logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

【書き起こし】小池都知事の定例会見 動画サイト『東京動画』開局に際し意気込みを語る

【書き起こし】小池都知事の定例会見 動画サイト『東京動画』開局に際し意気込みを語る

8月25日、小池百合子東京都知事が定例の記者会見を行いました。会見の冒頭では、東京都名誉都民候補者の発表と、女性起業家支援施策、そして東京の今を捉えた東京動画の開局について報告がありました。

シリーズ
小池百合子 東京都知事 定例記者会見 8月25日
2017年8月25日のログ
スピーカー
東京都知事 小池百合子 氏

参照動画
小池百合子 東京都知事 定例記者会見 生中継

栄誉都民の候補者4名の紹介

司会者 8月幹事社の東京MXのシライと申します。それではまず冒頭知事からよろしくお願いします。 小池百合子氏(以下、小池) 本日私から3本、まずご報告がございます。最初が平成29年度の東京都名誉都民候補者の選定についてのお知らせでございます。今年度の候補者は4名でありまして、まず有馬朗人さん、猪谷千春さん、草間彌生さん、黒柳徹子さん。この4名のみなさま方を選定いたしたところでございます。 みなさん有名な方々ばかりでございますが、まず有馬さん。物理学の研究で優れた業績を残されておられると同時に、俳句を詠まれるということで俳人としても活躍されておられます。また世界の方々に日本人の感性そして文化の魅力を俳句を通じて伝えて来られました。 なによりも東京大学の総長を務められたこと、文部科学大臣として日本の教育振興に貢献をされたなどなど、本当に多方面に渡ってご活躍されてこられた有馬さんの功績というのは非常に多大であるということでございます。ちなみに有馬先生のおじいさんのお兄さんが東京都都議会議長、初の都議会議長を務められたということで東京都議会にも縁があるようでございます。 お二人目が猪谷さんでございます。猪谷さんは国際オリンピック委員会の委員としてもスポーツ振興にも寄与されました。有名でございます。イタリアのコルティナダンペッツォでの冬季オリンピック競技大会において銀メダルを獲得されておられます。これが日本人初の冬季オリンピックでのメダルとなったわけであります。 ご引退なさったあとは民間企業に勤めるほか、今申し上げたようにIOCの委員としてスポーツ振興に寄与され多くの都民に夢を与えて来られました。 3人目は草間さんでございます。水玉それから網目の模様などを用いた独創的かつ個性的な作品を次々と発表されて、確かルイヴィトンでしたかしらね、素晴らしい草間バージョンのバッグなども登場しておりました。 世界中で大規模な個展を開催して大変人気が出て、そして前衛芸術家として長年に渡ってお元気に活躍しておられます。現在も革新的な芸術表現を求めて時代の最先端を走り続ける姿というのは、私の目から見てもかっこいいなぁというふうに思うところでございます。 それから4人目が、こちらもご存知の黒柳徹子さんでいらっしゃいます。テレビの草創期から第一線でご活躍、そして幅広い世代の方々に親しまれて愛されている方でございます。また社会福祉法人でトットちゃんのトット基金を設立をされたり、ユニセフ親善大使をお務めになったりと大変社会貢献にも積極的に取り組んでこられました。長きに渡り幅広い分野でご活躍され、そのお姿というのはまさに人々に希望そして活力を与えてこられたものと存じます。 ということで計4名の方々の素晴らしいご功績というのは都民が敬愛をしまた誇りとするものだと、このような認識のもとで次の定例都議会でご同意をいただくかたちで顕彰式を行う予定といたしております。どうぞよろしくお願いを申し上げます。

女性起業家の支援

続きまして女性起業家の支援に関して、女性のベンチャーですね、そのみなさんを育てていきたいという政策の一環でございます。女性起業家の中で国際的に幅広い事業の発展・展開を考える方、それから社会的な課題の解決に役立つ事業を広げていきたい方などなど、こういった方々を積極的に応援するプログラムを行うというものでございます。 これを通じまして東京発の起業家の事業が成長・発展していく、そしてその様子をホームページなどでより広く発信することで、また都内の女性が起業するという面で、みんながそれでまた発奮をすると一層のスケールアップができるように後押しをすることを目的としております。 このプログラムに参加する女性の起業家を今日から公募させていただきます。私はこういう起業をしたい。こんなアプリで女性の活躍をもっと応援したいとかですね。こんな発明をしたい。それからパン屋さんのチェーン店を作りますとか。そういった女性活躍をして女性が働く場を自ら作っていく。 多くの女性起業家の企業を見ますと、働いている女性が子育てをしやすくするためのいろんな工夫をしたりという例も多々ございます。そういったことからぜひ多くの方々に応募していただいて、そこから巣立っていただきたい。それを見てまた次の新しい女性起業家が育ってほしいということでございます。

