logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

『エンタの神様』戦国時代を生きた芸人、今は“差別”を受けている? 東村アキコの相棒の芸人がヤンサンに登場

『エンタの神様』戦国時代を生きた芸人、今は“差別”を受けている? 東村アキコの相棒の芸人がヤンサンに登場

ニコニコ生放送の人気番組「山田玲司のヤングサンデー」。今回は9月23日放送の『どんな話題もカラッとアゲるぜゴキゲンに!〜東村アキコと挑む宿命の「カラアゲ回」リベンジッッ!!』中2ナイトニッポンvol.32の内容を書き起こしでお届けします。今回の企画は視聴者からいただいたお題から、即興で面白い話をするトークバトルです。

シリーズ
山田玲司のヤングサンデー
2017年9月20日のログ
スピーカー
漫画家 山田玲司 氏
乙君 氏
しみちゃん 氏
詩人・演出家/脚本家 久世孝臣 氏
漫画家 東村アキコ
虹組キララ 氏
バードフミヤ 氏
参照動画
#132『どんな話題もカラッとアゲるぜゴキゲンに!〜東村アキコと挑む宿命の「カラアゲ回」リベンジッッ!!』中2ナイトニッポンvol.32

相棒を連れてきました

乙君氏(以下、乙君) ということで……。 山田玲司氏(以下、山田) そんな東村プロが集めた精鋭の中から、今日は2人の方が来てくれるんですよ。 乙君 そうなんですよ。 山田 そうですよ。まずはアッコとはもう長い? 東村アキコ氏(以下、東村) 私の相棒を連れてきました。 山田 そう、ずっとまず相棒の。 東村 相棒の。私、『身も蓋もナイト』っていうポッドキャストのラジオをやってて。 山田 大好評。 東村 『アキコとキララの身も蓋もナイト』っていうのをやってます。それの相棒の、私のもう親友であり、もう昔から一緒につるんでるキララちゃんっていう、私の相方を紹介します。連れてきました。 乙君 では、お呼びしましょう。 山田&乙君 虹組キララさんです! 山田 どうぞ! 乙君 初登場です! (一同拍手) 山田 ウェイ! ウェイウェーイ! ウェーイア! youtu.be-image (35) (1) 乙君 (虹組氏に席を譲りながら)俺がこっち行こう。

虹組キララが登場

虹組キララ氏(以下、虹組) どもども。 乙君 キララさん、ちょっと。 虹組 呼んでいただきまして。 東村 おまえら(ニコ生のコメントを指して)、私のことを「色が白い白い」「真っ白真っ白」っていつも言ってるけど、もっと白いからな、こっちは。 虹組 (笑)。そんなんで? いやー、嫌な回に来ましたね(笑)。 (一同笑) 虹組 カラアゲでしゃべる回なんだ(笑)。 山田 (笑)。 虹組 前からね、これ観てて、アキコ先生のことを全員が甘やかしすぎてるなと思ってて。 山田 おーー! そうなんだ!?(笑)。 東村 言ってやれ! 言ってやれ! 山田 そうなんだ(笑)。 虹組 どんなボケにも「さすがー!」みたいな。 山田 あー、はいはいはい。 虹組 観ながら、「おい、おかしいだろ! 今の」ってツッコみながら観てるんです。 久瀬孝臣氏(以下、久世) なるほどね(笑)。 虹組 それをやりに来ようと思ったら、「けっこうこれ、ヤバい回だったな」と思って。「カラアゲでしゃべるんだ!」みたいな。 久世 そうそうそうそう、みんなしゃべんなきゃいけない。 乙君 今日はもうね、いかに沈黙を恐れないかという。 山田 「ポッドキャストで聞きなれた声」と言われてますね。

