logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

「長時間労働が日本をダメにする」小室淑恵氏が提案する、育児と介護の解決策

「長時間労働が日本をダメにする」小室淑恵氏が提案する、育児と介護の解決策

少子化や介護問題の背景には、非効率な長時間労働があると語る社会起業家・小室淑恵氏。労働生産性が先進国最下位の日本において、長時間労働をやめて若者や女性を雇用することで、財政を使わずに社会問題を解決できると提案します。

スピーカー
社会起業家 小室淑恵氏
参照動画
Life Balance - [日本語]: Yoshie Komuro at TEDxTokyo

非効率な長時間労働をやめる

小室 皆さん、こんにちは。今、日本社会は極めて少子化なのはご存知だと思います。でも、なぜ日本は少子化なんでしょう? なぜ日本の女性は子供を産みたくないんでしょう? 私は身をもって体感したので、その理由を知っています。 スライド01 私の長男は現在6歳です。ちょっと写真があまりにも可愛くて、驚かれたかと思うんですけれども(笑)。でも私は長男を産んだ6年前、苦しくて苦しくて仕方がありませんでした。私両親は遠方に住んでますので、育児の頼みの綱は夫だけなんですが、夫の平均帰宅時間は、当時深夜2時でした。 ベッドに寝かせた子供が泣くと「どうして泣くのよ!」と思ったり、このまま腕の中で死んだら全部私のせいなんだと、怖くなって私も泣き続けました。やっと寝てくれて、そーっとベッドに置いた瞬間に、夫が見てたのかっていうタイミングで帰ってきて、ドアをバタンとしめた音で子供が起きてしまうんですね。「もう二度と帰ってこなくていい」っていう話を当時はしました。 もう一人目の出産体験で、二人目なんか決して欲しくないと、強く思いました。この「夫の長時間労働」こそが、実は真の少子化の原因だと私は思っています。でも今、我が夫はですね、働き方をガラッと変えまして、育児家事を同じ時間だけやってくれるようになりました。私の気持ちもガラッと変わって、「あぁ、二人目が欲しい」と思うようになり、実はお腹に今二人目がいるんですけども。ありがとうございます。本当に気持ちはガラッと変わりました。 日本は少子化だけじゃなく、うつ病の問題、ダイバーシティ、大介護の問題、財政難、問題山積の国です。しかしこれらの問題に対して、実は財政を全く使わずに解決できる方法があるんです。それが、「長時間労働をやめる」ということです。今日はこのアイディアを皆さんにお話ししたいと思います。 スライド02 私は今まで、900社の企業の働き方のコンサルをしてきました。30%の残業が減っても、売り上げが上がる企業すらあるんですよ。落ちません。それは、今の日本の企業は、時間をかければかけるほどむしろ成果が落ちていくという、負のスパイラルに既にはまりこんでいるからなんです。60時間以上残業する人、日本は世界で最も多いです。しかし、一人あたりが生み出している付加価値額は何と先進国で最下位。 これは、私生活が少なければ少ないほど、体験によるインプットが減り、アイデアも無いのにそれを持ち寄って会議してひっくり返しても何にも出ない。だから会議は長引き、貧困なアイデアが出て、売れない、帰れない。グルグルグルグル繰り返しているわけです。さらに、介護の問題が襲いかかります。あと5年で、日本の団塊世代はいっせいに70代に入ります。 そうして介護の人数が増えれば、介護をする世代、団塊ジュニア世代は、介護と仕事を両立する時間制約のある社員が急増するんですね。自動車メーカーのT社では、68,000人いる社員のうち、5年後に親の介護を抱える社員の数を14,000人と見込んでます。社員の5分の1なんですね。 これだけのことを解決していきたい。じゃあ長時間労働やめたほうがいいんじゃないか。「でも、そんなふうに労働時間に規制を入れたら、業績が落ちてしまうんじゃない? 競争力を失うんじゃない?」と多くの方がおっしゃいます。でもむしろ逆なのだということを今日はお伝えしたいと思います。今のまま長時間労働を続けた場合のA社と、逆転の発想で経営をしたB社にどれほど差が出るのかというのをお見せしたいと思います。 まずA社から。A社では従来通り長時間労働に頼って、そしてコストをカットしようと考えた時に人を削ってしまいます。固定費を削るんですね。 スライド03 しかしその分の仕事が残された人の上に乗っかって、以前よりも長時間労働なると、削った固定費より、増えた残業代の方が多いんですね。 スライド04 そして優秀な人は逃げていってしまう。そしてうつ病が増加して、集中力も無ければコストも上昇してしまうというような企業が増えてしまう。 さらにここに介護が降ってくると、介護で人が辞めたとします。頭数を減らしてしまっていますから、互いにフォローしあうだけの人材がもういないんですね。 スライド05 じゃあ人が足りないと言ってやっと採用しようとしても、こんな企業に人は入りたくない。 スライド06 ということで、優秀な人は集まらない、事業継続はどんどんと不可能になっていくと転がり落ちていきます。 スライド07