起業家の募集を開始

今日から公募いたしますが、応募者の中からまず20名を選定いたしまして、10月から3ヶ月間第一線で活躍中の先輩起業家のみなさんであるとか、投資家のみなさんからの講義を受けていただいたりといった、それぞれのビジネスプランへの助言なんかを実施するということでございます。メンターをちゃんと付けて、企業として真に花開くようにサポートをするということであります。 参加者のうち事業展開の将来性などを踏まえて選んでさらに10名に絞り込みますけれども、その方々については、海外で女性起業家というのは非常に活躍して新しい分野を女性のアイデアで作るという例はたくさんあるわけですが、そういった方々との接点を持っていただいてさらに刺激を受けて、そしてそれを日本風にアレンジなどをして、成功していただきたいという想いであります。 海外で創業をサポートする現場に触れるという機会も用意をしていきたいと考えております。この事業でございますけれども、海外の投資家などにも効果的に発信をするということで、名称をAPT Womenと書いて、Acceleration Program in Tokyo for Womenと。APTというのはですね、才能があるとかそういう意味がありますので、縮めてAPTという言葉に結びつけてこの事業をお知らせをするものでございます。 ということで、高い志を持つ女性たちの努力が順調に進みますようにという願いが込もったこういう名称となっております。 スクリーンショット 2017-08-28 17.30.08 これがロゴでございますけれども、七宝つなぎという日本の伝統的な美しさをモチーフにしたロゴも作成いたしております。 こうやって女性が活躍をするということは、ダイバーシティということをよく申し上げておりますけれども、そういう中でさらにはダイバーシティとスマートシティを組み合わせて女性に発奮をしていただきたいということでございます。 幅広いPRに結びつけるために9月29日にキックオフイベントを開催する予定でもございまして、私も出席をいたしまして数多くの女性の起業家また起業を目指す方々にエールを送っていきたいと考えております。 ちなみに私はジャーナリスト時代にはずっと女性の起業家とか女性の管理職を取材をいたしまして4ページくらいに渡る取材をやっておりました。そのあとそういった中から女性のリーダー達もずいぶん出ておられますし、こういったテーマにつきましては私自身も長年手掛けてきたということでぜひここから、東京は女性ベンチャーの街になるくらい育てていく、そういう環境作りをしていきたいと思っております。

東京動画を開局

3つ目は広報関係であります。東京都の公式動画チャンネル『東京動画』というサイトをいよいよ開局する運びとなりました。今日も地上波の方々とかネット中継の方々とかいらっしゃいますけれども、強力なライバル現るということで、よくウォッチしていただきたいと思います。 特設サイトはすでに6月の時点からスタートいたしておりますけれども、今日はいよいよ本格開局の運びとなっております。開局時の主なラインナップでございますけれども、これまでにない切り口の番組を目指すということで、そしてその中で都政をわかりやすく発信をしていくというそういう動画を用意いたしております。 例えば、都の施策を若手の職員たちがわかりやすくちょっとユーモアも交えてプレゼンをする番組であったり、そして知っていると役に立つ、東京でこういういい場所があるとかここに相談すればいいといったような行政サービスを紹介していく番組を配信をすることといたしております。 若者の間で人気のシンガーソングライターの方に東京都の歌、私これ歌えないんですけど練習します、これから(笑)。『東京都歌』っていうのがあるんですけれども、これをアレンジして歌っていただくような企画もございます。 職員が都内を巡りまして自らがカメラマンとして撮影してきた都民の方々のラジオ体操動画もこの中で発信をしていく予定といたしております。私が出席をいたします各種会議、視察の模様といった映像なども続々と公開をいたしますし、それからこちらから発信するのと都民のみなさまからいろんな動画を投稿していただこうというふうに思っておりますので、ぜひお寄せいただきたいと存じます。

都政のビビッドな動きを伝えられるように

東京都として、これまでも動画は各部局でずいぶん作っております。作っているんですが、それをもう1度掘り起こして全部アーカイブにまとめるとなんと1,000本にものぼるということでございまして、これを簡単に検索できるようにして、せっかく作ったそういう動画も埋もれずにまた見ていただくということを進めていきたいと思っております。 動画というのは最近はとくにわかりやすいということでよく発信の手段として使われるわけですけれども、ときにはプロにお願いして完璧なものを作ると同時に、職員がカメラマンとしてまたはプレゼンテーターとして発信をするというようなかたちで、カメラマンになったりプレゼンテーターになったりということで職員も都民のみなさんに伝えるというそういう意識をそういった活動を通じてさらに強めてもらいたいと思っています。 ちょっと今日、動画のところを。 (ラジオ体操動画が流れる) スクリーンショット 2017-08-28 16.49.55 (画面を指差しながら)副知事(笑)。なぜか定食の前で(笑)。やわやわ系職員。目線がそのままっていうのもなんか怖いよね(笑)。江戸博。大塚病院。……と、これ3分間続きますので。画面はそのままで音は小さくしてお願いしたいと思います。 とういことで延々続きますけれども、これからいろんなテーマごとにそれぞれの曲で動画を撮って、それをチャチャッと、いまどき大学生でも編集しますので、そういうかたちで都政のビビッドな動きをお伝えできるようにしていきたいと思います。 スクリーンショット 2017-08-28 17.24.48 (画面を見て)あ、これ私も。のびのび系東京都知事って言ってますけど(笑)。キビキビ系職員、これどこだろう? 都庁記者クラブのみなさんもそれぞれ会社ごとにでもけっこうですので、どうぞ動画を投稿していただきたいと存じます。つい見ちゃいますね。一応消しますかね。 ということで私からのご報告は3本でございました。

  
×
×
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
【書き起こし】小池都知事の定例会見 動画サイト『東京動画』開局に際し意気込みを語る

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る