logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

本当にためになる環境問題を話し合おう 山田玲司のヤンサンに環境問題のスペシャリストが集結

本当にためになる環境問題を話し合おう 山田玲司のヤンサンに環境問題のスペシャリストが集結

ニコニコ生放送の人気番組「山田玲司のヤングサンデー」。今回は10月21日放送の「『第80回『地球温暖化って嘘なの!?〜環境問題最前線で闘う専門家3人に聴く、ヤンサン環境サミット!!』1/2」の内容を書き起こしでお届けします。

シリーズ
山田玲司のヤングサンデー
2017年10月21日のログ
スピーカー
漫画家 山田玲司 氏
乙君 氏
しみちゃん 氏
詩人・演出家/脚本家 久世孝臣 氏
国立環境研究所 対話オフィス 江守正太 氏
環境ジャーナリスト 枝廣淳子 氏
未来バンク事業組合理事長 田中優 氏
参照動画
第80回『地球温暖化って嘘なの!?〜環境問題最前線で闘う専門家3人に聴く、ヤンサン環境サミット!!』1/2

今回は環境問題というマジメなテーマ

乙君氏(以下、乙君) 山田玲司の。 一同 ヤングサンデー! (一同拍手) 乙君 ということで、今日のオープニングもさわやかで。今日、環境問題スペシャルです。 山田玲司氏(以下、山田) そして、この絵面(笑)。 (一同笑) 乙君 ぜんぜんいつもと違う(笑)。 山田 いったい何が起こったか、今日はいろんな時空がねじ曲がってます(笑)。 乙君 もうね、あの……お飲みになられてる方(笑)。打ち合わせからずっと。 (一同笑) 山田 もう始まってます。これがうちらのスタイルなんでね。 乙君 なるほど、なるほど。 山田 そう。 乙君 飲まなきゃやってらんねーや、と。 山田 そうそうそう。 乙君 なるほど、なるほど。 山田 そうなんですよ。 乙君 ちょっと玲司さんから、付き合い長いんで、ちょっと。 山田 初めての環境問題回です、今日は。 乙君 念願の。 山田 念願の。俺、環境男なのに。 乙君 ……環境男? 山田 環境男ですから。俺、地球を救おうと思ってるから。 乙君 あー、はあはあ。 山田 ずっとそうやって生きてきたから。 乙君 なるほど。 山田 そう。だけど、それを3年間封じてきましたけど。 乙君 封じてきましたか。 山田 はい。俺1人だと、たぶん負けるんで(笑)。 乙君 負ける。 山田 そう。 (一同笑) 乙君 見えないなにかに負けるんですか? 山田 だから、仲間を探す旅をしてたんだよ。 乙君 おー。 山田 去年……、10年ぐらい負けから、ずっと。 乙君 なるほど。