「残業禁止」が持続可能な企業を育む

じゃあ、逆転の発想のB社はどうでしょうか? 同じようにコストは下げたいんです。しかし、目を付けるのはこの長時間労働の部分。 スライド08 残業を削ってその分、若者を正規雇用したり、時間制約のある女性を積極的に雇用していきます。 私の会社は、6年間ずっと残業禁止でやってきましたが、6年間トップ成績のコンサルタント、実は短時間勤務の女性なんですよ。時間と成果は関係ないんです。時間に制約がある人は、短時間で集中力高く働いてくれます。そして、しかも集中力が高いだけでなく、男女や年代といった多様性が増えた会社というのは、多様なアイデアがお互いに切磋琢磨して非常に高い付加価値を生んでいく構造になります。 さらに介護で人が抜けたとしても、フォローをしあえるだけの人材がいますし、それぞれが育児や介護の事情を抱えたとしても、両立していけるので、辞めないで済むわけです。こういう企業にはますますいい人が集まって、業績はアップし、サスティナブル(持続可能)な企業になっていくということが言えるわけです。 スライド09

”ワークライフシナジー”の社会を作る

これは、育児も介護も自分はしていないという方、そういうあなたにも非常に関係がある話なんです。この長時間労働を続けるのか否かは、日本の財政に大きな影響を与えるからです。今のままでいくと、日本はこんなふうになります。まず介護。 スライド10 親の介護なんかする時間ないんだ。じゃあ24間型施設を国がもっともっと作ってくれという要求が高まって、国のコストがかさみます。育児もお迎えに行く時間が無いから、延長保育をもっとしてくれと。延長保育は保育園の赤字を産み、そのまま実際の赤字になります。そして家庭においては、夫婦ともに残業で子供のしつけの時間もない、宿題を見てあげる時間もないから、全部学童保育でやってくれないとという話になります。 そして、女性は仕事と育児を両立することができない。今、7割もの女性が、育児をきっかけに仕事を辞めています。すると、年金の払い手はその分減ってしまい、将来、年金が少ないことで生活保護の対象になる人が増えるでしょう。 そして、企業は利益が出ない。そうすれば雇用なんかしたくない。国が雇用しろというなら、雇用対策調整金をくれないと、と。すべてが行政に対してお金の要求となって、エスカレートしていく。そして財政がますます逼迫すれば、皆さんに重い税金となってのしかかっていくわけです。 じゃあそれを長時間労働をやめるとどうなるか。親の介護は、定時で帰って訪問介護やデイサービスと連携しながら続けることができます。また、育児もきちっとお迎えにいくことができれば、夫婦のキャリアが続いていけるから、家計を担っていくことができます。 家庭においても、これ一番大事だと思うんですが、父親が夕食時に毎晩子供の話に耳を傾けられる。しつけや宿題はもちろん、いじめの話にもちゃんと早期に父親が関わっていけるでしょう。そして女性は、仕事と育児を両立していくことができれば、年金の払い手で居続けることができます。そして企業は利益が出ますから、もっともっと人を雇用していくでしょう。 つまり定時後の時間に育児、介護、健康維持、これに個人が主体的に動いていくことで、財政を使わずに社会問題を解決していくということができるんだというふうに考えています。そしてこれは、日本だけの問題でもないんです。ちょっとこちらをご覧ください。 これは、高齢化率の推移のグラフなんですが、日本は実は今、人口の23%が高齢者という世界で最も高齢化している国です。しかし実は、2030年には韓国が、2040年には中国が、これと全く同じ数字になるんです。 