logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

昔のテレビやラジオにノイズが入る原因

昔のテレビやラジオにノイズが入る原因

昔ながらのラジオやテレビを使ったことがあれば、ノイズを聞いたことあるでしょう。スピーカーから聞こえてくるパチパチと耳障りな音や、スクリーンに急に映し出される白い点々模様などです。一種の電波障害であるこれらのノイズは、ラジオであろうとテレビであろうと、原因は同じです。つまり、本当の電波と干渉している不必要な電磁波です。そして、この電磁波は、宇宙創生のビッグ・バンにまで遡るのです。今回のYouTube科学系チャンネル「SciShow」では、テレビやラジオに表れるノイズの原因について解説します。

スピーカー
Hank Green(ハンク・グリーン) 氏
参照動画
Where Does Static Come From?

昔のテレビにあったノイズの原因

ハンク・グリーン氏 もう今や死語になりつつある「昔ながらのラジオやテレビ」を使ったことがあれば、ノイズを聞いたことあるでしょう。 そう、スピーカーから聞こえてくるあのパチパチと耳障りな音や、スクリーンに急に映し出される白い点々模様です。 ラジオであろうとテレビであろうと、原因は同じです。つまり、本当の電波と干渉している不必要な電磁波です。この電磁波は、宇宙創生のビッグ・バンにまで遡ります。 テレビやラジオのアンテナは、電磁波を通じて放送用タワーから情報を受信します。しかし、空気中にはほかにも電波があります。 たとえば雷は爆発的な電波を放ち、信号と干渉します。干渉しているということは、あなたの手元にある電子媒体がオリジナルの、つまり本来受信すべき信号を若干弱めた電波を受信するということです。 この混乱した信号は適当な音や画素に反応し、ノイズを耳にしたり、ちょっとした映像の不具合を目にしたりします。 雷が落ちなくても、ほかのところからのノイズを耳にすることがあります。ほかの電子機器から出てくる電波だったり、太陽から放出される光線なんかもそうです。宇宙マイクロ波背景放射と呼ばれるビッグ・バンの名残の電波を受信することもあります。 昔だったらテレビを付けて、例えば報道番組を見ていたとして、時々耳障りなノイズが聞こえてきたり、目障りなざらつきが画面に出てくるので、否が応にもほかの電波に気づきます。しかし、現代の電子機器はアナログ信号ではなくデジタル信号を使用しているので、このような不具合は起こりません。 デジタル信号のほうが電磁波に多くの情報を蓄えることができますが、特定の離散信号しか使用しません。干渉によって電波が弱められると、テレビは本来の電波を推測することしかできません。テレビの解釈を変えるためにはかなり強い干渉が必要なので、ノイズで邪魔されることはあまりありません。 世界では、多くのテレビ用アナログ電波がデジタル化しましたが、ラジオのアナログ電波は車などをはじめ、まだいろんな場所で使われています。 アナログラジオを使っている時に雑音が入るようであれば、太陽や雷の偉容のみならず、宇宙の起源をラジオに取り入れているとでも思ってください。

  

SciShow

Hank Green(ハンク・グリーン)たちがサイエンスに関する話題をわかりやすく解説するYouTubeチャンネル。

・公式チャンネル

×
×
×
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
昔のテレビやラジオにノイズが入る原因

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る