logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

「イメトレって意味あるの?」と思ってる人に知ってほしい、意外とすんごい効果

「イメトレって意味あるの?」と思ってる人に知ってほしい、意外とすんごい効果

イメージトレーニング、という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。しかし実際のところ「イメージトレーニング」とはなんなのでしょうか? そもそも効果はあるのでしょうか? 実は、イメージトレーニングの有用性は科学的に証明されています。ある動きについてイメージすると、脳はその部分がまるで動いているかのように働くのです。この作用によって、私たちはイメージトレーニングを行なうだけで動きを習得することができるのです。武道の考え方を用いた運動法をレクチャーするYouTubeチャンネル「理論スポーツ」。今回は、イメージトレーニングの効果と実際のやり方について解説します。

シリーズ
理論スポーツ
2015年9月1日のログ
スピーカー
理論スポーツ 高橋大智 氏
参照動画
イメージトレーニングがスポーツによい科学的根拠 - YouTube

イメージトレーニングはなぜ重要なのか?

高橋 こんにちは。理論スポーツ管理者の高橋です。今回みなさんにお教えしたいのは、「イメージトレーニング」についてです。スポーツというのは、本を読んで知識を勉強したり、あるいは筋肉の動きのつながりとかを見たり、原理を学んだりというのがあると思います。 それともう1つ、いい動きとか自分がいいと思うフォーム、これを身に着けたいと思うときに、頭で考えるというよりは絵で見てイメージする、これがイメージトレーニングなんですね。頭で計算のように考えるっていうよりは、動きを見て「こういう動きをしたいな」って頭にイメージするわけです。 今回は、この練習方法がなぜいいか、というのをお話したいと思います。 それは、例えばこういう風に、動きがあったと。こういうふうに、細かいところはいいとして絵で見るわけですね。 image training_1 通常、投げるという動作をしたとき、脳みそはどういう風に反応するかというと、実は動いてるときにどこの脳が反応するかというのはほぼ決まっているんです。 これが恐ろしいのは、動作をやっている時に、例えば絵で簡単に書くんですけれども、 image training_3 ただ見ている、その動きを目で見るわけです。この動きを見て、「どうやったらああやって動けるかなー」と1個1個考えるんじゃなくて、全体をぱっと見て判断する。そうすると、脳のおんなじところが働くんです。つまり、イメージトレーニングのいいところっていうのは、見るだけで脳が働く。これがイメージトレーニングが良いとされている科学的根拠です。 いろんな野球選手、サッカー選手とかスポーツの世界があると思うんでけれども。イメージトレーニングにめちゃめちゃ特化している人っていうのが世の中にたくさんいるんです。タレントさんじゃないんですけれども、見ることで脳が働く。 つまり、運動していない時でも働くんですよ。運動をしなくて、例えばスポーツ中継のプレーとか、歩いている時に、「この動きってどうしたらいいのかな」って考えている時って全部脳が働いてるんです。

落合博満選手もイメージトレーニングの達人だった

野球で三冠王を三回取った落合博満選手。この人のエピソードを聞くと、まさにイメージトレーニングをうまく取り入れて、フォームを改造していったバッターなんですね。 例えば、ランニングをするとき。落合選手って、普通にランニングしているその時に、何か、自分にとっていいなって思う動きが出たら、みんながランニングしてる最中でも、パッと止まって「どうやったらこの動きができるんだろうかな」という風に観察するんです。イメージとか観察とか。そういうことをするんですね。 こういうことを積み重ねると、本当にそういう動きができるようになってくるんですよ。要するに、考えるのも大事なんですが、イメージ、観察というのは頭でいろいろ考えることとは、頭の使い方がまた別なんですよね。 それで、野球とかスポーツとか、道具を扱うようなスポーツはとくにそうなんですが、「観察」がすごく大事なんですね。落合選手も同じように、みんなが走ってる中でも1人だけぱっと止まって「どうやったらできるやろな」っていう考える人だったんですよ。そういうことを、積み重ねていったわけですね。 もう1人、タレントさんなんですけど、陸上の十種競技で日本記録保持者を立てた武井壮選手、この人も似たようなことを言ってるんですね。この人の場合は頭の中で、ああしたいな、こうしたいなって思うんですよ。それで、もうやろうと思っちゃうんですよね。 イメージトレーニングを頭の中でイメージして、そのイメージを大事にするわけなんですよ。スポーツですごい実力や能力を持っている人たちっていうのは、こういうふうにただやって、勉強したり、運動したりだけではなくて、イメージというのもすごく大事にしてるということなんですね。

武道における「見て学ぶ」

武道の世界で、私の場合だったら弓道なんですけれども、私も同じです。弓道の世界で、だいたいみんなが引いている弓があると思うんですけれども、私の場合だと普通の人の2倍とか3倍の強さの弓をほとんど力の負担なく引く、ということができます。これができると、狙ったところに、ものすごい威力の矢を飛ばしたりだとか、あるいは普通の人じゃ出せないような距離の矢の飛びとか、スピードを出せるようになるんですね。 それはなぜかというと、これは私の経験なんですけれども、頭の中で思いつくんですね。本とか、難しい古文漢文の文章読むんですが、読んでいる最中に頭の中にぽって出てくるんです。それは、計算とか、こうだからこうなんだっていうよりは、なんか読んでいる最中にポンと絵が出てくるんです。 私にも師匠がいるんですが、師匠の射とか動きを見て、なんか読んでる最中にポンと絵が出てくるんです。その絵が出てきて、「あれ?」って、「こういう風にやったらできるのかな」っていう風に思いつくんですね。それが頭から離れないんですよ。そのイメージを最後まで積み重ねて練習していくと、普通の人じゃ引けないような、2.5倍とか3倍ぐらいの弓が引けてしまうと。 普通の人には、こういうのは引けないです。持って引っ張ろうとした瞬間に、強すぎて引けないです。それが、私の場合だとそれができてしまうのは、体のあらゆる使い方を実践してきたからですね。 これをやると、剣道や柔道とかで体を使うときに、何かしらの共通点が出てくるんです。野球や陸上の動きでも、絵で見たときにわかる。いろいろ理屈をもって説明されてわかるものもあるんですけど、絵で見てわかるものあるんですね。それが、まさにこのイメージトレーニングなんですよ。 イメージトレーニングは、普通に本を読んでいるだけでは活性化されない脳の部分が、活性化できちゃうんですよ。それが、イメージトレーニングの最大の効果なんですね。だからみなさんが、もしも、「イメージトレーニングをやりたいんですけれどもどうしたらいいですか?」というのであれば、私のオススメは、徹底的にとにかくうまい人を見る。見て学ぶ。 弓の世界では「見取り稽古」というものがあります。要するに、見る稽古です。見て、動きを学ぶんですよ。それをスポーツでやると。うまい人を見るんですね。自分の体を動くんじゃなくて見るだけでも、スポーツの実力を向上するきっかけが増えてきます。なので、ぜひやってみましょう。 以上で、イメージトレーニングの説明を終わります。ありがとうございました。

  
理論スポーツ

武道の身体の使い方、姿勢に基づく
全スポーツの運動技術を高める具体的手法を公開します。
筋トレ法、栄養学、メンタル調整、身体の仕組みなど、
内容は多岐にわたります。

理論スポーツ

 

×
×
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
「イメトレって意味あるの?」と思ってる人に知ってほしい、意外とすんごい効果

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る