logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

なぜ、いまグミが人気なのか? グミメーカー4社が明かす「話題」を生み出すプロモーション戦略

なぜ、いまグミが人気なのか? グミメーカー4社が明かす「話題」を生み出すプロモーション戦略

2017年8月4日、Nagatacho GRIDにて、日本グミ協会と大手グミメーカー4社共同で、9月3日の「グミの日」に向けた共同プロモーション発表記者会見、公開GUMMITが開催されました。イベントでは、日本グミ協会会長の武者慶佑氏と声優の黒木ほの香氏をモデレーターに、グミメーカー4社の担当者が一堂に会してグミにまつわるグミ裏話を語り合う「グミトーク」や、グミの日に向けたさまざまな施策の発表が行われました。本パートでは、グミメーカー4社がグミにまつわるあれこれを語り合うグミトーークを展開。「グミの日を根付かせるには?」というプロモーション視点のテーマから、登壇者の個人的なエピソードが飛び出した「衝撃を受けたグミは?」というテーマまで、担当者ならではの濃ゆいグミ話が繰り広げられました。

シリーズ
公開GUMMIT
2017年8月4日のログ
スピーカー
カンロ株式会社 代表取締役社長 三須和泰 氏
春日井製菓販売株式会社 加藤玲奈 氏
カバヤ食品株式会社 森陽子 氏
カンロ株式会社 入江由布子 氏
UHA味覚糖株式会社 十河佑樹 氏
株式会社CANDY・A・GO・GO 代表取締役 落合琢 氏

■モデレーター
株式会社シェアコト 武者慶佑 氏
声優 黒木ほの香 氏

メーカーが考えるグミ人気の背景

武者 では、ちょうど日本グミ協会がTwitterとかインスタをやっているので、次のテーマ「グミの広がり方」について聞いてみたいと思います。先ほど、(カンロ株式会社の)三須社長から、グミの市場はここ10年で1.5倍ぐらいになってきた、というお話がありました。 IMG_9335 じゃあグミは、どうやってみなさまに広まっていったのか? その歴史的な部分や、メーカー様独自の知ってることなど、裏話があればと思います。ソーシャルメディアというと、ピュレグミさんはTwitterを活用されていますが、入江さん、そのあたりはどうですか? グミの広がり方とか。 入江 今、このグミ好きの方々を目の前にしてどういう広がり方だったか、というのもなかなかあれなんですけれど。やはりグミは日本のお菓子のなかではチョコレートとかビスケットに比べると歴史が浅いので、若いパワーでけん引してもらっているという側面はすごくあると思いますね。 gumi1 今もSNSが主流になってきているので、新しいグミを見つけたら、みなさんがすごい発信してくれたり。メーカーからいろいろ広めていくというよりも、みなさんからの情報でどんどん広がっていく、というのがすごくあるなと思ってます。 武者 どんな方が買っているかなど、印象はありますか? メーカーさんによって違うんですかね? 入江 今日はすごくいろんな方がいらっしゃっていますが、最初は、女性のほうが多かったんですよね。やっぱり女性がグミを買っているというイメージだったんですけど、最近は武者さんをはじめ、男性のグミ好きの方々がすごく増えている印象がありますね。 武者 すいません(笑)。

SNSで話題になるプロモーションを

武者 でも、その女性を中心としたマーケットというイメージはなんとなくありました。かわいいパッケージだし、ちょっと小腹みたしにとかコラーゲンとか。そして女性のなかでもかなり若い方に向けてやってるのかな、というイメージがつぶグミさんにはあります。 例えば原宿なんかで「でかつぶグミ」をやっているじゃないですか? そのあたりつぶグミさん的にはどうですか? ソーシャルで若い人への広まり方を意識したり。 加藤 つぶグミ的には、やはり10代の方など、若い方をメインにしてコミュニケーションをとれるようなプロモーションをやっていきたいと思っております。やっぱり、こんな見た目ですので。  gumi2 (会場笑) 武者 かわいい、かわいいですよ。 加藤 若い子にはぴったりだなあと、思っているところもあります。なので、主に10代の方に向けてやっていきたいな、と。彼らはInstagramやTwitterなど、SNSとの親和性がとても高い世代だと思うので、グミ自体を盛り上げていってくれているという思いがありつつ、感謝しながらやらせていただいています。 武者 今日は早稲田大学のつぶグミ同好会の方もいらしてますけども。 加藤 はい、もうアイコンタクト済みです。 (会場笑) 武者 もうアイコンタクト済み(笑)。さすが。大学×つぶグミというのは、商品自体のコスパがいいというところからも、けっこう多いですよね。 加藤 ですね、そういったご意見もありがたいことにいただいております。

