logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

情報化の先に待っている「右脳的な世界」って? ”ハイコンテクスト化”を理解する、8つのキーワード

情報化の先に待っている「右脳的な世界」って? ”ハイコンテクスト化”を理解する、8つのキーワード

情報化社会の次に待っているのは、ロジカルでない精神的な右脳主導型の社会が待っているだろう--こう語るクリエイターの改田哲也氏が、ハイコンテクストな能力を要求される「コンセプチャル社会」を理解するのに必要な8つのキーワードを列挙し、解説しました。(TEDxSapporo 2013より)

スピーカー
クリエイター 改田哲也 氏
参照動画
Thinking the future creativity

情報化がすすむと、ロジカルではない世界になっていく

kt_R 改田哲也氏(以下、改田) 皆さんこんにちは。(山本強)先生のお話、すごかったですね。守・破・離。むずかしいですね。ま、守・破・離、3つですから、覚えやすいかもしれませんね。 僕は今日、8個持ってきました。プレゼント8個(笑)。ですから、全部覚えて帰ってくださいなんてことは言いませんので、8個これからご説明しますから、皆さん、「あ、僕は3番目が一番好きかな」とか「最後が一番良かったな」なんていう、1つか2つくらい、持って帰っていただければいいです。……まあ、日本の政党の数よりは少ないかな。 (会場笑) 0048_R 「Creating Possibility」ですね。これからの可能性、創造性ということですが、私はちょっと、紙芝居のようにやりますので、それを楽しみながらということで、いきましょう。 今、私たちはどこにいるのか。どこにいますかね? 札幌のポルトホールにいるんですね。……あ、ここで笑わないともう、笑う所ないですよ(笑)。 (会場笑) 実はですね、人間がいろいろと生み出してきたいろんな仕組みとか、組織とかルールとか、いろんなものがありますね。学校とか、病院とか、政治とか市役所とか、いろんなものがあります。そういう仕組みが実は、限界に打ち当たってるということだと思いますね。皆さんも多分感じてると思います。本当にこのまま行くんだろうか。 0148_R ここにちょっと不思議な絵が出てますけれども。このまま行くと皆一緒に、崖から落ちていかないかなという心配がありますね。 今日は、ここにいる皆さん全員を救えるかはわかりませんが、ちょっと昔に戻ってですね、新しい所を出してみましょうと。そんなプレゼントのお話です。 0209_R 少し真面目な話になりますが、人間社会っていうのは、農耕社会からずっと進展してきて、工業社会があり、今、皆さんスマートフォンを持ってるんで情報化社会の真ん中にいるでしょう、というようなことを思うかもしれません。でも、ダニエル・ピンクさんという有名なアメリカ人の方が書いたように、もうすでに我々は次の社会に入っています。 それは情報化までに行ってしまったが故に、ものすごくコンセプチャル(概念的)な、精神的な右脳主導型の、ロジカルではない世界という方向へ移りつつあります。すごくやわらかい世界ですね。 その社会がどのくらい違うかってことを、最初に3つお話しましょうかね。

生活が「間接的」になっていく

今の政治がそうかもしれません。すすんで前に主張する。私はこうです、私の商品はこうです、私のアイデアはこうです。前に出れば出るほど、実は敬遠したくなるんですね。世の中いっぱいいろんなものが溢れてます。だから、 「一歩下がって誘う」 っていうようなことが、コンセプチャルな社会には必要かもしれません。どうですか? 一歩下がる。これが1つめですね。 2つめ。さっき、仕組みの話をしました。ルールの話をしました。約束事の話をしました。それにずっとこだわってるんですね。今の社会ってのは、それにこだわって、そこにいたい。そこにいると安心だから、安定だからってことで、そこにこだわります。でも多分、それではうまくいかないんですね。 「感じて流れる」 こう、やわらかく流れて行く、スーッと流れて行く。そういう社会に変わったらどうでしょうか。流れるっていうのは、心の中で風の流れを感じるっていうね。そんな感じだと思ってください。 3つめ。今あるもの。これ(スライド切り替え用のリモコン)もそうですね。僕はスイッチを押してるわけで、これを押すと間接的な、全て食べ物もそうですね、服もみんなそうです。どんどんどんどん間接的になっています。 直接自分で農家をやっていられる方とかですと、自分で野菜を作って自分で食べるってことが出来るんですけれども、私たちの普通の世界、普通の生活は、どんどんどんどん間接的になっています。 もう一回戻ってみましょう。身体感覚の時代へ。直接自分で何かを作る、それを誰かと交換する。まあ、貨幣経済というのものが限界に来ていると言えるかもしれません。

