logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

「一人二役で会話」「しゃべれない人と練習」 7ヶ国語を操る男が教える、5つの語学学習テクニック

「一人二役で会話」「しゃべれない人と練習」 7ヶ国語を操る男が教える、5つの語学学習テクニック

7ヶ国語を操るシド・エフロモビッチ氏が、自らも実践してきたという語学学習の5つのテクニックを伝授。「一人二役で会話してみる」「外国語を暗号として用いる」など、目からウロコの学習法をわかりやすく解説しました。(TEDxUpperEastSide 2013より)

スピーカー
skillshare 講師 シド・エフロモビッチ(Sid Efromovich) 氏
参照動画
5 techniques to speak any language

言語習得は楽しい!

シド・エフロモビッチ氏 私は七か国語を話すことが出来ます。そう人に言うと、皆、同じ質問をします。「電話番号教えて!」「どうやって話せるようになったの!?」「どうやってそんなに多くの言語を習得したの?」。今日は、その質問にお答えしたいと思います。はい、私の電話番号は、212… (会場笑) 冗談です(笑)。私は数か国語が話される環境で育ちました。18歳になる頃には既に四か国語を習得していました。18歳になってからその後3年間で、更に三か国語を習得しました。今日はその三年間の話をしたいと思います。 というのは、僕の言語習得法は他の人とは異なっているからです。皆が大変な思いをして、苦労して新たな言語を習得しようと取り組む中、僕にとっての言語習得はとても楽しいやり方で行われます。皆さんとこの楽しさをシェアしたいのです。 確かに、皆よりも先に多言語に親しんでいました。18歳になるまでに四か国語を習得していたのですから。しかし、これからご紹介する僕の五つのテクニックを使えば、新たな言語習得がとても容易になります。

たくさん間違える

では、始めましょう。まず第一に、大きく深呼吸をしてリラックスしましょう。この理由は、私達は生まれてから此の方ずっと、何をすべきで何をすべきではない、どうやって物事を進めるべきかを教えられてきました。言語習得の一番大切なルールは、間違える。これに尽きます。 5L1 これがルール1です。説明します。私達がその言語を知っているということは、すなわち発音や文法を知っているということです。 5L2 今日のプレゼンの中で、私は、私達の言語知識を「言語のデータベース」と呼びたいと思います。言語のデータベースは、知っている発音や文法を全て揃えています。 しかし、私達の言語のデータベースにはない発音や文法は、世界にたくさん存在します。知らない発音や文法を学ぼうとしても、私達のデータベースにはそれをする為のデータがない。データがないので、どういう発音や文法が本当は正しいのか確認することができない。 例えばあるひとつの発音をマスターしようとした時、それが正しいのかを測る為のデータがないので、自分の発音は間違っているのだと私達は思うのです。「あぁ、こうじゃない。絶対に間違っている、あぁこれじゃだめだ」という気持ち、わかりますよね? この気持ちになることが必要なのです。つまり、この気持ちになった時には、私達の言語データベース以上のものを探究し始めたということだからです。 この時に私達は新しい言語の領域に足を踏み入れ始めたということです。現実にはどのようなことが起こるか説明しましょう。例えば、「ドア」はスペイン語で何と言うのか勉強しよう、と思ったと仮定しましょう。「ドア」はスペイン語でPuertaです。 5L3 この単語のいくつかは、英語の音と似ています。ところが、巻き舌の発音になるとそれは私達の母国語、英語のデータベースには存在しません。 5L4 私達の持っている言語データベースとそれ以外の言語を合致させながら、新しい言語の発音に似せようとすると、巻き舌のララララは英語で一番近いのは「ダァァァァ」です。しかし、「ダァァァァ」はスペイン語でちょっとお下品な言葉に近くて、あまりチャーミングではない、しかもあまり的を得ない意味のない言葉になります。 (会場笑) 第一のテクニックは、たくさん間違える。そしてデータベースに新しい言語のデータを増やしながら発音を似せていく。

