが大切なのです。「2年前に断った昇進話が他の男性のところに流れたけれど、もし私がやります! と言って昇進することを承諾していたら……」「3年前に転機を求めて新たな活躍の場所を探すのをやめていなければ……」。 将来のまだ見ぬ子供や結婚生活を考えた上で「まぁまぁ」の仕事を続けていくと、女性は必ず仕事がつまらなくなります。つまり、女性こそアクセルを踏み続け、上を目指し続けるべきなのです。まだ起きてもいないことの為に今をないがしろにしてはいけません。今この時を見て、アクセルを踏み続けて欲しいのです。本当に子供を授かり、仕事を離れなくてはならないその日まで。その日が来たら決断すればよいのです。将来授かる子供や家庭のことを早い段階から考えすぎてはなりません。特に女性はこういったことを無意識に考えているので、気をつけなくてはならないのです。

本当の“男女平等”が実現する未来に

残念ですが、私たちの世代ではトップクラスの女性の数を変えることができそうにありません。数値に変化が起きていないのです。私たちの世代では女性トップの数がトップ全体の50%を占める世界は実現できないでしょう。しかし、次世代で必ず実現すると信じています。世界の半分が女性大統領によって治められ、世界中の企業の半分も女性がトップである世界は今の世界よりもよいものであろうと信じています。 皆が社内の女性化粧室の場所を認識する世の中になったらいいな、とそういう話に留まりません。きっと女性トップの数が増えれば、世界はよりよい方向に動くはずだと信じています。私は5歳の息子と2歳の娘、2児の母です。息子が成長して大人になったとき、主夫になるか、仕事をするか選択できる自由が世にあって欲しい。娘には成功する、という選択の自由があって欲しいと願うばかりではなく、彼女の功績が、周囲から男性の功績と同じように受け入れられるような世の中であって欲しいと願っています。 ありがとうございました。

  
※ログミーでは、TED Talksおよび各TEDxの定めるCCライセンスを遵守し、自社で作成したオリジナルの書き起こし・翻訳テキストを非営利目的のページにて掲載しています。
×
×
×
×
×
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
「まだ見ぬ子どものために、今を犠牲にすべきじゃない」 Facebookの女性COOが語った、働き続ける女性のための3原則

話題のログ

編集部のオススメ

人気ログランキング

TOPへ戻る