虹組、『エンタの神様』芸人だった

東村 この人、昔、『エンタの神様』出とったんやぞ。 山田 そうだぜ。 乙君 えっ! 山田 「ボンジュール!」ですから。 東村 宝塚の格好をして、宝塚ネタで。 山田 そうそう。……の男役として。 東村 何だっけ? あれ。 虹組 あの、男装の薔薇ジェンヌ、虹組キララですね。 東村 虹組キララっていうので。 虹組 「ボンジュール!」っていうやつで。 東村 あの人だよ、あの人、あの人。 虹組 あの時の衣装は、全部アキコ先生に買ってもらいました。 乙君 マジで!?(笑)。 (一同笑) 東村 全部私が用意したんだからね! 久世 すげー! 虹組 そうね(笑)。 山田 「ツッコミが遅ーい!」「それはカスタネットー!」。 虹組 よく覚えてますね(笑)。 (一同笑) 山田 みなさん、観てください。 虹組 M-1で3回戦に行った時に、もし相方が風邪とか事故で倒れたら、(東村が)「私が行っちゃるけん!」。 (一同笑) 東村 そう。「出るから」って言って。 山田 あ、そうなんだ! いい話だなあ。 虹組 結局、無事にね、落ちましたけどね(笑)。 (一同笑) 山田 M-1ね(笑)。 虹組 そうですね。よろしくお願いします。

今は「エンタ差別」を受けている?

山田 すごい大変な時期にエンタ出てたなと思って。 東村 そうよ、そうよ。 山田 戦国時代もいいとこでしょ? あの時の。一番。ちょうど10年ぐらい、9年前か? 8年? 虹組 私たちのエンタ芸人は、ものすごい感謝してるんですよ、『エンタの神様』にはね。 山田 エンタ時代。 虹組 ただ、今お笑いライブに行くと、ちょっと差別されます。「あ、エンタのキャラ芸人だ」とか言われて。 山田 えー。そういうことが起こってる(笑)。 虹組 ちょっと、なんか。 東村 エンタ差別ある。 久世 エンタ差別あるんだ。 山田 エンタ差別始まってんだ。 虹組 私は良かったんですよ。みんなはいいと思ってたんで。 山田 10年前って一番古く言われるから、不利っちゃ不利なんだよね。 乙君 あと10年したらね、「あの時の!」っていう。 山田 そう、10年したら伝説になってるから。「俺、子どもの時観てましたよ!」って言われるやつが10年後にやってくる、っていうね。 虹組 50歳とかなって、伝説になってね。 東村 私たち、同い年だから。 山田 あ、そうなの? 東村 同い年。しかも、(虹組氏は)福岡出身。 乙君 へぇー! 東村 (虹組氏が)福岡、(東村氏が)宮崎。そう、九州同士。 山田 さっきね、「アッコの友達かあ」と思って話聞いてて、納得した。アッコの友達だってわかった。 東村 そうでしょ。 乙君 どういうこと?

