logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

VALUで資金調達 効率よく集めるための戦略はどうすればいいの?

VALUで資金調達 効率よく集めるための戦略はどうすればいいの?

VALUの始め方をレクチャーするYouTubeチャンネル「おさとVALU」。本パートではVALUを売る際、効率よく資金調達するにはどうしたらいいかを紹介しています。

シリーズ
おさとエクセル
2017年8月7日のログ
スピーカー
長内孝平(おさ) 氏
参照動画
おさとVALU【#013】効率の良い資金調達をするための売却戦略 | バリューの使い方(売り方編)

効率よく資金調達するには

おさ氏 みなさんこんにちは。「おさとVALU」のおさです。今日は売り出し方の基本戦略ということで、みなさんが自分のVALUを売るとき、どう売却すれば効率よく資金調達できるかをご紹介します。 まずよくある戦略の1つは、自分の売り出し価格をその日のストップ高にして、少しずつVAを放出するやり方です。 youtu.be-image (31)
つまり、画面を見ていただくとわかりますが。
youtu.be-image (32)
こちらのスタッツを見ると、年初来安値で僕のVALUは0.00167ビットコイン(BTC)でした。
youtu.be-image (33)
一方で現在の価格は、0.01BTCですね。要は最初に僕のVALUを買った人は約10倍ほど得をしたことになります。
youtu.be-image (34)
私がどのように売却してきたのかを画面の図で見ることができます。こちらは1週間の僕のBTCの売却の状況がグラフに現れてますね。6月11日から7月23日、というかたちでこれは1週間以上遡ってますが、どんどん右肩上がりのグラフが見えるかなと思います。
こちらはVALUの仕様設計上、まず売り出し価格が0.0016BTCぐらいが僕の売り出し価格でしたが、それが最初決められています。 その価格でしっかり売ったあとに、1日の取引制限価格幅が前日終値の75~150パーセントと決まっていますので、その価格でどんどん売り出していくかたちですね。ですので、グラフの幅が広がっているのかなと思います。 150パーセントベースでストップ高の設定ができるのが現在の仕様となっています。ですので、資金調達を目的にVALUをするならVALUの価格をある程度まで高くした後に、ある程度の量を売り出すという戦略がまず1つの売り方になります。今日は以上です。

  

おさとエクセル

おさとエクセルは、マイクロソフトエクセルを無料で学べるユーチューブチャンネルです。自己成長を求める20代・30代のビジネスマンによく見られています。これまでに1,000,000分を超える視聴再生が行われ、コンテンツ高評価割合も99.9%を獲得。ビジネス系ユーチューバーのおさが、総合商社で働く日常の合間をぬって、関数やショートカットをわかりやすく解説しています。

「おさとエクセル」シリーズでは「ビジネススキルを活用できる個人を増やすこと」をミッションにしています。数字を分析するためのツールとして、エクセル力を身につけ、圧倒的な業務効率と成果を手に入れましょう。合計100個の「おさとエクセル」動画は、毎回少しずつレベルアップしていきます。実際に見て聞いて、そのエクセルの凄さを体感して下さい。また、今話題のWEBサービス「VALU」やGoogleのクラウドサービスについても動画を公開。こちらも要チェックです。

おさとエクセル公式サイト

×
×
×
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
VALUで資金調達 効率よく集めるための戦略はどうすればいいの?

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る