logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

監督がいない軟式野球部 主将を務めることで身につけたスキルとは?

監督がいない軟式野球部 主将を務めることで身につけたスキルとは?

今回「アカデミックTV」がインタビューしたのは京都産業大学法学部の4回生。監督がいない軟式野球部の主将を務めた経験について、苦労や学びを語ってくれました。

シリーズ
アカデミックTV
2015年10月24日のログ
スピーカー
京都産業大学 法学部 4回生
参照動画
京都産業大学 野球部主将にチームを強くするコツを聞きました!

軟式野球部主将にインタビュー

――自己紹介お願いします。 男子学生:京都産業大学4回、法学部です。 ――大学生活でがんばっていたこと。 男子学生 部活動をがんばっておりました。軟式野球部に入っていたので、そこで主将を一応務めさせていただいておりました。 ――主将で大変だったこと。 男子学生 監督さんがおられないので、私自身が部員をまとめるっていうところは大変でした。 ――監督がいなくて大変だったこと。 男子学生 試合のメンバーとかも僕自身が決めていたので、選手のコンディションとか体調とかをしっかり把握しないといけないので、練習中とかは積極的に声をかけて、選手を把握するようにしてました。 ――どんなチームですか? 男子学生 団結感があったと思います。一応、西日本大会準優勝っていうのはあるんですけど。 ――モチベーションが下がる瞬間。 男子学生 自分が打てなかった時とか、責任を感じてしまって、モチベーションが下がってしまいますね。 ――主将を支えた存在。 男子学生 よくキャッチャーの子とかけっこう僕を支えてくれて、励ましの言葉とかもらっていたので、なるべく部員にはあまりそういう不安なそぶりを見せないようにしてました。 ――キャッチャーの子に一言。 男子学生 ○○、ありがとう! ――主将をやって身についたもの。 男子学生 そうですね、やはり監督さんとかいないので、自分自身が決めれるっていう決断力とか主体性っていうところは身についたと思います。 ――今の大学生に一言。 男子学生 自分の目標を持ってやることで、筋道とか見えてくると思うんで、やはりしっかり目標を持って自ら行動するっていうのが一番大切じゃないかなと思います。

  

アカデミックTV

学生動画メディア。「大学生のリアルな声を届ける」をコンセプトに、学生が社会に対して発信したいことを自由に発信。面白い学生、夢ある学生を取材して、毎日19時更新。ためになる動画から企画動画まで盛りだくさん。

・公式YouTubeチャンネル

×
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
監督がいない軟式野球部 主将を務めることで身につけたスキルとは?

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る