logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

就活生は「まずは夢がなくてもいい」 働くことを楽しむために、養うべき“5つのC”

就活生は「まずは夢がなくてもいい」 働くことを楽しむために、養うべき“5つのC”

”はたらく”を考える学生のための特別授業「CAMP SUMMIT2017」が、8月7日に開催されました。第1部となる本パートでは、CAMPのはたらクリエイティブディレクターの佐藤氏が学生たちの前に登場。入社後3年以内に、約30%が離職すると言われる労働市場の問題点を踏まえて、”はたらく”の現状と対策をレクチャーしました。

シリーズ
CAMP SUMMIT 2017 ~はたらくを楽しむ人 の流儀~ > 就活をやめることから、始めよう。
2017年8月7日のログ
スピーカー
パーソルキャリア株式会社/CAMPキャプテン はたらクリエイティブディレクター 佐藤裕 氏

5つの社会人基礎力

IMG_3620 (1) 佐藤裕氏 そして、これはぜひ、メモをとっておいてください。社会で必要とされる能力というのは当然あります。もうちょっとわかりやすくいうと、面接で見られるポイントかもしれないですよね。または研修で、「あ、俺やばいな」と思わずに、ちょっとついてけるかなというベースですよね。この力というのは、例えば外資系さんを希望してるかたは5つのCと覚えてください。5つのCですね。 Critical Thinking。Character。これがどういう力なのかということを知らなかったら、たぶんその能力は伸びません。 なのでまずは、例えばCritical Thinkingって何か。絶対必要な力なのか。調べると、「批判的能力」「物事をいったん批判的に捉えて自分で解を導き出す」と出てきます。ということを知ったら「え、じゃあ社会人っていつCritical Thinking使ってんの?」というふうにリアルが知りたくなります。そして、みなさん自身をどう伸ばすかということがわかってきます。 712A6992 (2)
この5つの社会人基礎力をもうちょっとわかりやすく言葉にすると、コミュニケーション能力、印象力、空気を読む力とか。
このへんがポイントになってくるんじゃないかと思います。もっとたくさんありますよ。ただこのへんをベーシックに考えることがとっても重要であると思います。

大学生活そのものに開発ポイントはある

間違っちゃいけないのは「じゃあ全部スタートしましょう」というのは違うんですね。冒頭に言ったように、人によって伸ばすべきポイントが違うんです。なので、2ランク上の世界に行ったときに「あれ、実は俺コミュニケーション能力が強いと思ったけど強くないんだな」と気づいて、「じゃあコミュニケーションを伸ばす方法はなんだ」とか。 「じゃあ私は伝達力がないのか」というふうに、開発ポイントは個人でぜんぜん違います。それをまず理解することをやってほしい。 で、これをどこでやるのかというのは、例えば社会人に教えてもらうこともあるだろうし、CAMPに来ればいいんだけど。でも実は大学生活そのものに開発ポイントはあります。 例えば、みなさんの頭のなかで、自分の大学で履修してる授業で一番つまらない、眠いっていう先生を頭に浮かべてください。……浮かべてんだろうなと思ってますよ、僕はね。さあ、その先生の90分、圧倒的に寝たいじゃないですか。でもその90分我慢してその先生の話をめちゃくちゃ聞いてると、なんと、Critical Thinkingが伸びます。 そんないいことあります? 90分4,000~6,000円払ってるんですよ。4,000~6,000円払って、その先生の話聞いてると、能力伸びるんですよ。「働くを楽しむ」の準備ができるんですよ。 なぜそれが伸びるかじゃなくて、そういうことを理解してほしいんです。大学生活ってそういうフィールドなんだって気づくと、学校への参加の仕方、バイトの選び方、働き方が変わってくる。そういうことに気づくことが、ポイントかなと思います。