スライド11 今、韓国、中国、シンガポールやタイは、人口のボーナス期といって、若者が非常に多くて高齢者が少ない。つまり社会保障費が少なくて済むので、経済的に発展しやすい時期にあるんですね。 しかしこの後必ず、少子化になり、人件費が高騰し、成熟期に入ります。そうすると、日本が今そうであるように、時間をかけて成果を出すタイプの仕事では、国際競争力を失ってしまいますから、この高い人件費の中で短い時間で高い付加価値を出すというビジネスに転換しないと、成熟期の国は生き残れないんですね。 今、日本がはたしてこの転換を図れるのかどうかということは、アジアの国々に次の働き方を示していけるのかどうかという、とても大切な役割を担っていると私は思っています。だからこそ、皆さんの力をぜひ貸していただきたいんです。皆さんの身の周りの方に、少しずつでいいんで、啓発していただきたいんです。 スライド12 例えば、幼い子供がいるのに深夜まで妻に育児家事を押しつけて、職場に残っているパパ社員の人には言ってあげてください。あなたの人生の評価をするのは家族であって、会社じゃないですよ。あなたが定年退職した翌年に去年まではご苦労様とか、一昨年まですごかったねとか、会社は言ってくれないんですね。そのかわり、定年退職した後、30年間家族からあなたは家のことを何にもやらなかったわよねってずっと言われるんですね。そんな人生って幸せでしょうか。 また、管理職の方、俺は残業代ついてないから遅くまでいたって会社に負担かけてないんだといいますが、そんなあなたを見て、あなたの部下は見て、みんな管理職になりたがらなくなった。だって管理職って残業代がつかなくなって、仕事の責任と量が増えて、家庭が崩壊している職業でしょ、というふうに思われているからなんですね。 スライド13 あなたが変わらなければ、部下のモチベーションはますます下がるでしょう。 そして経営者の方。よく、この不景気な時に従業員が早く帰れるなんて不安だというふうに言いますが、脳科学者が解明してます。 スライド14 人間の脳は、朝起きて13時間しか集中力がもたないんですね。それを過ぎると、酒酔い運転と同じ集中力しかないんです。そんなミスが多く発生し、アイデアも出ない時間帯に割増の残業代を払うなんて、お人良しの経営者ですよというふうに言ってあげてください。 もうお気づきだと思います。 スライド15 最後に、この山積している日本の社会問題を財政を全く使わずに解決できるこの「長時間労働をやめる」ということ、 スライド16 ぜひ皆さんも、もちろん実践し、そして周りの方にも広めていただきたいのです。 そうすると、私生活が増えることで、様々なアイデアがインプットされる。そしてそのアイデアが、ワークに影響を及ぼして、ワークでどんどんと成果が出る。ワークもライフも丸ごと豊かになっていくような、ワークライフシナジーの社会を私は作りたいんです。 ぜひ皆さんの力をお貸しいただけたらというふうに思います。今日は貴重なお時間を、本当にありがとうございました。

  
※ログミーでは、TED Talksおよび各TEDxの定めるCCライセンスを遵守し、自社で作成したオリジナルの書き起こし・翻訳テキストを非営利目的のページにて掲載しています。
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
「長時間労働が日本をダメにする」小室淑恵氏が提案する、育児と介護の解決策

編集部のオススメ

おすすめログ

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る