母国語に当てはめない

5L5 二番目のテクニック。皆さんもちょっとやってみてください。これら四つの言葉、ちょっと読んでみてください。三つ数えたらせーので言いますよ! 1、2、3! 会場 マオ その通りです。ではその下、1、2、3! 会場 ココ 次、1、2、3! 会場 ココ はい、オッケーです! 最後、四番目です、はい、1、2、3! 会場 ……。 はい。ありがとうございます。今何が起きたのか説明しましょう。私達はすべてアメリカ英語の価値観で多言語を理解しようとするのです。 5L6 その結果、皆さんの頭の中でこのようなことが起こりました。 5L7 では、これらの意味をお教えします。まず、最初のマオはポルトガル語で手を意味します。「アメリカ人」の頭で考えるとこのようなマオになります。 5L8 (会場笑) 二番目の「ココ」はポルトガル語でココナッツ、または発音法を変えると「うんち」になります。 5L9 でも私達の「アメリカ人」の頭ではCocoと見るとココアを連想します。四番目の言葉は中国語で「火」ですが、「アメリカ人」の頭でちょっとクリエイティブに見ると、空手をしている人に見えるかもしれませんね。 5L10 ポイントは、これらを見ただけではどのように発音するのかわからないという点です。「アメリカ人の頭」で考えてはいけないのです。どうやって「though」と「thought」の発音の違いを説明しますか? これら二つのスペルはとてもよく似ていますね。そして「enough」を「enuf」と綴ることは出来ません。 5L11 英語の頭で考えてはいけません。なぜかと言えば、皆さんは間違った連想をしてしまうからです。二番目のテクニックは、英語に当てはめて考えないことです。 5L12 ではどうすればいいのかを説明します。 5L13 これはブラジル通貨で、REALと綴ります。ではここでまたせーので、これをどう読むか一斉に行ってくださいね、1、2、3! もちろんご存知の方もいらっしゃいますよね。レアル、です。このように読み方の違いを知っていれば、新しい言語習得に繋がるだろうと思われがちですが、そうではありません。 ポルトガル語を話す人にとってはレアルの読み方など知っていて当然で、知っているからと言ってどうだというわけではありません。レアルのポルトガル語の正しい発音をお教えします。まず英語のheyのyを抜かして発音します。さぁ、皆さんご一緒に。 5L14 はい、ありがとうございます。次はアウ。英語のアウチ、に似ていますがch無しです。では皆さんご一緒に、1、2、3! ありがとうございます。アウとヘ、で「ヘアウ」です。はい、皆さん素晴らしい! これで皆さんは情熱的で資本主義者のブラジル人のように発音しています。 (会場笑) なぜ「he-ou」と書いた方がより正しい発音に近いのに、「Real」と綴るのでしょうか? こういった疑問は、私達の既存の言語データベースに新しい言語に関する新しい情報「なぜ?」を送り込みます。そしてこういった間違いを重ねることで、言語データべ―スの再構築が始まります。そして正しい言語の学びに繋がります。

「間違いを厳しく指摘してくれる人」を探す

では、どうやって学んだ情報が正しいと確認すればよいのでしょうか? これが第三のテクニックです。 5L15 第三のテクニックは、間違いを厳しく正してくれる人を探すことです。細かいポイントを見逃さない、細部まできちっと指摘してくれる人です。その言語により精通し、より得意とするか否かがポイントではありません。間違いをきちんと指摘してくれる人です。 間違いを指摘することで「あぁ、これを指摘したら気を悪くするだろうか」などと考えずに、皆さんが正確に言語を習得するのを手助けしてくれる人が望ましいです。またそれと同時に「どんどん間違えなさい」と、間違えることを推奨してくれる人がいいですね。 「間違いを厳しく正してくれる人」はその言葉をプロとして教える人でも、家庭教師でも、友達でも、クレッグズリストで見つけたスカイプランゲージエクスチェンジでも、どんな関係性でもいいのです。テクノロジーも発達していますし、多言語習得を助けてくれる人は星の数ほどいます。「間違いを厳しく正してくれる人」を見つけたら、ひたすら練習しましょう。

