logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

【書き起こし】「小池新党とボタンの掛け違いがいくつもあった」 辞任表明の前原代表、民進党の両院議員総会で謝罪

【書き起こし】「小池新党とボタンの掛け違いがいくつもあった」 辞任表明の前原代表、民進党の両院議員総会で謝罪

民進党は10月27日に両院議員総会を開きました。党代表・前原誠司氏は所属議員に衆議院選挙について謝罪。総会冒頭の前原氏の表明を書き起こしでお届けします。

シリーズ
民進党 両院議員総会 10月27日
2017年10月27日のログ
スピーカー
民進党代表 前原誠司 氏
参照動画
【前原代表 出処進退を表明か】民進党 両院議員総会 冒頭挨拶 生中継

つらい立場での選挙を強いてしまった

前原誠司氏 みなさんおつかれさまでございます。まずは総選挙、みなさん方、一生懸命に戦っていただいたことに心から敬意を評したいと思います。また、衆議院で勝ち上がられたみなさんおめでとうございました。心からおよろこびを申し上げたいと思います。 まずは私のほうからお詫びを申し上げたいと思います。先ほど中川(正春)両院議員総会長からお話がございましたように、前回の両院議員総会におきましては、3つの項目というものをお決めをいただきました。 その中では民進党の公認をすべて取り消して、希望の党へ合流すると。こういった方針をお決めいただきましたけれども、まず1つのお詫びはすべての方々が公認を得られなかったこと。努力をするということを申し上げたことを叶わなかったことについて、お詫びを申し上げたいと思います。 そしてその上で、その結果として新たな政党ができるということになりまして、結果的にみなさん方には非常につらいお立場で選挙を強いることになったということについて、お詫びを申し上げたいというふうに思います。 そして3つめ、なによりもそのことによって野党が、言ってみれば1対1の構図に持ち込めなかった。そして安倍政権に対する批判が強かったにもかかわらず、結果として3分の2を許す結果になったということについて、心からみなさまにお詫びを申し上げたいと思っております。 その上で、みなさん方にお話をさせていただきたいことは、まずは1点だけであります。私は、政治は結果責任だと思っております。この間の1ヶ月前の両院議員総会での決断については、これは結果が伴わなかったわけでございますから正しかったとは言えない。 しかしながら、私はあのとき悩みに悩んで、民進党からの離党者が多数出る、そして新たな政党、小池新党ができる。新たな離党者が予測される。この中で野党共闘を仮にしたとしても、一部の地域を除いて惨憺たる結果となっていたのは間違いないと私は思っております。

希望の党とのボタンの掛け違いがあった

しかし、その小池新党との合流について、結果的にボタンの掛け違いもいくつかありまして、結果が伴わなかった。この世界は、あらためて申し上げますけれども結果がすべてでございますので、私は責任を痛切に感じております。 したがいまして、今日お話をさせていただくことについては、まずはみなさん方に心よりお詫びを申し上げた上で、一定の方向性を定めた上で、私自身は辞任をさせていただきたいと、こう思っております。 一定の方向性というのは後でご提示をさせていただきたいと思っておりますけれども、なによりも再来年の統一地方選挙、そして参議院選挙を考えたときには、もう一度われわれは一強多弱をどうして壊していくかという、そういった責務があると思っております。 それに対してどういった行動を取るかということが、おそらくそれはいろんなお立場の方々もおられると思いますけれども、みなさん方の共通したご認識ではないかと思います。その上で、みなさん方はもちろん「責任を取る人間がすべてを決めるな」というご意見もあるでしょう。 しかし、特別国会を前にする中で、一定の方向性を決めた上で私は辞任をさせていただき、新たな執行部のもとでスタートを切っていただくということが大事なことではないかと思っております。したがって、後で段階が切り替わった段階で、私の考え方をお話をさせていただきたいと思っております。 とりあえず、この1ヶ月間、みなさん方には選挙を戦われたみなさん方も、衆議院の候補者のみなさん、そしてバッジをつけられたみなさん、そして応援をいただいた参議院のみなさんも、大変心中複雑な中で、そして大変な逆風、あるいは「違ったではないか」という思いの中で、この厳しい選挙を戦わせることを強いてしまったこと。そして結果がこのような3分の2を越える状況になったことについて、民進党の代表として痛切に責任を感じております。 心からみなさんにお詫びを申し上げます。申し訳ありませんでした。

  
×
×
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
【書き起こし】「小池新党とボタンの掛け違いがいくつもあった」 辞任表明の前原代表、民進党の両院議員総会で謝罪

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る