logmi・ログミーファイナンス

投資・IR情報の書き起こしメディア

お金の不安はどうすれば消える? 不安定な時代だからこそ知っておきたい“資産運用”のメソッド

お金の不安はどうすれば消える? 不安定な時代だからこそ知っておきたい“資産運用”のメソッド

転職や結婚、留学など人生のあらゆる転機で考えざるを得ないお金の問題。お金の不安が新しい挑戦を妨げてしまうこともあります。プロ人事向け専門メディア「BizHint HR」が、株式会社お金のデザインで働く2人の“お金のプロ”を招き、セミナー「自分の人生にはどれくらいが必要? お金と徹底的に向き合う2時間」を開催。お金とキャリアの関係、ビジネスパーソンとして知っておくべきお金の常識や、お金に振り回されない人生の歩み方などをテーマに学び多いトークを繰り広げました。

シリーズ
自分の人生にはどれくらいが必要? お金と徹底的に向き合う2時間
2016年6月29日19時30分のログ
スピーカー
株式会社お金のデザイン COO 北澤直 氏
株式会社お金のデザイン Chief Business Development Officer 東郁人 氏
株式会社お金のデザイン Senior Communications Manager 藤本あゆみ 氏

お金と徹底的に向き合う2時間

司会者 それでは時間になりましたので、始めたいと思います。みなさん、こんばんは。 本日はプロ人事向け専門メディア「BizHint HR」主催「自分の人生にはどれくらいが必要? お金と徹底的に向き合う2時間」にお越しいただきまして、誠にありがとうございます。 普段は人事のみなさま向けのイベントを行っておりますが、今回は特別篇として、働く人側の立場に立ち、進めてまいりたいと思います。 本日は、お金のデザインのお2人に来ていただきました。ワークショップを入れながら、お金についてガッツリ話していこうと思います。 最初にお聞きしたいのですが「お金のデザイン」、もしくは「THEO」という名前やサービスを知っている方、どれくらいいらっしゃいますか? (会場挙手) 司会者 ありがとうございます。では、そこもお話いただきつつ、なぜ今日お2人に来ていただいたのか。どのようなキャリアを歩みながら、お金と一緒に決断をしてきたのか、などを話していきたいと思います。 本来なら私がこのまま司会をするのですが、今日は豪華なことに、お金のデザインのPR兼マーケティングの藤本あゆみさんにバトンタッチできるということなので、私は後ろで温度管理をしたり、みなさんのお顔色をうかがったりしながら、この場をよくしていこうと思います。では、バトンタッチしたいと思います。みなさん、大きな拍手でお迎えください。 (会場拍手)

まずはワークショップから

藤本あゆみ氏(以下、藤本) みなさん、こんばんは。今日はお忙しいなか、また足元の悪いなか、お時間をいただきましてありがとうございます。お金のデザインでマーケティングとPRを担当しております、藤本と申します。今日は時間が長いですけれど、よろしくお願いします。 IMG_5141 先ほど「THEOを知っている」と手を挙げていただいた方が多くて感動しています。こういうイベントだと、1人手が挙がるか挙がらないかくらいなんですけれど、みなさんがちょっとでも関心を持っていただけていると知って、今日はうれしいです。 この後、いきなり2人の話を始めてもいいんですけど、みなさんがどういうことに不安を感じているのか、どんなことを知りたいのか。私たちも知りたいと思っていまして、まずは簡単なワークショップを実施させていただきたいと思っています。その後に、2人に出てきていただいて、「キャリアとお金の関係って一体なんなのだろう?」ということについて、いろんなテーマから掘り下げていきたいと思っております。 最後に質疑応答の時間も設けています。こんなことを知りたい、こんなことが不安だ、といったことを、みなさんからご意見いただきたいと思っています。 それでは、ここからワークショップをしていただきたいと思います。 (会場ワークショップ。「資産運用にどんなイメージがありますか?」「お金の不安って一体なんですか?」2つの質問を投げかけ、参加者同士で意見交換・発表)

資産運用ってなんですか?

