logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

マウンテンバイクってどれを選べばいいの? 素人でも分かる、ホイール径の違いとその理由

マウンテンバイクってどれを選べばいいの? 素人でも分かる、ホイール径の違いとその理由

「マウンテンバイクってかっこいいけど、どれを選べばいいのかわからない」と悩んでいるあなた。いざほしいと思っても、種類が多すぎて選ぶ基準がわかりにくいですよね。そこで今回は、自転車系YouTuberのけんたさんと、かつてクロスカントリーにて3度アジアチャンピオンに輝いたTrek Japanの野口さんが、マウンテンバイクの種類や選び方を徹底解説します! これで、自分にピッタリのマウンテンバイクが選べるはず!

シリーズ
けんたさん
2017年8月26日のログ
スピーカー
けんたさん
Trek Japan 野口忍 氏
参照動画
MTBチャンピオンに聞く、初心者にも分かりやすいマウンテンバイク講座

クロスカントリーアジアチャンピオンが教える、マウンテンバイクの選び方

けんたさん氏(以下、けんたさん) どうもみなさん、こんにちは。 野口忍氏(以下、野口) こんにちは。 けんたさん 相変わらず、また、またまた……。 野口 (笑)。 01 マウンテンバイクの、クロスカントリーという競技。まあ、マラソンみたいな競技ですね。それでアジア選手権3回勝ちました。 けんたさん その野口さんに、僕、マウンテンバイク超ど素人なので、ちょこちょこと気になることを、いろいろ教えてもらえればなと。 まず、マウンテンバイクって、ロードよりややこしいイメージがあります。 野口 そうですね。 けんたさん パーツもいっぱいあるし、ホイールのサイズも。ロードバイクは700Cじゃないですか。でも、マウンテンバイクにはいっぱいあるじゃないですか。何が一番ベターなのか、ベストなのか。 野口 自分は10年前に引退してますので、10年前は26インチが主流でした。 けんたさん 26インチ。26インチが一番ベタというか。 野口 そうですね。昔から。本当にマウンテンバイクが出始めた頃からあるホイールサイズです。それがずっと……。マウンテンバイクって、クロスカントリーであったりとか、ダウンヒルですね、下り系。競技で言えばそれがあるんですけど、実はその間にもエンデューロとか、下りながらも登ったりという大会もあったり。 あとは、やっぱりマウンテンバイクの醍醐味って、シングルトラックと呼ばれる、獣道みたいなところをかっ飛ばして。 けんたさん うんうん。ガーッとね、よくありますよね、こう、映像とかで。 野口 はい。そういうところを走るのが、やっぱり一番楽しいんですけど。そういう路面状況に合わせて、いろんな車種があります。 けんたさん なるほどね。

ホイールサイズの違いは?

野口 今は29インチと27.5インチの2つがメジャーなホイールになります。 けんたさん なるほど。 野口 29インチに関しては、マウンテンバイクを発明した人というか、グループだったんですけど、Klunkerzというグループがありました。1970年代にその1人で、生みの親でもある、ゲイリー・フィッシャーさんという方がいて。 けんたさん ゲイリー・フィッシャーさん、聞いたことある。 03 野口 TrekでもGARY FISHERブランドというのが、数年前までありました。今もTrekのアンバサダー的な活動はされてるんですけど。そのゲイリー・フィッシャーさんから聞いたんですが、コロラドのロッキーマウンテンのロックセクションを走るのに、26インチのホイール径というのが、「これでいいのか?」みたいに思ったらしいんですよ。 けんたさん 自分で? 野口 自分で。もっとホイール径が、サイズが大きくなれば、大きな段差に対してちいさいホイールでいったら乗り越えられないですよね。 04 それが大きくなれば、ババーンって乗り越えられる。 けんたさん 確かに。 野口 そういう発想で、やっぱりホイールサイズは大きいほうがいいんじゃないか、というところで、15年ぐらい前に29インチのマウンテンバイクを発表されたのが最初です。 けんたさん あ、つくっちゃったんですね(笑)。 野口 つくっちゃったんですよ(笑)。 けんたさん 「なんか違うなあ。じゃあ、29にしてみよう」(笑)。 野口 そうなんです。それで、最初はあんまり……。ホイールが大きくなるデメリットというのが、やっぱり重量ですね。ホイールの重さです。 けんたさん うーん、そうですよね。 野口 大きくなって重くなるので、最初はなかなか受け入れられなかったんですが、だんだんだんだんホイール自体も軽くなったり、いろんなメーカーさんもメリットを理解されて、商品開発し始めたんですよ。 けんたさん なるほど。 野口 それで、完全に26から29インチに移行してきたんですね。 けんたさん へぇ。

29インチのメリット・デメリット

野口 ちなみに、29のメリットっていうのは、やっぱそういう走破性っていいますか。 けんたさん ちょっとした段差でも、大きくガッといけるっていうことですね。 野口 はい。あとは、一度回り出すと慣性の法則でスピードを維持しやすいんですよね。そういうメリットがあります。 けんたさん なるほど、なるほど。 野口 でも逆に、考えられるデメリットとしては、小回りが効きづらくなります。小回りが効かないと何が困るかというと、マウンテンバイクで山を下る楽しみというのは、スピードもそうですが、やっぱりバイクをコントロールするという部分。 けんたさん うんうん、そうですよね。 野口 ジャンプしたりね。 けんたさん 路面状況がどんどん変わっていく、目まぐるしく変わりますよね。 野口 そうなんです。そういう時に、やっぱりちょっとでも扱いやすいという意味で、今は29と27.5っていうホイールサイズがあります。 けんたさん ちょっとちっちゃくしたってことなんですね。 野口 はい。26と29の間。 けんたさん 間ぐらいにして。 野口 なので、傾向としては、クロスカントリー的な、マウンテンバイクで登りもいきますよというとき。あとは平坦を、速いスピードで走りたいとなったら、29インチがおすすめです。

  
BicyclefiL / けんたさん
YouTubeにて自転車関連の動画を中心に投稿しています。
BicycleとLifeで「BicyclefiL」日本にもっと豊かな自転車ライフを!

 

×
×
×
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
マウンテンバイクってどれを選べばいいの? 素人でも分かる、ホイール径の違いとその理由

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る