ゲーム『水戸黄門』で盛り上がる

山田 宝塚好きかと思ったら、「宝塚よりゲームが好きだ」って言うから、「何のゲームが好きか?」って聞いたら、「『水戸黄門』」って言うんだよ(笑)。 乙君 え? (一同笑) 久世 そんなゲームあったんやなあ。 虹組 え、おもしろいですよね? 東村 名作だよ! (一同笑) 虹組 そうでしょ? 山田 ほら、やっぱり! やっぱり親友じゃん、やっぱり! 虹組 あれはね、声が出た初めてのゲームっていう。 東村 そう、声が出た初めてのゲームだよ。 虹組 そうそうそう。 山田 アッコもやってたんだ? 東村 やってたよ。買った買った、すぐ。 山田 え、本当に? 東村 高橋名人世代だから。 山田 そうだよね、高橋名人世代だよね。 虹組 そうそうそう(笑)。あれね、弥七になったりしてね、屋根の上に乗ってね、ちょっとこう情報聞いたり。 山田 知らなかった(笑)。 久世 知らなかった知らなかった。 虹組 あと助さんの時は、町人がちょっと怖がって話をしてくれないんですけど、うっかり八兵衛に変身すると、町人がね、「こんなことをお代官やってたよ、悪人が」みたいな。 で、「なるほど」って言って、また助さんに戻って、ティンティリティンティン♪ ティンティリティン♪ って行くんですよね。 (一同笑) 東村 何時間でもやろうか、この話。これ、入ってる? 「水戸黄門」って入ってる? 虹組 水戸黄門入ってるでしょ? これ。 山田 あれー、どうなんだろう? どうなんだろう? 入ってるかなあ。「クソなつかしい」っていう人と、「知らねーし」っていう人に分かれてますね。 虹組 (笑)。 山田 そりゃそうでしょう。そりゃそうだよね。 乙君 「完全にクソゲーやんけ」って言われてますよ。 東村 クソゲーじゃないよ! 虹組 クソゲーじゃない! 東村 初めて声が出たゲーム。 虹組 そうそう! (一同笑) 久世 ゲームの内容じゃないもんね、それ(笑)。 虹組 「残念でしたなあ、黄門さま」、ティリリティリリティン♪ ティン♪ 東村 (拍手して)そっくり! そっくり! 久世 めっちゃ友達やん! 仲いいやん! 乙君 なんやこれ(笑)。 久世 めっちゃ仲良くしてる! 虹組 めっちゃ仲良くしてる(笑)。

ゲーム談義に花が咲く

山田 だって、『電車でGO!』やってたでしょ? 虹組 『電車でGO!』もやってます。 乙君 あー、はいはい。 虹組 『ジェットでGO!』もあって。 山田 『ジェットでGO!』もやってたんだ(笑)。 虹組 コントローラーが好きだったんですよね。だからあれと、『ギターフリークス』2台でしょ。で、『ピカチュウげんきでちゅう』のマイクとかいろいろあって、もうグチャグチャになって。 山田 あー! 『ピカチュウげんきでちゅう』やってたの? 虹組 そうそうそうそう(笑)。 東村 「チョイスが渋い」って言われてる。 虹組 チョイスが渋い(笑)。 山田 すごーい。そういうのもあった、あったんですよ。そういうの。うんうん。コーエーはやったんですか? コーエーは取ってる? もちろん『三国志』も取ってる? 虹組 あ、『三国志』はやってないんですよね。 山田 あ、『三国志』は。 東村 その時、私は『三国志』と『信長の野望』系は全部やってたけど、そっちじゃないもんね? けっこうね。 虹組 私、『中山美穂のトキメキハイスクール』とか、そっち系ですもん。 山田 (笑)。 東村 もう大人になっちゃってるから、コーエー全盛期の時に。 山田 あー、そうかそうか。 虹組 あ、そうですね。ファミコンじゃないですからね。 山田 なるほどね。 虹組 ゲーム祭りだったらねー。 東村 ゲーム回の時はこの人ね。 山田 じゃあ、来てもらおうかなあ。ね。 虹組 そうですね。ぜひお願いします。 乙君 え、今もやってるんですか? 虹組 今はちょっと、アプリじゃないと、実際買っちゃうと、ネタが書けなくなるんですよ。 東村 ずっとやっちゃうから。 虹組 だから……、そうなんですよ。禁止されてて。 久世 禁止されてるんだ(笑)。 虹組 ネタを書かなくなるからって。本当はVRがほしいんですけどね、我慢して。 東村 乙君、ぜんぜんゲームせんからねえ。 乙君 いや、俺やるよ(笑)。 久世 この子はやるんですけど。俺はほとんどやらない。 東村 嘘、やるの? 乙君 俺、だって、コーエーばっかやりますもん。 東村 あ、コーエーね。 山田 怒りの張飛だろ? 乙君 いやいや、バッジョね(笑)。 (一同笑) 山田 ごめんごめん(笑)。 乙君 それ、何年前の話やねん(笑)。 山田 いやいやいや、ごめんごめん。バッジョだよ、バッジョ。 久世 いやいや、ごめんごめん(笑)。 山田 すぐバッジョと張飛(笑)。