未来について勉強すべし

そして、なかなか学生団体でもやってないかもしれませんが、未来志向ということが今のみなさんにはテーマなんだなと思っています。就活では学生って過去に行きがちなんですね。「過去こうだったから、過去のあこがれがあります」ではなくて、やっぱり今の時代は未来志向です。 市場がどんどん変化していきます。例えば、2025年ってどんな社会かということを一瞬調べたりするだけで、ゾッとするかも知れません。このへんは、経済学ではなくてしっかりと勉強してほしいんです。自分の人生のために。 2025年、みなさんは20代後半でしょう。今の日本の成長率をキープしようと思ったら、みなさんどんな状態になっているでしょうか。働くを楽しんでいたり、家族を持ったり、一番調子がいいときです。そのときになんと、日本で働く人が600万人も足らなくなるんです。日本が「まずいね」ってことが始まる年だったりします。 ということをわかっていると、今からどんな力をつけたほうがいいかということもわかる。そしてみなさんが55歳前後、今度はもう家があって車があって孫がいてなんてときに起こること。2050年ってどんな世界なんですか。 それからこの10年に起きること。AIがどんどん今のマーケットを取ってくんじゃないかって話がありますね。そんなことが現実に起こるかどうかじゃなくて、それを未来志向として捉えること。「そんなこと起きたらどうしようかな?」と。 で、2050年は人口が8,000万になってますね。働く人が6,500万人から4,000万くらいになってます。働く人が半分ぐらいになって、おじいちゃんおばあちゃんに若者がいないとなったら、まあまあ貧困国かなと。 そう思ったときに、やっぱり人は安定したいじゃないですか。そうすると、安定というのは大きな会社に入ることじゃなくて、自分に力をつけることが安定なんだということに気づく。そしたら、じゃあどうやって力をつけようかなということが見えてくるんじゃないかなと思います。

「市場の変化」×「あなたのライフデザイン」

ここで、シンプルな例えをお伝えします。みなさんが見てる佐藤裕さんをですね、一瞬で内閣総理大臣だと思ってください。……ね。目が合わないですね。 佐藤内閣総理大臣ですよ。僕が、発表します。「オリンピックが終わったら残念ながら日本は消滅することになりました、ごめんなさい。以上」と。 そんなこと言われたら、みなさんは自己分析の結果こんな仕事をしたいとか、憧れてたのでこんな仕事をやってみたいとか、言いますかってことなんですよ。英語ができない人、どうしましょう。今日から英語を勉強すべきですよね。 ここなんです。ぜひみなさん、1回自分でこの方程式を当てはめてください。 「市場の変化」×「あなたのライフデザイン」。 この掛け算をすると出てくるイコールはみなさんが過去に思っていた「これやりたいな」「ここいきたいな」じゃなくて、「これやるべき」「行くべき」という答えが出てくる。なので、「市場の変化」×「あなたのライフデザイン」はあなたが行くべき業界だし、やるべき仕事、逆算なんですね。 なので、未来が見えないかもしれないけど、どこまで自分で先読みするかってことなんですね。見えないけど見るんですよ。ということを普段の生活からアンテナ張ってるといろんな情報の組み合わせで見えてきたりします。 今日は感覚でいいです。「ああ、そういうことが起きるんだ」「そういう感覚で一歩進むんだ」ぐらいのことを悶々として持って帰っていただけると、考えるきっかけになるかなと思います。

