logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

疫病の中心にはいつも彼女がいる 「腸チフスのメアリー」の数奇な人生

疫病の中心にはいつも彼女がいる 「腸チフスのメアリー」の数奇な人生

腸チフスとは、人間の便や尿を媒介して広がる感染症の1つです。不衛生な環境において流行しやすく、現在は下水道が整備されていない発展途上国などで流行の可能性があります。上下水道が整い、トイレなどの衛生環境が整っている日本ではほとんど見られなくなった病気ですが、かつては危険な病でした。腸チフスに感染すると、最悪の場合死に至る危険性があります。一方で、感染しているにも関わらず症状が出ない場合もあります。そうしたケースは「無症候性キャリア」と呼ばれ、知らず知らずのうちに感染症を周囲に撒き散らしてしまうのです。YouTubeのサイエンス系動画チャンネル「SciShow」。今回は、「無症候性キャリア」として、数奇な人生を送った、メアリー・マーロンの物語をご紹介します。

シリーズ
SciShow
2016年11月9日のログ
スピーカー
Michael Aranda(マイケル・アランダ) 氏
参照動画
What Really Happened with Typhoid Mary?

腸チフスのメアリーの物語

マイケル・アランダ氏 もしあなたが清潔な水と衛生設備を利用できる約50億人の人々のうちの1人だとすると、感謝という言葉しか出てこないでしょう。 まず、腸チフス熱を気にする必要がありません。 サルモネラの一種であるチフスと呼ばれる細菌に起因するこの病気は、感染した食物、水、または病気の人の便または尿との接触によって広がり、症状として嘔吐、下痢、および発疹があげられます。 image1 しかし、一部の人々には全く症状がでません。彼らは伝染病の媒介として、自分自身が病気ではないにもかかわらず、病気を広げることになるのです。 メアリー・マローンは、「腸チフスのメアリー」として知られる、無症候性キャリアの1人でした。 image2 1900年代初頭、腸チフスは主に貧しい都市社会の問題でしたが、突然、富裕層を含む約3,000人が病気を発症しました。そして、それら全てメアリー・マローンが原因です。 マローンは1883年にアイルランドからニューヨーク市に移住し、裕福な家庭の料理家として働き始めました。彼女が腸チフスになったのがいつなのかは不明ですが、確かに無症候性キャリアであり、彼女が仕えていた家族はいつも彼女の料理を食べた後に病気になっています。 しかし、誰かが調査をし始めると、メアリーはいつも次の家へと移っていました。1906年、ニューヨークのロングアイランドにあるオイスターベイに住むある家族に仕えていた時、彼女の運は尽きました。 オイスターベイは高級住宅街で有名であったこと、腸チフスは主に貧困層に影響を与える病気と考えられていたことから、その家族が腸チフス熱を発症したことは完全に想定外のことでした。そこで、家主がフリーランスの衛生士であるジョージ・ソーパーを雇い、発生の原因を突き止めました。 家の水源はすべて清潔であったため、ソーパーは最終的にメアリーの就職履歴を調べ始めました。彼女が仕えていた7家族、死亡した少女を含む合計22人が腸チフスの症例を報告しており、メアリーが腸チフスの媒介者ということが判明したのです。

なぜがメアリーは感染拡大の要因になったのか

媒介者の体調が良くても、彼らは長年に渡って腸チフスを引き起こす細菌を細胞に保有しており、他の人に病気をもたらす可能性があります。媒介者には症状が現れませんが、細菌は依然として便と尿に潜んでいるため、手をよく洗わないと病気を広げることができます。 しかし、マローンは料理人ではありましたが、腸チフスを容易に広げることができたとは考えづらかったのです。もし彼女が手を洗っていなくても、調理する際の高温によってどんな細菌でも死んだはずです。 しかし、彼女は調理を必要としない食品も扱っていたことが判明しました。そう、彼女の作る最も人気のある料理の1つは、桃のアイスクリームだったのです。 ソーパーの調査後、マローンは腸チフスに感染していないか、便を検査するように強制されました。検査は陽性を示し、彼女はマンハッタンの東にある小島ノーザン・ブラザー島の小屋に隔離されました。 image3 メアリー・マローンはアメリカで初の腸チフスの無症候性キャリアであり、その症例を扱うことは困難でした。保健当局は、マローンが症状を感じなかったにもかかわらず病原菌を広げていたという理由の説明を怠り、無症候性キャリアとしての彼女の生活をしっかりと準備しませんでした。 3年後、彼女は検疫から解放されましたが、彼女は決して料理をしないということを約束しなければなりませんでした。しかしマローンはまともな生活を送るためには、料理するほかに方法がなかったため、市と彼女の接点がなくなってすぐに厨房に戻ってしまいました。 そして5年後、マンハッタンのスロアン産科病院で腸チフスが発生し、25人の労働者が感染し、2人が死亡しました。 image4 保健当局は病院に行き、メアリー・マローンがメアリー・ブラウンという新しい名前で料理人として働いていたことを突き止めました。そして彼女は1938年に亡くなるまで、23年以上隔離された北ブラザー島に戻ることになりました。 腸チフスのメアリーは、アメリカで初の腸チフス媒介者でしたが、彼女が最後ではありませんでした。他にも多くのニューヨーカーがこの病気を拡散していました。しかし、メアリーが自分で人に感染する可能性があることを理解していたにもかかわらず、料理人に戻ったということから公衆は彼女を批判しました。 image5 最近では、腸チフスは抗生物質で治療することができ、世界中を旅行する人のための予防接種があります。そして、きれいな水や衛生設備を必要とする人々に私たちがそれらを届ける努力をすればするほど、腸チフスの問題は少なくなるでしょう。 無症候性キャリアたちは料理人のような仕事をしない限り、自由に生活することが出来るのです。メアリー・マローンはそんなに運が良くはなかったようですね。

  

SciShow

Hank Green(ハンク・グリーン)たちがサイエンスに関する話題をわかりやすく解説するYouTubeチャンネル。

・公式チャンネル

×
×
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
疫病の中心にはいつも彼女がいる 「腸チフスのメアリー」の数奇な人生

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る