藤本 ありがとうございました。では、次のセッションに入りたいと思います。パネルディスカッションとして、弊社のCOOでもある北澤と東に登壇いただきたいと思います。 先ほどいただいた質問にも「独身と既婚、なにがちがうの?」というのがあったんですが、独身と既婚、両方とも、揃えさせていただきました。 (会場笑) 藤本 今日はパネルディスカッションというかたちで進めたいと思います。同じ会社にはいるんですけど、社内の異なる立場から話をすることで、いろんなことが生まれてくるのが我々のカルチャーの1つだと思っていまして、2人からはそれぞれの経験と違った立場から話してもらいたいと思っています。 では、さっそく2人に質問です。お2人にとって、資産運用とはなんでしょうか?  北澤直氏(以下、北澤) 先ほどご紹介がありましたけれど、お金のデザインという会社は、THEOという名称でロボアドバイザーをやっています。インターネットを通じて資産運用をみなさんにお届けする、そんな会社です。
IMG_5288
そのなかで、運用部門にいるのが東で、東に回答させようと思います。

家計を守ることも1つの資産運用

東郁人氏(以下、東) 資産運用、“運用”という言葉を使うと、アクティブな、要はお金を預けたり投資したり、そういう面が強いかと思うんです。 IMG_5207 ただ、個人に戻って資産運用ってなんだろうと考えると、先ほどお話しにありましたが、僕は既婚で、資産運用という意味では、貯金をしたり、消費行動をしないことで家計をちゃんと守る。それ自体が、すでに資産運用だと思っているんですね。妻とのお金の管理はお財布1つなんですけれど、家族でちゃんと資産保全をしていきましょうと。 ただし、運用していくというアクティブな方法で考えると、僕も仕事でずっとやっていたので、株式、債券、為替、コモディティとかを毎日見ているんですけど、「個人の資産運用でなにをしていますか」というと、ほとんどなにもやっていない。 トレーディングで稼ぐのは非常に難しいです。ブレグジットもありましたし、チャイナショックがあったり、リーマンショックがあったり、いろんな事象が各地で起きてくるなかで、いかにリスクをコントロールするかということを運用としてプロの世界でやっているんですけど、それを毎日毎日、生活のなかで見るというのは、わりが合わないのかな、と。 もう少し自分のキャリア、仕事をして経験を蓄積して、収入を得ていく。それで収入を得ることと、キャリアがちゃんと形成されていくことのほうがお金に対しての不安……「収入がなくなる=仕事ができない」ということになるので、「資産形成」と考えてもいいのかな。 資産運用というよりも、資産形成の保全をしていくなかで、自分のキャリアにもっとフォーカスした全体の資産、ヒューマンキャピタルも含めた資産運用と考えたほうがいいのかな、と思います。

不安定な時代にどう資産を考えればいいのか

藤本 今、チャイナショックとか、ブレグジットの話が出ましたけれど、今回、イギリスの件があったのでまとめてみました。1999年にユーロが誕生した後に、主に金融危機としてなにが起きたのか。 IMG_5217 金融危機と呼ばれる出来事を洗ってみました。もちろん、これ以外にもたくさんあります。見ていただくと、数年おきに、いろんなところで、いろんなことが起こっているんですけれど、そんな時代に、どう資産のことを考えればいいんでしょうか。  自分の資産のことですね。 藤本 こんな不安定な時代に、ですね。  こういうものって、結局、外の要因のほうが大きいので、自分でコントロールできないことのほうが大きいと思うんですね。「株式投資してみたい」と言っても、情報がないなかで「1つの銘柄買いましょう」と言っても、それは資産を保全するという意味はなくて、単なる博打で。5倍10倍になるものはほとんど世の中にないので、「そういうことはやめましょう」というのが私の基本的な考え方です。 資産を運用するという意味では、もう少し全体にリスクを分散させる。トレーディングって基本的にリスクのコントロールなので、どれだけ分散投資を安くやっているかというところで、忘れられる存在、運用される資産は忘れられていて、それは外部要因のほうが大きいので、外部要因には日々時間を割かないということが、ある意味、資産運用には大切なのかな、と私は思っております。

