logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

【全文】東芝、9500億円の赤字見通し 綱川社長らが会見

【全文】東芝、9500億円の赤字見通し 綱川社長らが会見

2017年5月15日、東芝が以前より予定していた17年3月期の業績見通しについて、会見を開きました。会見冒頭では、まず綱川社長が今回の記者会見の経緯と現状について説明しました。

シリーズ
5月15日 東芝 記者会見
2017年5月15日のログ
スピーカー
代表執行役社長 綱川智 氏
代表取締役専務 財務管理部・主計部担当 平田政善 氏

決算手続は現時点でも継続中

司会者 ただいまより、2016年度通期業績見通しに関します会見を始めさせていただきます。最初に本日の出席者をご紹介申し上げます。代表執行役社長、綱川智でございます。代表執行役専務、平田政善でございます。申し遅れましたが、進行するのは、長谷川でございます。それでは、それでは、まず、綱川よりお話を申し上げます。 綱川智氏(以下、綱川) 綱川でございます。本日、当社は、2016年度の通期の業績を、見通しとして公表いたしました。 当社は、4月11日の2016年、第3四半期の決算発表時に、5月中旬には、決算の内容を公表する予定であると、そういう旨をお知らせしておりましたが、現時点で決算手続きは継続をしております。 一方で、通期業績の数値は、期末から45日を経過することも考慮した上に、株主、投資家様をはじめとする、ステークホルダーのみなさまに、現時点の当社の業績見通しをお示しすることが、情報開示の観点から重要であると、そのように判断し、本日、公表させていただくことといたしました。 2016年度通期決算につきましては、2016年度の第3四半期決算以降、CB&Iストーン・アンド・ウェブスター社に関わる損失の認識時期の調査などを含め、東芝グループ全体の決算手続き完了の見込みが付き次第、速やかに公表をいたします。 当社と独立監査人は、みなさまのご心配を、一刻も早く払拭するために、今後に向けて協調しながら、適切かつ早期に決算手続きを終わらせるために、最善を尽くしてまいります。本日、決算発表ができないことにつきましては、株主、投資家をはじめとするステークホルダーのみなさまに、多大なるご心配をおかけしますことを、改めて、深くお詫びを申し上げます。

当期純損益は9500億の赤字

2016年度、業績の見通しにつきましては、このあと、平田よりご説明させていただきますが、私のほうから少しお話をさせていただきます。 4月11日にもご説明させていただきましたが、当社事業は、巨額損失の原因となった海外原子力事業を除き、おおむね順調に推移しております。海外原子力事業につきましては、ウエスチングハウス等が、米国連邦倒産法第11条に基づく、再生手続きの申し立てを行ったため、ウエスチングハウスグループが、当社の連結対象から除外され、リスクを遮断したものと判断をしております。 ウエスチングハウスグループの非連結化により、2016年度決算において、非継続事業として計上されているため、2016年度の営業損益は、2700億円の黒字になる見通しであります。 しかしながら、ウエスチングハウス社等の米国連邦倒産法第11条に基づく、再生手続きの申し立てに伴う損失を、非継続事業当期純損益に計上することから、2016年度の当期純損益、これは、誠に遺憾ながら、マイナスの9500億円となる見通しです。 これに伴い、株主資本はマイナスの5400億円、非支配持分を含んだ資産、これは、マイナスの2600億円となる見通しでございます。このように、大きな当期純損失を計上する見通しとなったことを重く受け止め、2017年度以降、早期に、財務基盤の立て直しを図ってまいります。

聖域なき見直しを継続

当社は、現在進めておりますマジョリティ譲渡を含むメモリー事業への外部資本の導入に加えて、引き続き、聖域なく資産の保有意義の見直しを継続していきます。 また、3月14日にお示ししました、新生東芝において、注力事業領域に位置付けております社会インフラ、エネルギー、電子デバイス、そして、ICTソリューション、これらの事業におきまして、安定的に利益を確保、拡大してまいります。 このため、4月24日に公表いたしました通り、東芝グループ再生に向け、4つの社内カンパニーを分社化する基本方針を決定いたしました。インフラシステムソリューション社、ストレージ&デバイスソリューション社、および、インダストリアルICTソリューション社、これらの3社は、7月1日に。そして、エネルギーシステムソリューション社、この関連は、10月1日付けで、分社化する予定であります。 分社化後の各事業会社については、グループ内の連携を強化しつつ、それぞれの事業各社の事業価値最大化に特化するとともに、特定建設業の許可、維持、これらなどの事業継続性も踏まえた、最適な体制を確立してまいります。 これらメモリー事業への外部資本導入をはじめとする諸施策や、組織運営の体制の見直し、これらによりまして、着実、かつ、安定的に利益を確保し、債務超過の解消と、毀損した財務基盤の回復と強化を目指してまいります。 私からのご説明は以上でございますが、今後、早期の決算発表を目指し、独立監査人とも協調の上、最善を尽くして参る所存でございます。引き続き、誠心誠意、全力で取り組んでまいりますので、ご支援、ご理解をいただきたく、よろしくお願い申し上げます。 私からの説明は以上でございます。

  
×
×
×
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
【全文】東芝、9500億円の赤字見通し 綱川社長らが会見

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る