logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

手塚治虫氏 「ヒューマニズムなんてのは、砂糖みたいなもんだ」 自作品を語る

手塚治虫氏 「ヒューマニズムなんてのは、砂糖みたいなもんだ」 自作品を語る

渋谷陽一氏が1985年頃に行なったという、手塚治虫氏へのインタビューの一部を書き起こし。世間で「手塚ヒューマニズム」と呼ばれるものについて、自身の思いを述べました。

シリーズ
手塚治虫 1985年頃のインタビュー
1985年のログ
スピーカー
漫画家 手塚治虫 氏
音楽評論家 渋谷陽一 氏
参照動画
手塚治虫 1985年頃のインタビュー
トピックス一覧

渋谷陽一氏(以下、渋谷) その、倫理観というんですか、道徳観というんですか、(手塚治虫氏は)それを決めちゃった人なんですよね。 手塚治虫氏(以下、手塚) いやいや、そんなことないでしょう。やっぱり安保が決めたんでしょう。 渋谷 そんなことないですよ。ヒューマニズムというのは、基本的に、僕らの中に手塚治虫的な非常に苦いヒューマニズムと言うんですかね、そういうのですごく影響を受けていますよね。 手塚 そのヒューマニズムっていうのはね……手塚ヒューマニズムって、よく昔の人が言ってるのはね、本当にもう、耳ふさぎたいんですよね。 渋谷 すみません(笑)。 手塚 ヒューマニズムっていうのは、僕にとって砂糖なんですよ。オブラートなんです。もっと僕の本音を読んでほしいわけ。くさいんだよ、ヒューマニズムっていうのは。僕としては自分からさらけ出してね、どろどろしたもん書きたいんだけど、それが出来ないってところが、商売人っていうのはダメなんだね。 渋谷 本当にオブラートなんですかね? 手塚 僕は、つげ義春とか……まあ大友君は6世代の方だから別なんで、これはまた違うと思うんだけど、つげ君とか水木氏ね、それから滝田ゆう、この辺は本音だけで書いているから、うらやましくてしょうがない。全くこれ、歯に物を着せないでしょ。白土氏のほうがまだ商売人ですよ。 渋谷 かもしれませんね。 手塚 あれは、『忍者武芸帳』でも何べんも描いているわけですよね。つまり一番最初に、紙芝居で描いてね、それから『忍者武芸帳』やって、『カムイ外伝』やって『カムイ伝』でしょ。だんだんオブラートが入ってきているんですね。ね、だんだん面白くなくなっている。でも僕、紙芝居の『忍者武芸帳』見たいんだな。あれこそ、本当に生活に追われて、七転八倒して描いて、脂汗のたまものだと思うんですよ。そういうものが、僕にはないんだ。出てないわけ。それを出したいんですよ。 渋谷 本当に出てないんでしょうかね? 手塚 出たとしたらね、本当に初期の、僕の1万円何某の原稿料もらうためにね、赤本単行本屋に通ってせっせと原稿を描いた、あのころにいくつかあるかもわからないですがね。妥協しないもの描きたいんだよね。 渋谷 例えば描かざる一編があるとするならば、それは手塚さんの頭の中で、どういうものとして? 手塚 それは、どんなものでもなるんですよ。なる要素はあるわけ。例えば今描いている『アドルフ』にしてもね、『陽だまりの樹』にしても『火の鳥』にしても、それをやろうと思えばできるんです。ただ、怖いんだ。それでもう手塚おしまいじゃないか、ていうような感じがすごくあるわけ。やっぱり手塚プロと女房と子供、食わしていますからね。今の50才代の手塚治虫としては、それは清水の舞台から飛び降りる気持ちになっちゃうんですよ。だから僕があと30年若ければね、それをバーンとぶつけてアメリカなんかに逃げちゃったりね。 渋谷 (笑)。 手塚 20年ぐらい帰ってこないっていう形ならば、僕はやらないとも限らない。 ※画像は手塚治虫作『ブラック・ジャック』

  

※続きは近日公開

×
×
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
手塚治虫氏 「ヒューマニズムなんてのは、砂糖みたいなもんだ」 自作品を語る

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る