ポッドキャスト『身も蓋もナイト』が好評

乙君 「『身も蓋もナイト』よく聞いてます」っていう人いるんですけど。 虹組 あー、ありがとうございます。 乙君 なんか。 東村 『身も蓋もナイト』、おもしろいんで聞いてください。 虹組 (笑)。 乙君 今、何回ぐらいやってるんですか? 虹組 何回でしたっけ? 東村 20回とか30回とか? 30回? 山田 男に容赦ないのでお馴染みの。 久世 恐ろしい。 東村 めっちゃおもしろいですよ、マジで。 虹組 男に容赦ないのかな? (東村氏は)なんにでも容赦ないからね。 東村 うん、容赦ない、容赦ない。 乙君 東村プロで録ってるんですよね? 虹組 アッコ先生の自宅の寝室で録ってます。 東村 うちの寝室。リビングで録ると、ごっちゃんが「ちょっとやめてくれる?」みたいな(笑)。 虹組 「ゲームするのにうるさい」って。 東村 ゲームして、マイクで友達にオンラインで聞こえちゃうから、「ちょっと、ママごめんね」みたいな。 (一同笑) 山田 一応謝るんだ(笑)。 虹組 「恥ずかしい」ってね、言われちゃうんでね。 乙君 すげーなあ。 東村 おもしろいよ、すごい。 虹組 (笑)。自分で言っちゃって、……いいですよね。そうそう。 東村 原稿やりながら、いっつもみんなで聞いてるもん、仕事場で。 乙君 自分で? 虹組 (笑)。 東村 自分で。 乙君 自分のラジオ、……ポッドキャストを? 虹組 (笑)。 東村 アシスタントと「聞きたいよね」つって、聞いて、最高盛り上がってるもん。 乙君 これが、玲司さん、聞きました? 山田 うるさいわ! (一同笑) 久世 やりましょう! 乙君 玲司さん、自分でいろいろ作業する時に! 山田 絶対無理、絶対無理。

山田玲司、東村プロへの誘いを受ける

虹組 え、なんで無理なんですか? ちなみに。 山田 いや、だから、本当は恥ずかしくてこんなことできない人なのに。 乙君 (笑)。 久世 (山田氏の胸にツッコミを入れて)何いってんですか、もう。 山田 (久世氏の頭にツッコミを返して)うるさいわ! 久世 (笑)。 山田 なんか、でも、楽しいじゃん、やっぱり(笑)。だから、我慢して出てるんだよ(笑)。 乙君 いやー、これがエンターテイナーとのね、なんかの違い。 山田 ぜんぜん違う。生き物として違うもん、だって。 乙君 (笑)。 山田 本当はダメなんだもん、俺。帰りたいんだもん。 久世 やべえ、ナイーブな少年に見えてきた(笑)。 虹組 (東村氏を指して)ぜんぜん話聞いてないね。モニターで自分の髪の毛気にしてます。 (一同笑) 山田 そうそうそうそう(笑)。 虹組 この自由さ。 山田 そう、存じております(笑)。 虹組 (笑)。 乙君 あ、なるほどね。玲司さんが東村プロに所属すればいいんですよ。噺家として(笑)。 久世 いいじゃないですか。 山田 いや……。 虹組 でも、オーディションは受けてもらいますよ。 東村 まずワークショップ来て。 虹組 ワークショップに来なきゃいけない(笑)。 山田 そっから始めっか(笑)。 虹組 (笑)。 山田 そっから始めっか、ダンスか、ボックス部か(笑)。 乙君 むっちゃおもろいやん。 久世 めっちゃおもしろいですよ、それ。 虹組 玲司先生がワークショップ来たら緊張するな(笑)。

  
×
×
×
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
『エンタの神様』戦国時代を生きた芸人、今は“差別”を受けている? 東村アキコの相棒の芸人がヤンサンに登場

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る