発信だけでなくユーザーの声のキャッチアップも

武者 では、森さん、十河(そごう)さんにもうかがってみたいんですが、グミの広まり方についてはどうですか? 何かいろいろされてるかと思うんですけど、SNSなど。  はい。やっぱりSNSを通じてグミを広めるということは、弊社でもやっております。 gumi3 グミっていろんな食感があって、いろんな味わいがあってすごく楽しいので、「いろんなものを食べてみよう」、そしてその感想を発信してくださる方がたくさんいらっしゃいます。そういった意味ではSNSでの発信というのはとてもありがたいなと思います。ぜひぜひ、いろんな感想を、みなさんに広めていただきたいなと思っております。 武者 ちょうど、映画ともタイアップされてますし、ピュアラルグミもタフグミも、たしかにフォトジェニックであるな思うんですけども。どうですか? (十河さん)、言いたいことあるんじゃないですか? 十河 そうですね、弊社は逆にSNSから情報をいただいてる部分もあります。 gumi4 例えば、コロロをワインのなかに入れるとか、サイダーのなかに入れるとか。そういった楽しみ方を消費者の方がされていて、それをSNSにアップしていて、「こういう楽しみ方をされているんだ」というのを、うちの会社自体が参考にしている部分もあります。 逆輸入みたいなパターンですね。そういった部分もあるので、こちらとしても非常に参考になりますし、SNSはありがたいツールだな、と思ってます。 武者 なんか、すごい堅い感じでおっしゃってましたけど、今日はぷっちょ部長もいらっしゃってますよね? 彼、オフィシャルなのに相当はじけてますけど、SNSは堅苦しくやってるんですか? 十河 いろいろおもしろいことを、ああいう感じであげる会社ですので。 武者 味覚糖さんは、とにかくSNSで……。 黒木 暴れてますね。 武者 見たことあります? 黒木 少しだけ拝見しました。 武者 ぷっちょ部長よろしくお願いします。 黒木 はい。こちらこそよろしくお願いします。

グミを食べ始めたのはいつ?

武者 ここまで広まり方についてお話しいただきましたが、どうでしょう。みなさんはグミをいつごろから食べはじめた、ってあります? ここにいる方は若いとは思いますが、たぶん10歳以下から食べてたよっていう方手挙げてもらえますか?  (会場挙手) 武者 はい、3分の1くらい。じゃあ、10代になってから「学生のときに食べたなあ」という方、どうですか?  (会場挙手) 武者 いかがですか? 「すいません、実は最近です」みたいな、20代、30代の方。もう大人になってから食べた。 (会場挙手) 武者 食べたことない方? (会場笑) 武者 大丈夫ですね。よかったです(笑)。前のほうの方が手を挙げないので。僕はいつ食べはじめたのか気になってるんですけど。聞いていいですか? はい、いつ食べはじめたんですか? 参加者 ちっちゃいころから。 武者 あ、手挙げてくれてた、すいません見てませんでした。 (会場笑) 武者 というふうに、たぶん若いころから。さらにこの5年ぐらいでSNSが出てきたところから、あるかもしれないですね、

グミの日が根付くにはどうすればいい?

武者 はい。では、次のテーマにいきたい思います。わりと本題です。「グミの日が根付くには?」というテーマなんですが、グミの日、どうやったら根付くんでしょう? あまり知られてなかった10年間でございますが。十河さんどうですか? 十河 ちょっと耳が痛いですけれども(笑)。 武者 すいません(笑)。 十河 もちろん、会社としてプロモーションをかけていくことも重要です。ですが、やっぱりいい商品をつくって、みなさんに食べてもらって、生活に根付かせていけば、自然と9月3日、夏休みも終わるし、「ああグミの日だ」って。 (会場笑) 十河 これちょっと大げさですが、生活に根付くという意味で、どんどん浸透していければいいんじゃないかと思ってます。 武者 入江さんはどうですか? グミの日、どうやって根付かせますか? 入江 カンロとしては、実は昨年、カンロだけで「ピュレグミパ」というちっちゃいグミパをやらせていただいたんですが、なかなか1社だけだと盛り上げていけないので、メーカーでタッグを組んで盛り上げていきたいなというのと、グミの日を何をする日にするか? というのをつくりたいですね。 武者 確かに。じゃあそれは追々考えていきましょう。森さん、どうですか?  やっぱりグミがおいしかったり楽しかったり、そんなふうに思う日がグミの日になったらいいな、とは思いますので、それに向けてメーカーとしておいしいものを出したり楽しいものを出したりというのを、積極的にこれからも続けていけたらいいなと思っています。 武者 新商品多いですよね。グミって自由で、かたちが定まってない、味も定まっていない、弾力や食感も定まっていない、いろんなものが定まっていない、自由な、でもなんとなくグミみたいな。そういうところもあるから、グミってまだまだ可能性あるかなと思います。 最後に加藤さんどうでしょう?  加藤 はい。グミ自体はここ20年ぐらいで広まってきたものだと思います。今の大人の方がちっちゃかったころって、あんまりグミの種類もなかったと思うんですけど。今の若い世代の子は、小さいころからたくさんのグミと触れ合っています。 そのたくさんのグミと触れ合った思い出とともに成長していってくれると、9月3日グミの日は、「僕も好きだな」「私も好きだな」と思ったまま大人になって、こうやってSNS等で広めていただけると、もっともっとグミも盛り上がるのかなと思います。いっしょに、メーカーのみなさまと一緒に盛り上がっていけたらと思っております。 武者 まずはせっかくつくってくれた語呂合わせの9・3、のグミぐらいはぜひ覚えていただいて、9と3といえばグミをすぐ思い出していただければ、毎日9時3分になったら思い出していただければと思います。 (会場笑)