生まれたままの姿に戻ってみる

今、3つのお話をしましたね。3つのお話が多分、コンセプチュアルな世界での新しい入り口みたいなものだと思います。 0500_R この8個ですね。先生のお話では3つでした。僕は8個持ってきたと言いました。どうですかね、これ。覚えられますかね? 0513_R ……もっと難しくなりましたね(笑)。一生懸命メモを取られる方もいますけども、あとで差し上げますから(笑)。大丈夫ですよ。欲しい方はタダで差し上げます。8個、いろいろありますね。今日終わって帰る時に合い言葉があるそうです。「終わり―委ね」とかですね、これが言えないと帰れないそうですから、何かひとつ覚えて帰ってくださいね。 1つめ。左のほうからいきましょうかね。「素の佇み」。これどういうことですかね。こういうかんじです。ありのままで、素朴で、シンプル。これ、一番大切なことかもしれませんね。何も足さなくていい、何も引かなくていい、そのまま、素朴なままが一番美しいという。こんな絵をどこかでみましたね。生まれたままの姿で、ありのままの姿で、そういうところに一回戻ってみたらどうですかと。 ファッションデザイナーの方いらっしゃいますかね? いないですね。アパレル関係の方いらっしゃいますかね。いないですね。じゃ、あんまり意味が無いです。その佇みという鍵を使うと、ファッションの世界も変わるかもしれません。 0645_R ここではひとつのTシャツとか、ナイトウエアみたいなものをイメージして絵を描いてみたんですけれども。ほとんど裁断しなくていいとか、縫製しなくていいとか、そうなった時に服のあり方が変わるかもしれません。 下は靴ですね。今の靴は、下が凸凹してるから足が痛くないように、足を守るように靴を履きますよね。でも、大地の恵みを足の裏から感じるように、素直に大地のエネルギーを足から頂けるようにって考えたらどうですか。靴下とか、靴のあり方が一変するかもしれませんね。

一歩引いてみる、引の誘い

さあ、2つめ。「引の誘い」。 先ほどちょっと言いました。一歩引くことで、ちょっと下がる事で、ちょっと遠慮することで。前に押し付ければ、押し付けるほどですね、特に日本人はそうです。前に押し付ければ押し付けるほど、日本人はシャイですから、こう、逃げたくなりますね。どんどんどんどん下がっていって、どうぞ、どうぞって誘うと。 何か、逃げていくような、そんな余韻ですね。なかなか掴めない、陽炎のような引の誘い。こんなイメージです。 0800_R これは何だかわかりますかね。エレベーターです。エレベーターに入った時に、向こうの壁が、数字がこう見え隠れします。自分は7階に行きたいんだとします。7の数字を探さないと、7の数字を掴まないと7階には行けません。なかなか行けないっていうエレベータですね(笑)。 こういうアイデアどうですかね。オフィスで。私は3階から15階に行きたいんだけれども、もうかれこれ30分経つけど、「15」のボタンが出ないよっていう。究極の引の誘いですね。 こういう考え方を入れると、実は日本の家も変わるかもしれませんね。積水ハウスさんとか、三井ホームさんとか、旭化成さんとか、どんどん家を作ってますけど、窓の考え方とか塀の考え方っていうようなものを、外から何かをスーッと中へと誘うようなそんな風に窓の考え方を変えてみたらどうでしょうかね。 今は、なるべく外のものを閉ざしてしまうね、外の音を中に入れないってことをやります。どんどんどんどん閉ざすってことをしてしまうんですけど、中に入ってくる。家のあり方が一変するかもしれませんね。

触覚と嗅覚をつなげていく、感の跨がり

「感の跨がり」。 何か音楽が聞こえますね。こういうことですね。今皆さんは目を、視覚を使ってあれを見ているんですけれども、フッと音が入る。これが、感がズレて跨がってきます。視覚と聴覚ですね。あるいは味覚と触覚とか。 日本のレストランとかに行くと、もちろん味覚のためにレストランに行くんですけども、嗅覚とか視覚とか聴覚とか、みんな使いますよね。そこへ入っていく、ひとつの感が次の感に、また次の感にって、感がどんどんどんどん跨がってずれていく。これもひとつの技です。 姿が流れるように香るとか、自分の頬をフッと香りが撫でるっていうような、少し言葉遊びみたいなことも入りますけども。これが感の跨がりですね。 感の跨がりを好きな人いますかね?  1027_R もういくつか説明しましたけども。これは雨の日の窓です。今の窓は、先ほどもいいましたように閉ざしてしまいますね。外の音を聞こえないようにする。 外で雨が降っていても、雪が降っていても、中は関係ないという風にするために窓を作ってますけど、雨のしずくが落ちることがオルゴールみたいになったらどうでしょう。窓の外にピアノの鍵盤があって、そこにしずくがポトンポトンポトン……。雨がどんな風に降るかで、音がどんどん奏でられていくっていう。 床を歩く時に音がしたらどうでしょう。ここは今音がしません。どんな体重の人が、何人でここを歩くかで、ポロンポロン……と音がしたらどうでしょう。 触覚と嗅覚が跨がっていくっていう。これが感の跨がりです。

