logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

若い女性にも老婆にも見える? 錯視を生み出す「ゲシュタルト効果」とは

若い女性にも老婆にも見える? 錯視を生み出す「ゲシュタルト効果」とは

感覚は、どのように意識が情報を受けとるかを示していて、触覚、味覚、聴覚、視覚、嗅覚の感覚は脳に伝わります。そして、脳で認識がかたちづくられます。今回の「Little Art Talks」では、私たちが受け取る感覚と認識の違いについて解説します。

シリーズ
Little Art Talks
2014年5月5日のログ
スピーカー
Karin Yuen(カリン・ユエン) 氏
参照動画
Monday Minute: Sensation and Perception

私たちの感覚と認識について

カリン・ユエン氏 感覚と認識は、「どのように世界を理解できるか」という手段です。 感覚は、どのように意識が情報を受けとるかを示していて、触覚、味覚、聴覚、視覚、嗅覚の感覚は脳に伝わります。そして、脳で認識がかたちづくられます。 002 (スライド内のテキスト)感覚(Sensation):私たちが環境から受けとる外部の刺激あるいは情報。 003 004 (スライド内のテキスト)認識 (Perception):環境を理解するため感覚からの情報を処理する仕組み。2本の黄色いラインは同じ長さだが、上のラインのほうが遠くにあると認識するため、長く見える。 認識は、これらの感覚を判別する手段であり、環境を理解します。認識は、どれだけ感覚を判別できるかという程度に関わっていて、それ以前の経験に基づいています。 005 (スライド内のテキスト)感覚:端に三角形が付いた長い長方形。認識:矢印の形。 006 このイメージでは、感覚は白黒の形態を伝えますが、認識は肖像画であるということを語ります。ですが、みなさんが見えるのは、若い淑女か、あるいは歳取った女性どちらでしょうか? どのように認識が変化するか、認識が突如として転換するかわかるでしょう。 007 (スライド内のテキスト)線は立方体と認識される。しかし、どの面が正面? このようにして、錯視は私たちの目を欺きます。そして脳は、この情報を判別しようとして、情報を統御するのに有効なある一定のパターンを見つけようとします。これは、ゲシュタルト効果と呼ばれています。全体の合計が部分の合計よりも優先されるのです。

  

Little Art Talkslittlearttalks

Karin Jyuen(カリン・ユエン)がアートの世界をわかりやすく解説するYouTubeチャンネル。古今東西のアートにまつわる豆知識をお送りします。

・公式チャンネル

×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
若い女性にも老婆にも見える? 錯視を生み出す「ゲシュタルト効果」とは

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る