本当にためになる環境問題を話し合う

山田 俺、基本的に環境問題って、怖がらせるだけっていうのと、議論して「俺よりおまえのほうが間違ってる」とか、「俺のほうが知ってる」とかいう話とかの、ずっとやり続けるのあんまり好きじゃないんだよ。どうすりゃいいのかっていう具体策がほしいの。 乙君 はー、解決策言ってくれよ、と。 山田 「地球が危ないよ!」って言った時に、そう、具体的なことを言ってくれる人を探してたんですよ、10年ぐらい前から。 乙君 探してましたか。 山田 見つけました、最近(笑)。 (一同笑) 乙君 見つかりましたか! 山田 お呼びしました、今日! (一同拍手) 久世 東方の三賢者が!(笑)。 山田 東方の三賢者! ついに来ましたよ。そして密かに、かなり前から一緒にイベントやってました。絶薬イベントっていって、環境系の話をずっとしてる。震災前からずっと、けっこうやってますよね。 枝廣淳子氏(以下、枝廣) うんうん。 山田 そうですよね。 乙君 1回、あのね、高円寺でやったやつも、僕なぜか呼ばれて行って。 山田 そうそうそう。 乙君 なんか場違いな質問とかしちゃって、っていうのは一応アーカイブであんのかな? スタッフ 今、映像出してます。 乙君 あー、はいはい。それもあるんで、もう見た人はたぶんおなじみのお三方だとは思うんですけれども、ちょっと初めて見る方もいらっしゃいますので、ちょっとご紹介していただけますか? 山田 じゃあ、まず、この人ロックスターみたいな感じになってますが。 youtu.be-25r0NzUWVFU (2) (一同笑) 山田 この人、学者界でロックスターなんで。NHKとかですっげー気取って出てますけども。 乙君 へぇー! 山田 『ポケモンGO』が大好きでおなじみの(笑)。 乙君 えっ? おなじみなんですか?(笑)。 山田 おなじみの。『ポケモンGO』が大好きでおなじみの、江守正太博士です。はい、どうもー! 乙君 イエーー! (一同拍手) 山田 こう見えて、(忌野)清志郎とか歌うしね、普通に。 乙君 あ、カラオケ行ったら? 山田 そう。 乙君 へぇ。

江守博士はポケモン好き

山田 国立環境研究センター……? 江守正太氏(以下、江守) 研究所、はい。 山田 主任、みたいな。 江守 はい、室長。 山田 超えらいんだよ。 乙君 超えらいんですか? 山田 超えらいんだよ。超えらいからすごい人かなって思うと、付き合っていくとおもしろい人なんですよ。だんだんわかってくるっていうさ。 江守 ありがとうございます。 山田 そうそう。じゃあ、まずお願いします。好きなアニメを言ってください。 (一同笑) 江守 最近は観てるのは『ポケモン』ぐらいですね。 山田 やっぱ『ポケモン』ですね。 乙君 『ポケモン』を観てるんですか? 江守 『ポケモン サン・ムーン』ですね。 乙君 へぇ。 江守 だけど近年で言うと、一番観たのは『ケロロ軍曹』。 山田 やっぱ『ケロロ』ですね。 久世 おーー。 山田 やっぱ『ケロロ』です(笑)。 江守 (笑)。 山田 『けもフレ』につながる『ケロロ』ですから。 久世 すごいなあ。 江守 ガンプラ的にも。 山田 ガンプラ的にも、そうそうそう。世代的にはその世代っていうか、ガンダム世代に近いというね。そう。でも、俺とちょっとしか変わんないんで。 乙君 漫画は? 漫画とかは読まれるんですか? 江守 漫画はですね、漫画はけっこう前ですけど、『迷走王 ボーダー』ですね。 山田 『ボーダー』ですね。 江守 『ボーダー』(笑)。これは知らない人は知らないです。知ってる人はすごいくると思います。 山田 もうブルーハーツの歌詞がそのまま出てくるみたいな感じの。 江守 出てきます、出てきます(笑)。 山田 そうそうそう。すごい漫画です。「おまえはあっちの人間か? こっちの人間か?」みたいな話ですよ、奥野さん。 乙君 ……。 山田 キョトーンですか? (一同笑) 乙君 聞いたこともなかった。 久世 俺も聞いたことない。 乙君 みんな知ってんのかなあ? 山田 『ボーダー』で試されるんだよ。そう。あっちの人間か、こっちの人間かっていうさ。 枝廣 「知らない」、「知らない」(笑)。 乙君 すごいですね。ニコ生ユーザーが知らないってね、相当ですよ。 江守 狩撫麻礼です。ググってください。 山田 そうそう。 乙君 カリブマレイ先生っていうんですか? 山田 めっちゃ厨二ですよ、あの漫画は。 乙君 (笑)。 江守 めっちゃ厨二です(笑)。