瞬の極み

次、「瞬の極み」。あっ……という、瞬の極みですね(笑)。これをやろうと思って、ずっと考えてたんですよ。もう少しピッとやりたかったんですけどね。 一瞬ですよね。桜の花が散る瞬間ってのは、日本では大好きですけどね。トム・クルーズもそれが好きで「ラストサムライ」っていう映画に出てました。 「いつ」「どこ」「なに」が出てくるんだろうということがわからない。予定調和の反対側ですね。何かが予定されていて、次はこうなりますよっていうことは、本当につまらないですね。いつ何が出てくるかわからない、その事に自分の心がフッと反応する。そのことの喜びですね。 その瞬間のありのままのその姿を。その前でもない、後でもない、その瞬間に何かがあるっていうね。 1233_R 私はサッカーはやりませんし、ワールドカップもそんなに興味はないんですけれども、どうでしょうかね、ワールドカップとかでずっとボールを蹴っていて、ブラジルの選手が蹴った瞬間に、ボールがパッと光ったらどうですかね。全然つまらないですか(笑)。サッカーに対する冒涜でしたね。 日本は、お月さまとかいろんな物が好きです。そういえば、ルンバってありましたね。あのルンバが突然何かを感じて、フッと音楽を奏でたらどうでしょうかね。満月ってものを感じて。雨が降ってきたって感じて。これをオンバっていうんですよ。 (会場笑) ありがとうございます。もう少し笑いが取れると思ってね、いろいろ考えてはみたんですけど、やっぱりちょっと札幌は難しい。僕は愛知県の人間なんで、どうもこう、ズレがありますね。すみません。感のズレですね、これは。あ、9番目が出来ました。感のズレ。

時間を重ねてみる

「時の重ね」ですね。 これは専門家的にいうと、パラレルワールドですね。2つの時間の中を自分が動いているような、そういう意識が分かれているような気がする。こっちの意識に行ったり、こっちの意識に行ったり。 今現在、この赤いマットの上にいるんですけれども、実は意識はどこか他で、ほかのことを考えてると。中にはいらっしゃるかもしれません。今札幌にいるんですけれどもフッと、全然違う、昔のことを思い出してるってことがあるかもしれません。 人間以外にもそういう動物がいるのかもしれませんけど、そういう意識の二重性、時間の二重性みたいなもの。あるいは、自分なんだけれども、自分以外の意識に何か触れてるような感じがする。自分以外の意識と何か関わっているような気がする。それが「時の重ね」です。 1427_R どうでしょうか。椅子に座ってフッと10分、20分うたた寝をする時に、宇宙の流れみたいなものに、フッと関わってみたりとかですね、月の裏側をフッと感じたりとかですね、そういう椅子を作ってみたらどうですかね。ただ座るってことじゃない椅子ですね。2つの時間をさまよえるような、そんな椅子ですね。 札幌はすごく素敵な風がふくので、大通り公園とかにそういう椅子を置いて観光客の皆さんに2つの時間を楽しんでいただくのもいいかもしれませんね。 これは、13歳、15歳の女の子が、お母さんと窓を見ているんですね。窓の外には10年前の自分が、庭の木からさがってるブランコをつかっている。そのときのお母さんと、自分が見えてる。そんな窓が作れたら素敵ですよね。 ああ、10年前、私の娘はあんな風に乗ってたんだわ。そういう窓ができると、娘もキレなくなるかもしれませんね。わかりません、やってみないと。