「一人二役」で練習する

第四のテクニックは、練習の仕方です。こんな風に言うことについて「僕はちょっとおかしいのかもしれないな」と思ったこともありましたが、第四は”会話のシャワーを浴びる”こと。 5L16 これは言葉通りの意味です。シャワーの中で一人でちょっと一人二役をやるのです。中国語を習得している過程では、餃子を買おうとしている時や、安くしてもらおうと交渉している時などを想定して、中国で一人二役をして練習しました。この方法が有効な理由は、会話ダイアログの両サイドに参加することで、知っていることと知らないことに気が付く点です。 例えば、道を尋ねるのは簡単ですが、それを聞いて理解するのはどうでしょうか? もっと言えば、道を尋ねられたら他言語で道を教えることが出来るでしょうか? 質問する練習、またはそれを受ける側、練習がどちらか一方的にならないことがポイントです。 これはシャワー以外でもどこでも可能です。地下鉄に乗っている時とか……。NYの地下鉄に乗って他言語で独り言を言っていても、誰も気にしません。一人二役で他言語を練習するのはかなり役立ちます。私はこれを何年もやりました。競泳のマイケル・フェルプス選手がレースの前に、必ず何度もそのレースの顛末を頭の中で思い描くことはよく知られています。頭の中でシミュレーションを行うのはとても有効な方法なのです。

母国語が同じ人を練習相手にする

では、ここから他言語を実際に使ってみます。会話の練習が出来る人を見つけましょう。 5L17 しかしですね、他言語を練習するパートナーは一番得意な言語が同じ言語の人がいいんです。新しい言語を使うことで、得になるようにするのです。新しい言語を習得することの醍醐味は、より多くの人とコミュニケーションを取ることが出来るようになり、その人をより理解できるようになることです。 お互い英語だとか共通の母国語があるにも関わらず、お互いが完璧に話すことが出来ない言語で話すと、そちらで話した方が話しやすくなるんです。共通の母国語がある人とパートナーになって新しい言語を使うのが、少し変に聞こえるかもしれませんが、効くんです。 身近にそういう人がいなければ、オンラインで見つけることができるでしょう。実際に会うことが出来るのがベストですけれど。でも実際にやってみるとなかなかそういう人を見つけるのは難しいですね。でも私の場合、オフィスの同僚に他言語を話すことが出来る人がいました。彼と私は二人とも、一番容易く話すことができるのはもちろん英語でした。でもお互いに第二に得意とするのはフランス語でした。 しかし、私達はいつもドイツ語で会話しました。オフィスには英語はもちろん、フランス語を話せる人もいた。でも私達だけがドイツ語を話せたので、週末の出来事なんかをドイツ語で話しても、他の同僚は僕らが何を話しているのかまったくわからない! つまり、内緒話をするのにもってこいだったんですね。 (会場笑) これは本当に便利です。公共の場で言いにくいことでも、共通する他言語で話せば周囲の人には何を話しているかわかりませんから。

5つのテクニックをまとめると

では、ここまでの話をまとめます。 5L18 まず初めに、既存の言語データベースにはセーブされていない情報を集めて言葉の壁を破る。第二に、後で発音を直せるように常にメモを取り記録しておく。そしてその間違えを正す為に、間違いを遠慮なく指摘してくれる人を見つける。シャワーの中では、シチュエーションを想定して一人二役会話を練習する。そして新しく習得しようとする言語を一緒に練習できる人を見つける。 5L19 (イタリア語で)すると、素晴らしい世界が見えてきます。 5L20 (ドイツ語で)他言語習得がとても容易になるのです。 5L21 5L22 (スペイン語とフランス語で)言語を通じて誰もが新しい文化や異なった生き方を学ぶチャンスを持つ、様々な可能性に溢れた世界が見えてきます。 5L23 (ブラジル語で)新しい言語を習得することからの一番の収穫は、私達自身のことがよくわかるようになることでしょう。 5L24 (ギリシャ語で)今私が何を言っているのかまったくわからないからと言って、皆さんが私と同じように他言語を取得できないわけではありません。 5L25 (中国語で)「千里の道も一歩から」。皆さんは他言語習得法をもう知っているのですから。これは大きな第一歩です。 (英語で)ありがとうございました。

  
※ログミーでは、TED Talksおよび各TEDxの定めるCCライセンスを遵守し、自社で作成したオリジナルの書き起こし・翻訳テキストを非営利目的のページにて掲載しています。
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
「一人二役で会話」「しゃべれない人と練習」 7ヶ国語を操る男が教える、5つの語学学習テクニック

編集部のオススメ

おすすめログ

おすすめログ

人気ログランキング

今日の名言

僕は社員の人たちに、「働いていただいている」と思っているんですよ。

  • 株式会社UEI/代表取締役社長兼CEO
TOPへ戻る