logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

言葉は知ってるけど意味はよくわからない、「印象派」の歴史と起源

言葉は知ってるけど意味はよくわからない、「印象派」の歴史と起源

「印象派」という言葉は美術館などで目にしたことがあるかと思います。しかし、その意味はよくわかっていないという人も多いのではないでしょうか? 今回は、印象派誕生のきっかけと、芸術家たちを支えた科学技術に迫ります。印象派は19世紀後半のフランスで生まれた、芸術運動のことをいいます。当時、評価される芸術とは、芸術アカデミーと呼ばれる国の芸術家育成機関の基準に従うもののことを指しました。これに反発した一部の芸術家達はアトリエを飛び出して、さまざまな表現を追求したのです。そして彼らの活動は、チューブの発明や新たな顔料の発見によって後押しされました。YouTubeのアート系チャンネル「Little Art Talks」が、著名な絵画とともに、印象派の成り立ちを解説します。

シリーズ
Little Art Talks
2014年6月29日のログ
スピーカー
Little Art Talks カリン・ユエン 氏
参照動画
Impressionism Technique - Monet, Degas, Renoir, Pissarro - YouTube
トピックス一覧

印象派の起源と

カリン・ユエン氏 印象派といえば、鮮やかな色の景色や現代社会の情景を描いたことで知られていますよね。でも少し離れた視点から見てみると、印象派には他にもいろいろな側面があるんです。 印象派の手法と科学技術の関係性から、見てみることにしましょう。 gazou1.JPG 印象派がこの時期(注:19世紀)に台頭できたのには、理由があります。長い間、人々の間では、アカデミック様式の絵画こそ最高の芸術だと考えられていました。 gazou2.JPG フランスでは、最高の芸術とはすなわち、アカデミー・デ・ボザール(Académie des Beaux-Arts)という芸術アカデミーの基準に従うものだということを意味していました。 ところが、モネ、ルノワール、ピサロ、ドガなどの急進的な画家たちは、その定義を受け入れることを拒否したのです。 gazou3.JPG 彼らは、歴史や神話のワンシーンをただ再現することよりも、現代のモチーフに関心を持っていました。こうした画家たちは型破りで、アカデミーに受け入れられず、アカデミーやサロンの外で独自の展覧会を開くことで、現状を打破しようとしました。 急進派の画家たちは、フランスにおける工業化や都市化といった流れのなかで、目の前に広がる新たな世界から発想やインスピレーションを得たのです。 gazou4.JPG 伝統的に、油絵具はアトリエで少量ずつ作られていましたが、その頃にはあらかじめ作られチューブに入れられるようになりました。また、コンパクトで持ち運びのできる画架が作られたことから、芸術家が屋外で仕事をする戸外制作(注:オンプレネール“En plein air”)が可能となったのです。 gazou5.JPG こうして、戸外制作された小さめサイズの油絵が多く現れ始めます。常に変化のある環境を記録するために短時間で描かれており、素早い筆運びだったことが見て取れます。また、キャンバスという枠の向こう側にある世界をそのまま伝えるような、より自由な構図で描かれたものが多くなります。 gazou6.JPG 印象派の画家たちは、自分たちの身の回りの物事を題材にしました。そのためよく題材となったのは、都市景観や田園風景、知り合いの有名人などの人物像でした。自分たちの生活のなかにある、実在の場所、人物、物事を取り上げたのです。 gazou7.JPG また、カドミウムやクロムといった物質の発見により、以前には見られなかった非常に明るい色が手軽に手に入るようになりました。 gazou8.JPG 現代化学によって、非常に多くの色を作り出すことができるようになり、印象派の絵画にとって色彩理論は欠かせないものとなります。線や輪郭を引いて形を作るのではなく、印象派の画家たちは、色彩理論の知識を用いて遠近の物を描き、空間や奥行きなどのスケール感を表現しました。 gazou9.JPG gazou10.JPG おそらく印象派が最も重要視し、強く願ったことは、人の目に見えているように物事を描くことでした。カメラの到来で視覚や視覚の働きに対する人々の認識が大きく変化しました。今日では当たり前のように思われていることですが、一時停止状態の物事の見え方が初めてわかるようになったのです。 先ほども触れたように、画家たちは素早く作業を行いました。アトリエでの管理された環境に比べて、屋外状況は刻一刻と変わってしまうからです。同時に、カメラがある一時を捉えて離さないように、そうしてその場の情景の「印象」を表現しようと試みていたのかもしれません。 gazou11.JPG しかしながら、単なる瞬間の描写ではなく、印象派の絵画には動きがあります。印象派の画家たちにとって、動きというのは、人間の知覚に欠かせない重要な要素でした。 科学技術に魅了されてそこから着想を得ながらも、彼らが絵画でしか表現し得ないものを作ろうとしていたという点も重要です。キャンバスに絵具が塗られている事実を隠そうとせず、むしろ一目見てわかる形にしているのです。

  

Little Art Talkslittlearttalks

Karin Jyuen(カリン・ユエン)がアートの世界をわかりやすく解説するYouTubeチャンネル。古今東西のアートにまつわる豆知識をお送りします。

・公式チャンネル

×
×
×
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
言葉は知ってるけど意味はよくわからない、「印象派」の歴史と起源

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る