無機質なビルにも命の鼓動を与える

「変の営み」。 何か、命が鼓動があって、ゆらいでいるような感じ。波の中に揺れているような感じ。このじゅうたんもこの木もね、実は命を持ってたらどうなるんだろうという、そういうことですね。 1613_R これは札幌の東本願寺ですかね。雪のなかでその瞬間を捉えると、実はずっと長い間それが生きていて呼吸をしてて、鼓動をもっているような感じがします。周りの営みに溶け込んでいくっていうことですね。周りの呼吸をみださない、周りの流れにそのままに生きていくっていうことです。 1642_R そうですね、ビルとか窓がわかりやすい。風が吹いたら、窓の表情がフッと変わるってのはどうですかね。ビルのファサードがフッと変わる。札幌市役所の壁がですね、雪が降るとフッと変化していく。今日は何か表情が変わったね。夕方になったら県庁の壁がずいぶん生きてるみたいだねって、風になったらどうですかね。 今作られているものは、無機質なものをついつい作ってしまいますね。そのほうが作りやすいからですね。でも、ひとつひとつのものに命を与えていくってのはどうでしょう。 これは1本が木のように見えますが、ビルです。ひとつのビルの中に水があって、空気が流れていて、そこに人が生きている、生活しているってことが、そのビル全体が生きているっていうことと関わっている。建築デザイナーいらっしゃいますか? あ、皆さん何者なんですかね? 意外にハマらないですね。

相手に余韻を任せてみる

「好の行い」。そこにそのことがあることで、周りをフッと笑顔にする。フッとこの音楽が流れてきたことで、こころがフッと安らぐ。思わずケンカをした後だったんですけれど、ちょっと相手を許したくなるっていう。そういうようなものを作っていったらどうでしょうかね。そういうような町にしていったらどうでしょうかね。 あまり目立たなくていいんですよ。それがあることにフッと気がついて、あっこれって素敵ですね、これってかわいいね、この音素敵だねっていう。そのくらい優しいものですね。 家の中にも簡単にできるのかもしれません。効率とか快適とか利便性とか、そう言う言葉でなにか忘れてしまっているのかもしれませんね。ちょっとした赤いリボンが、周り全体の流れとかそういうものに対して好感を与えていく。そういう意味でも好の行いですね。 1859_R 何か変なペンタゴンみたいなのが出てきましたね。これは僕のアイデアなんですが、オーディオ関係の方。家電メーカーの方。全然いらっしゃらない(笑)。 (会場笑) どうしよう。これはですね、勝手に動くお遊びロボットです。いつどんな風に動いてくれるのかわかりません。ムッとしてる時にね、ちょっと疲れてる時に、あら? 急に動き出したっていうようなことかもしれませんね。こんなオーディオのおもちゃのようなものがあったら、この中にいる自分が和むかもしれませんね。 これは、夜、せっかく家には窓があって、家の外を誰かが通ったりします。自転車で通る人もいます。窓から降りてくるそんな灯りに、何かメッセージを込めて「Fuck you」はダメですよ。それはダメですね。ありがとう、ごめんなさい、また明日ねっていう。でも、ストーカーが喜んじゃってもいけませんから、ほどほどにしておきましょうかね。 最後。全部語らないってことです。今日もきっとどなたかおっしゃったかもしれません。何も語らない、あるところで7割8割でやめてしまう。そこから先は皆さんが考えてくださいということです。 自分の中では完結しない。相手に余韻を委ねていく。良く見えません。皆さんが考えるってことです。今日帰ってからですね、わたしならどうするか。あの人は変な事をしゃべっていたなあと。私なら何を考えるかということを、考えてください。 はい、8個です。何か気に入ったものがありましたか? 自分の心に火は灯りましたか? 8個そらで言えますか? 言える人はいないですよね。いるわけがない。

夢と現実を行き来できる時代が待っている

これは本当に最後ですね。ずいぶんいろんなお話をしましたが、コンセプチャル社会の次にくる社会が実はもう見えていたりするのかも知れません。 2114_R どんな風に宇宙と繋がっていくのか。自分が生きていることが実は宇宙の一部であって、そういうこととどんな風に繋がっていくのか。人間だけが、夢と現実みたいなことを意識します。夢と現実の丁度中間くらいに、行ったり来たりっていう、そんなことを楽しんだりするような時代がくるのかもしれません。 最後に、植物の声を聞きましょう。植物の気持ちをわかってあげましょう。植物が本当にそれを喜んでいるか、私たちの大・大・大先輩ですね。動物、植物の中で人間が一番最後に世の中に誕生しました。一番先輩の植物に、もっといろんなことを教わりましょう。そんな社会が、コンセプチャル社会のさらに次に見えてくるのかもしれません。 そんな創造性と新しい可能性の時代の話をしました。ありがとうございました。

  
※ログミーでは、TED Talksおよび各TEDxの定めるCCライセンスを遵守し、自社で作成したオリジナルの書き起こし・翻訳テキストを非営利目的のページにて掲載しています。
×
×
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
情報化の先に待っている「右脳的な世界」って? ”ハイコンテクスト化”を理解する、8つのキーワード

編集部のオススメ

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る