logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

成功体験しか語らない自己PRの問題点とは? 就活前にリセットすべき「自分への勘違い」を解説

成功体験しか語らない自己PRの問題点とは? 就活前にリセットすべき「自分への勘違い」を解説

本格的な就職活動を前にした迷える現役就活生を、面接のプロが熱血指導する「究極の面接指南」シリーズ。面接官から次々に飛び出す厳しい指摘には、すべての就活生必見のヒントが満載です。就活生向け動画チャンネル「就活ファール!」。前回に引き続き、T大学の高橋氏が登場します。面接のプロが高橋氏に指摘したのは「失敗した経験が少なすぎるのでは?」。自分の成功体験しか語らない自己アピールの問題点について解説しました。

シリーズ
就活ファール! > 究極の面接指南
2016年10月16日のログ
スピーカー
株式会社JAM 代表取締役社長 水谷健彦 氏
株式会社働きごこち研究所 代表取締役 藤野貴教 氏
株式会社インクルーシブデザイン・ソリューションズ 代表取締役社長 井坂智博 氏
T大学 高橋 氏
参照動画
就活ファール!【面接#3-3】東洋大学 高橋飛翔くん:弱い奴としか戦ってこなかっ た自分。(究極の面接指南シーズン3)

「自分より弱い奴としか戦ってないよね?」

ナレーション 今まで気の合うメンバーとだけ集まり、去るものは追わず。それが社会でどう役に立つのか、と当然のことを井坂から言われてしまった。そして、この状況を見守ってきた水谷がついに口を開いた。 水谷健彦氏(以下、水谷) まあ、世界を広げたら、っていう印象なんだけど。 ca44bafa000a00ce268be3ee8311d4c6 高橋氏(以下、高橋) はい。 水谷 今大学でさ、サークルの代表もやってんだよね。そして、けっこう人がついてくる実感もあるわけでしょ。 高橋 はい、あります。 水谷 だからまあ、お山の大将。要は御することができる相手を束ねている。世界を広げたらっていうのは、とあるコミュニティがあってその中でボスになって……っていうのがあるじゃない。ボスになる、でももっとすごいボスも世の中にたくさんいるわけだしね。 自分が御される立場もあるわけじゃん。そこに飛び込めば飛び込むほど、自分のまだ足りないところとか、浅いところっていうのを実感して、ちょっと向き合い方が変わるじゃん。そういう経験がちょっと少ないのかな最近、みたいな印象なの。どうだろう? 高橋 少ないというか、ほぼないですね最近。 水谷 ということは、まあ連戦連勝なわけよ。弱い奴としか戦ってないよね。自分がいつも優位な状態、自分よりも頭の回転が劣る人たちに接している、だから自分は優れている人間だ、ね。 そういう気持ちがあるから、他人と接したときにそういうところがちらほら見える。それが良くない印象に繋がる。だからもっと負ける経験をしなきゃだめだし、今ものすごいんだったらいいけどそこまで行かないでしょ。 高橋 ぜんぜんです。 水谷 うん。

弱点を話す時、その人らしさが出る

ナレーション そして、藤野からもアドバイスが贈られた。 藤野貴教氏(以下、藤野) 自分の……なんてのかな、弱いところを話すとき、その人らしさが出てくる。そういうところをもう少し話してもいいんじゃないかなって思うので、よかったら失敗談とか悔しかった話をされてみたらどうかなと思いますけどね。 水谷 まあ、だから調子に乗っていると思われちゃうんだよね。 高橋 はい。 水谷 うん、本当に乗ってるかどうかはわからないんだけど。でも、にじみ出ちゃうっていうね、うん。それこそ本当に、自分が優位な状態でここ2〜3年生きてきちゃってるんだもんね。 高橋 はい。 藤野 地元じゃ負け知らずっていうレベルって感じ(笑)。地元出ろよみたいなさ、感じ。うん。 c67a1d0f4d7d3be852361a71d46e5a36

「俺が俺が!」という人と、人に寄り添える人、どちらになりたい?

ナレーター 最後に、これまで厳しい意見を述べてきた井坂と2人きりで話してもらった。 井坂智博氏(以下、井坂) これから組織とか社会とか、そういったところに出ていくと「俺が俺が」って奴が多いんだ、世の中。そっち側と、いやいやそうじゃなくて少しは自分だけじゃなくて周りのことも中心で考えてみようぜと。 相手の立場に立ったらば相手はどう思うのかな、ということを一生懸命考えてる人も社会や世の中にはいっぱいいるわけだ。どっち側になりたい?  b706db70614a8774c5549e3ae6b2f932 高橋 後者ですね。 井坂 いろんな考え方、価値観を持ってる人がたくさんいて、もちろんあなた自身を否定する人も中にはいるかもしんない。 そのときに相手はなぜいま自分のことを否定しているのかな、これまでの接し方でなにか要因があったのかな。そんなことを冷静に振り返ることができるようになる、むしろそういう人間になったらば、すごく周りから好かれると思う。その可能性は十分にあると思う。 高橋 はい、ありがとうございます。 井坂 そこをぜひ伸ばして、前を向いて頑張ってください。 高橋 はい、ありがとうございます。 井坂 はい、今日はお疲れさまでした。 760cd391a2c0ea65c722eede326ac777 高橋 お疲れさまでした。 井坂 お疲れさまでした。 高橋 ここまでやられたのは初めてですね。なんか今まで見えてなかった自分が見えてきた気がして、もっと自分のできないこととかにチャレンジしていけたらなとすごく思いました。

自分自身への勘違いは早くリセットした方がいい

井坂 まったく否定もされたこともないし、あえて失敗するというフィールドに自分から飛び込んだこともない、だから本当に安牌な場所でずーっとやりたいことをやっていた、と自分自身を勘違いしてるんだろうなと。 だからそこを早くリセットしてあげないと、この先大変なことになるだろうなと思ったので。 水谷 だから、敢えてあれくらい言ったんですね。 井坂 そうですね。 藤野 話している内容もけっこう立て板に水だし、そこは非常にいいところなんですよ。 でもその、話すのが上手であればあるほどそのかわいげのなさが目に見えてきてしまう。もともと持ってるこの話すのの上手さ、このかわいげをもっと出せたらすごい伸びてくのになあ。だからそれを伝えたかったって感じですよね。 水谷 1ヶ月後くらいに会いたいですよね。 井坂 そうですね、顔つき見ればきっとわかるでしょうね。 水谷 なんか、その部分さえ改善するとね。なんかやっぱり頭の回転も早いなと思ったし、喋りもまあ気持ち良くできるじゃないですか。だからいい人材に大化けする可能性あるなって思いましたけどね。 fff72e151319d6ba779ba69443961b97 井坂 そうですね。

  
就活ファール!
就活ファール!は、人事のプロによる面接指南や内定者からのアドバイス、企業研究など就職活動に役立つ情報が満載の就活バラエティ番組です。
【就活ファール!本サイトで全動画公開中!】
×
×
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
成功体験しか語らない自己PRの問題点とは? 就活前にリセットすべき「自分への勘違い」を解説

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る