「働くを楽しむ」ために大切な3つのこと

では最後になります。「働くを楽しむ」ためにということなんですが、ちょっとまとめましょう。今日1、2、3パターン言いました。就活終わってる人も関係なくすべての大学生にとって今大切なことは、まずは自己理解です。自己理解のなかに自己分析も含まれていますから。まずは自分のことを正しく理解して、自分のことを人にちゃんと伝える力ですね。 その上に自己理解。今自分はどんなコンディションですか、ウソつかなくていいですよぜんぜん。夢が無くたってぜんぜん格好いいし、いいんですよ探してても。そういう今のコンディションを、ちゃんと言葉にすること。 それから、自分の能力ですね。自分が思ってる能力じゃなくて、2ランク上の世界でみた自分の能力が、どこが伸びていてどこが伸ばさなきゃいけないのかということに気づくこと。これが1つ。 そして2つめ。リアルな社会を見ると。就活生はなんとかチャンネルとか、なんとか日記なんて行きがちなんですけど、そこリアルですか? 本当にリアルな社会を教えてくれる人を探すのはみなさんの力ですね。この人は、自分の会社に巻き込みたいから自分のことを褒めてくれてんのか、本当に社会のことを伝えてくれてんのか。というのは、みなさんがちゃんと意識をもっていろんな社会人を見ればわかってきます。 そして3つめ。社会が求める能力。さっきみなさんが写メ撮ってましたけど、ああいった能力を自分と照らし合わせること。 この3つの作業をまずしていただけると、「じゃあ、どこから始めようかな」「じゃあ、どうしたらいいんだよ」という疑問が出てくる。もっと欲しくなってきます。これが今大切なんじゃないかなと思います。

「大学生活でどれだけポケットに詰め込んでいるか」を人事は見ている

そして、これは人事という立場からのメッセージかもしれませんが、(スライドを指して)みなさんは総体でいうとこんな感じなんです。「毎日が百貨店の無料サービス状態」、もうパニックの状態ですよ。こういう4年間を過ごしてるはずなんですね。 つまり大学院には世界で一番の人もいますよね。ドクターとか先生方。その人たちからなんの情報を取り込んでいますか? 人事というのは面接でみなさんの経験を聞きたいわけじゃないんですよ。だって初めて会った学生のバイトリーダーの話を聞いてなにが盛り上がるの、と。 でも聞くんですよ。つまり、みなさんがそのポケットのなかに、カバンのなかに、どれだけ大学生活でいろんなネタを掴んで入れてるか。簡単に言うと、その詰め込み具合を評価したいということなんです。 でも多くの学生が空っぽで「いや、ポケットのなか入ってますよ」「カバンのなかめっちゃ入ってますよ」というテクニックを使う。すぐバレますね。なので、大学生活にはいろんなチャンスがあるんだということを意識して見渡してください。いろんなことが見えてくると思います。 そして最後は、みなさんこの2、3週間、日々がなにに支配されてましたか? 24時間支配されたものはたぶん、試験だと思うんですね。あの感覚ではなく、みなさんはこれから本当に見つけたい夢とか目標とか働くっていうことに毎日が支配される感覚。これになったら間違いなくさっきの6パーセント、働くを楽しめる、そんな社会人になりますから。 まずは夢、無くてもいいです。ない人は「どうやって探すんだ?」ということに走ったらいいし、目標も同じ。無理な目標はいらないし、そのコンディションを把握してください。 みなさんが本当に「働くを楽しむ」ってことは、働くって感覚が飛んで、日々が自分の夢とか目標で支配されてる状態で過ごせることが、本当に「働くを楽しむ」、6パーセントに入ることなんです。ぜひそういう感覚を、今わかんなくてもいいから、そうなんだと理解していただくことが重要かなと思ってます。 では第1部、私からは以上です。今日は繰り返しですが、この会場を出たときに、この私の45分と50分でもいくつか刺激があったらうれしいと思います。それからこのあと、普段では絶対に会えない人事の方々が来てます。そのあとは川栄さんの「働く」を聞きます。その刺激をどうやって自分に取り込んで刺激を与えて一歩踏み出すか。 300人くらいいます。みんながバラバラの方向に進んでもぜんぜんいいです。横の人の真似をする必要はないということを、言葉にして帰ってほしいなと思います。必要な質問があれば、Twitterであげてもらえれば拾いますから。ぜひ、残りの第2部第3部の話を、そんな気持ちで聞いてほしいなと思ってます。 では以上になります、ありがとうございました。 (会場拍手)

  
×
×
×
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
就活生は「まずは夢がなくてもいい」 働くことを楽しむために、養うべき“5つのC”

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る