logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

【全文】ジブリ鈴木敏夫氏、アカデミー賞受賞を逃しコメント「本当のこと言うと、期待してたんですよね」

【全文】ジブリ鈴木敏夫氏、アカデミー賞受賞を逃しコメント「本当のこと言うと、期待してたんですよね」

第89回米国アカデミー賞、長編アニメ部門にノミネートされたスタジオジブリ作品『レッドタートル ある島の物語』。惜しくも受賞こそ逃したものの、全編セリフなしという野心的な作品で、海外でも高い評価を受けました。授賞式後に開かれたプロデューサーの鈴木敏夫氏の記者懇談会の書き起こしです。

シリーズ
映画『レッドタートル』 鈴木敏夫プロデューサー 第89回米国アカデミー賞 記者懇談会
2017年2月27日のログ
スピーカー
スタジオジブリ 鈴木敏夫 氏
参照動画
映画『レッドタートル』 鈴木敏夫プロデューサー 第89回米国アカデミー賞 記者懇談会

ジョン・ラセターが褒めてくれて、満足は得た

司会者 今日は鈴木プロデューサーを囲んだ記者懇談会ということですので、まず冒頭は先に鈴木さんにちょっと話していただいて、そのあとQ&Aというか質問いただければと思いますので、よろしくお願いします。 鈴木 はい。わかりました。なんか(この会場は)声が響くんですね。これ。 いや、僕も2年ぶりですかね、アカデミー賞に来まして。それでこの間、『千と千尋の神隠し』以来、アカデミー賞を受賞するってことはなくて。だけど、今回はちょっと僕、期待してたんですよね。本当のこと言うと。 それで『レッドタートル』っていう映画は、ジブリでプロデュースして、それで現場はフランスで作る。スタッフはヨーロッパの人という、その組み合わせもおもしろいし、同時に内容も、まあ最近の映画ってちょっと騒がしい映画が多いじゃないですか。そういうときにこういう静かな映画というのが、とくにこういう映画の賞だと、人の目を引くんじゃないかなと、そんな気がしてて、かなり期待をしてたんですけれど、残念ながら受賞できませんでした。 それで僕自身は、僕は英語がダメなんですけれど、その発表の直前まで「どうやってしゃべろうかな?」とかっていろいろ考えてたんですよ(笑)。ただ、まあそれが残念ながらね。 1階のある席にいて、それで本当にもし『レッドタートル』の声が出たら(呼ばれたら)、すぐ立つ用意をして、それで僕の隣のマイケルも、マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット(『レッドタートル ある島の物語』の監督)も、一生懸命、紙に受賞の挨拶をメモしたりして。まあ、それはちょっと幻に終わっちゃったので、ちょっと残念なんですけれど。これはしょうがないです。しょうがなくて……とはいえ、心残りなんですけれど。 ただ、一方的にしゃべっちゃうとですね。実は昨日約束してあったんですけれど、ピクサーのジョン・ラセターという人に会いまして。それでいろんな話をするなかで、彼の最初の話題がこの『レッドタートル』だったんですよね。 それでもう、いきなり会って、彼はいつも強いハグをしてくれるんですけど、いきなり「『レッドタートル』、本当にすばらしい映画である」と、それを言ってくれたのが、僕にとってはアメリカに来て一番うれしいことでした。 それで、なんてったってね、みなさんご存じのように、ジョン・ラセターという人はピクサーを率いて、それでヒット映画をどんどん作り続けている人なので、みなさんちょっと意外に思われるかもしれませんけれど、とにかく彼が「本当にいい映画である」と。それで「あれはいったいどうやって作ったんだ?」ということを改めて聞かれて説明をするってこともあったんですけれど。 まあいろいろありましたけれど、そのジョンが褒めてくれたということで、僕はある種の満足を得たので、それで本当はアカデミー賞もいただけるとよかったんですけれど、残念ながらダメでした。はい。 まあ、僕のご挨拶はそのぐらいにして、そのあとはじゃあ、ご質問あればということで。

  
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
【全文】ジブリ鈴木敏夫氏、アカデミー賞受賞を逃しコメント「本当のこと言うと、期待してたんですよね」

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る