logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

面接で話せない=なにもしていない 面接のプロが語る、就活での努力がすべて無価値になる瞬間

面接で話せない=なにもしていない 面接のプロが語る、就活での努力がすべて無価値になる瞬間

本格的な就職活動を前にした迷える現役就活生を、面接のプロが熱血指導する「究極の面接指南」シリーズ。面接官から次々に飛び出す厳しい指摘には、すべての就活生必見のヒントが満載です。就活生向け動画チャンネル「就活ファール!」。前回に引き続き、就職活動に消極的に見える女子大生・長谷川さんが登場します。「周りが就職活動をしているから合わせているだけ」「悩みがないなら時間の無駄」という面接のプロたちからの言葉に、消極的だったはずの彼女が反撃を始めます。

シリーズ
就活ファール! > 究極の面接指南
2016年9月11日のログ
スピーカー
株式会社フィールドマネージメント 代表取締役 並木裕太 氏
就活相談BAR「とこなつ家」 オーナー 鈴木康弘 氏
株式会社先駆舎 代表取締役社長 眞邊明人 氏
株式会社JAM 代表取締役社長 水谷健彦 氏

S女子大 長谷川 氏
参照動画
就活ファール!【面接#8-2】S女子大 長谷川さん:反論(究極の面接指南シーズン1)

「周りが就職活動をやっているから私も」はやめるべき

眞邊明人氏(以下、眞邊) たぶん、そもそも悩みがないんだと思うんだよ、ここにきているけれど。悩みになっていない。 周りの私たちが一生懸命「ああだこうだ」と言っていることを「そうですね、そうですね」と返すだけでしょ? だからぶっちゃけ、無駄な時間だなと思いながらここにいる。あえてしゃべるのもめんどくさいなと思っているけれど、しゃべらないといけない。 長谷川氏(以下、長谷川) はい。 眞邊 今の段階では、「(周りと同じように)就職活動をしないといけないから、就職活動について考えよう」としか聞こえないのね。その人に対して「なにかアドバイスをしてください」って言われても、しようがないんですよ。 gazou_1 だから、こっちがアドバイスをするとしたら、「別に就職しなければいいんじゃないの?」としか言えない。それでも就職活動をしたければすればいい。だけどひょっとすると、選考に落ち出してから考えるのかもしれない。 「周りの人が就職活動をやっているから、私もやる」という考えは、やめたほうがいい。今、たぶん就職に興味がないし、「就職活動をやれ」と言われてやっているだけなので……お勉強と一緒。そんな感じでしょ? 思い切って3月くらいまでなにもしなければ、普通に焦ると思う。 長谷川 焦りは、今でもあるんですよ。 gazou_2 眞邊 それ、焦ってない。だって、就職活動をやらないんでしょ? 長谷川 やってます。 眞邊 やってないし、悩みもそんなにないってことは、本当の意味では就職活動をやっていないわけなんですよ。

これまで消極的姿勢だった彼女からの反撃

ナレーション しかし、これまで自分の本心を見せなかった彼女が、反撃に出る。 長谷川 それについては、反論してもいいですか? 私は今、企業研究ノートを作っているんです。志望している会社の有価証券の報告書を見て、メモしています。別に、周りが就職活動をやっているから、それに合わせて私もやっているのではなくて。 gazou_3 眞邊 それは事実やっていること。「その会社に入りたい」という目的がある。 長谷川 はい。 眞邊 ということは、目的が1つ、明確にあるんだよね。 長谷川 はい。 眞邊 そこの会社に入る自信はある? 長谷川 あります。 ナレーション これまで就職に対し、消極的な言動を繰り返してきた彼女。しかし突然、志望企業の存在と、その研究について話しはじめた。その企業とは……?

面接で言いたいことが言えない=積み重ねがゼロになる

長谷川 双日株式会社です。 眞邊 双日ね。 水谷健彦氏(以下、水谷) 商社だね。もう、双日に入る自信があるんだ。 長谷川 はい。そのために努力をしています。 眞邊 就職活動で、あなたに問題点があるとしたら……双日の選考を受けて、ダメになる可能性があるとすれば、一番のポイントは今まさにやっている面接。これで、今まで積み重ねたことがゼロになる可能性がある。 面接のなかで起こる可能性があるのは、なに1つ自分の言いたいことが言えずに終わる、という可能性があるわけです。 gazou_4 それが一番、あなたが持っている危ない点なんです。「一生懸命勉強した」「一生懸命やった」。でも面接の場ではしゃべらない。それでは相手がなんにもわからない。結局、面接官から質問が回ってこない。質問が回ってこない確率は、めちゃくちゃあるからね。 長谷川 はい。 眞邊 結果的に、やったことがすべて無駄になって、選考に落ちました。落ちたらショックを受けるよね。 長谷川 はい。 眞邊 そうしたら、次の行動が遅れてしまう。そこが問題。 長谷川 はい。 眞邊 どこでも、自分が就職活動でやっていることを言えないといけない。「私は双日に入るために就職活動をやってきて、今はこれだけのことをやっています」と最初に言ってくれれば、質問もできる。 長谷川 はい。

最終ジャッジは……?

ナレーション 彼女の消極性が、自分をアピールしなければならない面接の場で、言いたいことが言えないという致命的な結果に結び付いたのかもしれない。 そしていよいよ、彼女の最終ジャッジ。まず、鈴木(鈴木康弘氏)のジャッジはノーカード。続いて並木(並木裕太氏)のジャッジは……。 並木裕太氏(以下、並木) (消極的だったけれど)ピカッと光ったから。その強さ、すごく良かったですよ。 長谷川 はい。 ナレーション そして、これまで厳しい意見を言い続けた眞邊のジャッジは……。 眞邊 僕は最後の回答で言えば、イエロー・レッドのジャッジはなし。「双日に入りたかった。そのために私は就職活動をやっています。今までにこれだけやりました」というのは、実は満点。だから、「最初にそれを出しなさいよ」というだけのことです。 長谷川 はい。 眞邊 そこは、あなたの本質でしゃべれていたと思うから、それを最初から最後までやること。これを考えてください。この面接の場で企業名を出した以上、たぶん通ると思いますよ。 長谷川 ありがとうございます。 gazou_5

~収録後~

水谷 「考えてないよね」ってたくさん言われたと思うんだけど。確かにそうだなって思っている? それとも、本当はそんなことない、と思っている? 長谷川 興味がある会社の知識量には、自信があるんです。だけどそれ以外については、まだ勉強不足なので、そう言われても当然だった。だから、当然の結果だったと思う。 水谷 なるほどね。 ナレーション 面接のプロ3人衆が下した結果は、ご覧の通り。 gazou_6

  
就活ファール!
就活ファール!は、人事のプロによる面接指南や内定者からのアドバイス、企業研究など就職活動に役立つ情報が満載の就活バラエティ番組です。
【就活ファール!本サイトで全動画公開中!】
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
面接で話せない=なにもしていない 面接のプロが語る、就活での努力がすべて無価値になる瞬間

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る