グミメーカーが「衝撃を受けたグミ」

武者 以上で、いったんグミのテーマについては終わりなんですが、会場から質問もいただいております。1つ、2つ読み上げていきたいと思います。では、個人的に聞きたいことから。「壇上のみなさんが、これまで1番感動した、もしくは衝撃を受けたグミってなんですか?」という質問。ちなみに黒木さんはなんですか? 黒木 カンデミーナは本当に好きなんですけど、衝撃を受けたという意味では、UHA味覚糖さんのコロロですかね。 武者 あれね、革命だったかもしれない。 黒木 はい。新しすぎるって思いましたね。 武者 どうですか? じゃあ、加藤さん。何か、つぶグミじゃなくてもいいですよ。 加藤 衝撃を受けた、ですよね。私も、小さいころからグミオタだったので。 武者 グミオタ(笑)。 加藤 よく食べてたんですけど……。味覚糖さんのシゲキックス。ちっちゃいころに、お母さんに買ってもらって食べたんですけど。あまりの酸っぱさに衝撃を受けて、洗って食べてたんですよ。 (会場笑) 加藤 たぶん保育園くらいだったと思うんですけど、あの衝撃波いまだに覚えていて。インパクトのでかさで言えば、私のなかではシゲキックスかなと思いました。 武者 まさか物理的な衝撃がくると思いませんでした(笑)。 (会場笑)

お互いにお互いを褒める展開に

武者 じゃあ、そんな味覚糖の十河さんはいかがですか? 十河 僕が衝撃を受けたのは、うちの会社で言ったらコロロもそうなんですけど。他社様も含めると、僕が個人的に好きなのはピュアラルグミのリンゴ。「なんだこのふわふわ感は!?」って。 武者 これグミだったんだって。 十河 そういうことです。 武者 確かに、グミの弾力を裏切るグミですよね。 黒木 歯でつぶしたら、どっかにいっちゃう感じです。 武者 じゃあ、お2人にもせっかくなので聞いてよろしいでしょうか? じゃあ、森さんから。  はい。私がグミを食べはじめるきっかけになったのが、実はカンロさんのピュレグミで。一時期本当にハマりすぎて、ずっとレモンばっかり食べていました。もう酸っぱさとか、すべてがちょうどよくって。「グミってこんなにおいしいものなんだ」って気付いたきっかけをつくっていただいております。 武者 なんかこう、すごいですね。お互いがお互いのグミを出し合う(笑)。これ、最後につぶグミを出さなかったら鬼ですよね。 (会場笑) 加藤 気をつかわないで(笑)。 武者 気をつかわないで、お願いします。 入江 私がはじめて食べたグミは、ピュレグミなんですけど。衝撃を受けたグミは、ピュアラルグミの前身の、日向夏グミ。あれが出たときに「あ、房がある!」と思って。それでびっくりして、(グミで)房ができるんだ、って思いました 武者 たしかに。でも僕、あのふさふさ、ふさふさじゃない、ふかふかは、「どうしよう、認めていいのかな?」って思いながら。「まあでもグミって書いてあるからグミだな」って思いながら食べていました。ちなみに僕、貧乏時代はつぶグミさんにお世話になってました。 (会場笑) 武者 一応、このあたりで、グミトーークを締めさせていただきたいと思います。ここから、4社仲良くお互いグミのことを深めながら、グミの日まで盛り上げていきたいなと。思っております。みなさま、本日、ありがとうございました。以上でグミトーーク締めさせていただきます。ありがとうございます。 (会場拍手)

  
×
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
なぜ、いまグミが人気なのか? グミメーカー4社が明かす「話題」を生み出すプロモーション戦略

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る