清志郎とブルハも大好き

山田 だから、マインド的にはブルーハーツと思ってくれればぜんぜん間違ってない。 江守 そうですね。 山田 ブルーハーツとか清志郎とかで、俺と重なってるっていう(笑)。 江守 そうですね。 乙君 じゃあ、江守さんの好きなのはブルハとか。 江守 まあ、清志郎ですね。 山田 うん、清志郎ですね。 乙君 清志郎亡くなった時、泣きました? 江守 いやいや、悲しかったです。はい。 (一同笑) 江守 っていうか、玲司さんがインタビューしてたって知って、すごいなと思いました(笑)。 山田 いやいや(笑)。そう、インタビューしてんだよね、清志郎とね。 田中優氏(以下、田中) 「俺は死なない」って言ってたのにね。 山田 ねー、言ってましたね。 田中 本当に。 山田 本当に。そうなんですよ。 乙君 まあ、実はまだ生きてるんですけどね。 山田 どこかにね。あなたの心の中に? 乙君 そう、自転車乗ってる。 山田 そういうのいらないんで。 (一同笑) 山田 心の中で自転車乗ってんの? 乙君 (笑)。何てお呼びすればいいですか? 山田 「えもやん」でしょう。 江守 「えもやん」で。 乙君 「えもやん」でいいんですか? 本当にみんななれなれしく「えもやん」、「えもやん」ってきますよ、大丈夫ですか? 江守 よろしくお願いします。 乙君 (笑)。よろしくお願いします。続いて、今日の紅一点。 田中 (ニコ生のコメントで)「えもやん」きてるね(笑)。 山田 「えもやん」、「えもやーん」。そうそうそう。 乙君 「えもやーん」、「めっちゃ言いやすい」(笑)。 (一同笑) 久世 「エモいで、えもやん」。 乙君 「エモいで、えもやん」ってすごい……(笑)。 江守 「えもりん」もいいですね。 枝廣 「えもりん」かわいい。

人生のピークは90歳説を唱える枝廣氏

youtu.be-25r0NzUWVFU (3) 山田 そんなえもやんが、「僕を取材するなら、もっとすごい人いるから会ってください」と言ったのが、この枝廣淳子さんです。 乙君 おー。 山田 で、「人生のピークは90歳と決めてる」と俺言ってますけど、これ、この方のパクりです。 (一同笑) 乙君 パクりだったんだ(笑)。 山田 これは枝廣さんが常々言ってて、「それ、もらった」と思って、俺も、だから、「90歳にピークを迎える」というんで。 久世 すごい、ネタ元きたー! 山田 そうですね。 (一同笑) 山田 一応あれですね、環境ジャーナリストっていう肩書の時が多いですね? 枝廣 そうですね。 山田 いろんなことをされてますけどね。 枝廣 はい。 江守 大学教授です。 山田 大学教授ですね。都市大学教授。 江守 研究所所長。 乙君 大丈夫ですか? 今日。 山田 え、だから、ここはみんな大学で教える人たちばっかり(笑)。 乙君 そう。自分もシレッと入ってますけど(笑)。 (一同笑) 山田 ちゃうちゃうちゃう、俺は教えない(笑)。 乙君 (笑)。 山田 そうそう。またこれが具体的なのよ、枝廣さん。 乙君 はい。 山田 みなさんがご存知なのは、やっぱりアル・ゴアさんの『不都合な真実』っていう本の翻訳をなさってて。ここにもメドウズさんの『地球の法則と選ぶべき未来』、こういうのも訳してるし。なんでこれ持ってきたかっていうと、「幸せとは何か?」っていうことを、基本的に研究していくという。だから……。 乙君 あ、環境じゃなくって、マインドの話になってる? 山田 環境のことをやると、どうしてもそっちにつながっていく、と。枝廣さんは、そもそも心理学のところからきてる、っていう。 乙君 へぇ。 山田 結局、心が汚れると地球が汚れる、と。 乙君 はーーー。 山田 そこの研究からちゃんとして、スタートして、心理学からいっていろいろ。最終的に必ず幸福論にいくわけよ。それで今、幸せ研究所ですから。「幸せとは何か?」「どうすればいいのか?」っていうのを、具体的に研究されてる。 乙君 何なんですかねえ? (一同笑) 田中 ビールを飲むことじゃないですか?(笑)。 乙君 ビールを飲むのが幸せ?(笑)。 山田 (笑)。最後はそういう話になります。 久世 最高、わかりやすい。具体的にできる。 (一同笑) 山田 最後はそういう話(笑)。 乙君 じゃあ、俺のとは違うなあ(笑)。 山田 そういう感じですね。

