logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

傷口を縫ったあと、抜糸をしないとどうなる?

傷口を縫ったあと、抜糸をしないとどうなる?

大きな怪我をしたときに、傷口を縫い合わせる縫合手術の経験がある方もいるかもしれません。縫合は傷口を塞ぎ、感染症などを防ぐ目的もありますが、適切な時期に抜糸をしないとむしろ感染症の原因となることもあるようです。今回のYouTubeのサイエンス系動画チャンネル「SciShow」では、縫合手術と抜糸について解説します。

スピーカー
Olivia Gordon(オリビア・ゴードン)氏
参照動画
What Happens If You Leave Stitches in for Too Long?

傷を縫ったときの抜糸の重要性

オリビア・ゴードン氏 きっとこのビデオをご覧の方のうちの大勢の方は縫合手術をした経験がおありだと思います。そしてあなたのお医者さんは特定のときに抜糸をする必要があると言われたのではないでしょうか。なぜなら糸をそのままにしておくと大変なことになりかねないからです。 外科縫合、縫合糸は怪我をして切れた傷口の両サイドを縫い合わせて治療をする方法です。 IMG01 通常、1センチ以上の傷口であればお医者さんはきっと縫合糸を使って傷口を塞ぐことになるでしょう。 傷口が開いたままの傷が好ましくないのには多くの理由があります。主な心配は感染症です。なぜならバクテリアや他の汚い物体は、人体に傷口があればそこに入り込んでくるからです。ですから縫合は素晴らしい処置方法です。 しかし、抜糸に関しても医師の指示に従うのは重要です。それには2つの理由があります。 1つは、先ほど述べたように、感染症の危険性があるからです。感染症から守るためのものが感染症の原因にもなり得ると聞くとおかしな感じがするかもしれませんが、縫合糸は時に皮膚に埋もれてしまうことがあるのです。 そう聞くと恐ろしい気持ちになるかもしれませんが、本当にその通りです。まぶたの縫合手術をする患者によく見られます。縫合糸の周りの組織が形成されてしまい、顔面から縫合糸を掘りださなければならなくなってしまうのです。もちろん麻酔薬を使いはしますが、それでも気持ちが悪いですよね。 時間通りに抜糸をするべきもう1つの理由は、完全に見た目の問題と関係があります。生死を左右する感染症と比べたら大したことはありません。4日から14日ほど経つと、傷口の場所にもよりますが、縫い目が恒久的な傷跡を残してしまう可能性があるのです。 IMG02 そのままにする期間が長くなればなるほど、その傷口は醜くなってしまいます。傷跡のリスクを避けるため、もし傷の場所が顔面であれば医師は通常縫合糸を使うのを避けます。 縫合糸の他にも、時間が経てば自然になくなるノリを使うという方法もあります。それはシアノアクリレートと呼ばれるポリマーで、強力接着剤にも使われる粘着力のある物体でできています。 もしかしたら縫合糸でも時間が経てば溶けてなくなるものがあると聞いたことがあるかもしれません。しかしそれはほとんどの場合、もっと重症な怪我や手術で医師が患者の体内を縫合する必要がある場合に用いられます。 医者は抜糸するためだけに再び患者の体を切り開いたりはしませんから、そのような特別な縫合糸を使うのです。そのような糸は生分解性の有機体の物質でできていて、人間の体内で解けるようにデザインされています。 時に医師たちは、外科手術にも吸収性縫合糸を用いることもあります。しかし、ほとんどの場合、普通の非吸収性の糸を使います。それにはいくつかの理由があります。 まず、吸収性縫合糸が吸収されるには1ヶ月から2ヶ月ほどかかります。しかし、傷口は通常それよりずっと前に治癒しますから、理由なく皮膚の中に糸を残すことになってしまいます。 それに吸収性縫合糸は体がこれを吸収する過程で、普通の糸と比べて炎症を引き起こしやすい傾向があります。そうすると傷跡を残してしまう可能性があります。 また、通常の糸はもっと強力なので、傷口が開いてしまうリスクが少なくなります。ですから、縫合傷が体内にあったり、顔面の傷が医療用強力接着剤で縫合されていたりする場合以外は、抜糸をする必要があります。たとえ抜糸をしている時に皮膚が解けていくような感じがしたとしても、抜糸をする価値はあるのです。

  

SciShow

Hank Green(ハンク・グリーン)たちがサイエンスに関する話題をわかりやすく解説するYouTubeチャンネル。

・公式チャンネル

×
×
×
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
傷口を縫ったあと、抜糸をしないとどうなる?

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る