枝廣さんはナウシカが好き

乙君 そんな枝廣さんの好きなアニメは何ですか?(笑)。 枝廣 アニメ? アニメは……『ナウシカ』。 乙君 あーーー! 枝廣 『ナウシカ』は大好きですね。 乙君 ずっと観てます? 枝廣 ずっと観てます。何回も何回も観てますね。 乙君 モノマネとかできるんですか? 枝廣 (笑)。 (一同笑) 山田 何なん? その振りは。 田中 すごいところ突いてきたな(笑)。 (一同笑) 乙君 モノマネとかするのかなと思って(笑)。優さん、やりそうじゃないですか。 田中 やんない、やんない(笑)。 乙君 枝廣さんやるのかなと思って。 久世 おまえ、その色眼鏡外せよ! (一同笑) 山田 『ナウシカ』、原作は読まれてました? 枝廣 『ナウシカ』、うん、原作も、はい。はい。 山田 「あれは環境問題ですから」っていうコメントが。 枝廣 そっちいきますよね。 乙君 じゃあ、漫画も『ナウシカ』が好きなんですか? 枝廣 漫画は『ドカベン』。 乙君 えーーーっ⁈(笑)。 (一同笑) 乙君 なんか、萩尾望都とかそういうんじゃなくって、竹宮恵子とかではなくって、『ドカベン』なんですか? 山田 めっちゃ里中の話で盛り上がる。 枝廣 もう里中悟くんが大好きで。 乙君 なんで? なんで? なんで? 枝廣 かわいいじゃないですか! 乙君 かわいい? 枝廣 はい。 乙君 いっつもケガしてますけど、あの人。 久世 (笑)。 枝廣 守ってあげたい、っていう。 乙君 あ、母性本能を。 枝廣 はい。 乙君 はーー、里中はそういうふうに。 枝廣 (笑)。 山田 いや、あの当時、そういうキャラだったんだよ。 乙君 もしかして、ちょっと腐女子的傾向も……? 山田 うーーん……、それはあんまりないかなあ。 (一同笑) 山田 そういう感じではないねえ。

好きなミュージシャンはさだまさし

乙君 好きなミュージシャンは? 枝廣 さだまさし。 乙君 おー。 山田 あんたと一緒じゃないですか。 枝廣 おっ。 山田 あなたと(笑)。 乙君 この番組、『今夜も生でさだまさし』をパクってやってるんで。 (一同笑) 山田 いや、そんなことはない(笑)。 乙君 参考にしてやってるんで(笑)。 山田 ぜんぜん聞いたことない。 乙君 ゆるく、何て言うんだろう、たまにこうなんか真面目な話もして、お便り読んだりとかっていうような、ね。たまに歌ったりとか。 山田 歌ったりね。 枝廣 歌うんだ 田中 あ、そうなんですか。 山田 やってますねえ。 久世 ナウシカがこう里中を応援しながら、さだまさしが聞こえてくるところを想像して、ものすごい絵になってる、俺。 (一同笑) 乙君 今日はよろしくお願いします。 枝廣 よろしくお願いします。

  
×
×
×
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
本当にためになる環境問題を話し合おう 山田玲司のヤンサンに環境問題のスペシャリストが集結

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る