ゼロになるリスクがあるかどうかを考える

藤本 今、リスクの話があったと思うんですけれど、ご質問をいただいています。「リスクテイクの取り方、考え方をどう考えていらっしゃいますか?」。リスクって、その言葉自体には重いイメージがあるんですが……。  そうですね。(ワークショップにて)競馬の話もありましたけれど、そういうものってすごくリスクが高い。要はゼロになる確率がすごく高いものなので。そういうものに対して、理解がちゃんと深まるかということを、まず、なにかするときには考えたほうがいいと思います。 それは日々の消費行動でもあると思うんです。水を買う、飲んだらなくなる。そういう消費行動って、たぶんゼロになるものなんですけど、不動産を買うといっても、これはゼロにはなかなかなりにくい。ただし、大きな資産の価格変動リスクが大きい。レバレッジがかかっているということを考えたほうがいいと思うんです。 まず、ゼロになるリスクがあるのかないのかということだけは、もし金融商品を買う場合は、考えておいたほうがいいなと思っています。 確率的に少ないと言われているけれど、ゼロになる確率があるものというのは、僕は基本的に絶対に勧めないんです。 あと、リスクとは日々の価格変動のことをよく言います。そういう意味では、ある程度自分が忘れられるもの、安定したものを購入したほうがいいのかなと思います。簡単に言うと。

あなたの資産運用の目的は?

北澤 なにがリスクか、よくわからないですよね。なぜ資産運用するのか、なんのためにするのか、目的はなにかというのを、改めて考えてみてから、資産運用したほうがいいと思うんです。 先ほども競馬の例が出ましたけれど、例えば、不幸にも私の両親が亡くなって、500万円相続しました。その500万円を競馬で一点買いするかというと、絶対しないわけじゃないですか。私、直っていうんですけれど、親の遺志で「直、自分のやりたいことのために、これを活かしてね」って。その大事な500万円をつぎ込むわけはなくて。 その500万円を手段にして投資をしたい。その時に、例えば、5年後10年後くらいになにかをしたいというのであれば、その資産を大事に減らさないために増やすということをするわけです。「いやいや、僕は来年ハリウッドに行ってなにかしたいから1,500万円ほしいんだ」とか、「MBAを取りたいんだ」とか、「だから、この500万を1,500万にするしかないんだ」となれば、それは3倍にするためにそうした資産運用をするかもしれません。 なので、自分がどういうリスクを取って、なんのためにリスクを取っているのかということを把握しながら資産運用すべきだと思うんです。 もう1つ、われわれ資産運用会社をやっている側から言うのもなんですけれど、「資産運用しませんか」と言ってくる側にも、必ずそれ相応のメリットがあります。そこもコストの1つだと思うので、しっかり考えるべきだと思います。 私の亡くなった祖父が、「親になれない賭けごとはするな」と言っていたんです。実際その通りで、競馬のオッズの決め方は、胴元が儲かるような仕組みになっていて、その残りを配当するわけです。宝くじもそうだと思います。 そういったところってあると思うんです。例えば、「なになに証券でこういう資産運用がありますよ」といった時に、「もしかしたら年利10パーセントでこのくらいになるかもしれません」と言って。「かもしれませんよ」のところでリスク、リターンを把握することも重要ですけど、あとは、この会社がなんでこれを売っているんだろう、というところをちゃんと考えたほうがいいですね。 ビジネスの仕組みとして、なぜ自分にその商品を売っているんだろうか、と相手側の立場に立って考えてみて、これは僕を儲けさせようと思って売っているんじゃないんだろうな、とか、向こう側のメリットのほうが多いんだろうなと少しでも思ったら、それはやるべきではないのかなと思います。

投機と投資の違い

藤本 ありがとうございます。ご質問をいただいているんですけれど「資産運用のなかに投資は入りますか? それとも、別物ですか?」と。 北澤 「投機」って言い方がありますよね。リスクをすごく取ったゼロサムゲームみたいなことを、投機と言っています。 藤本 投機ってわかります? ちなみに私はさっぱりわからなくて、何度も聞いています。大丈夫ですか? 投機がもしわからなければ、2人がちゃんと説明してくれます。  (挙手して)僕、わかりません! 投機はしたことないから! (会場笑) 藤本 では、投機とはなんでしょうか? 北澤 僕のなかでの整理としては、なくなっちゃうかもしれないけれど、何倍にもなるかもしれない。競馬みたいなものですよね。そういうものが投機的な活動。いかにリスクを取るかという程度問題ですけれど、むちゃくちゃリスクを取っているものを投機というと思います。 藤本 それって「3倍増えます」「5倍増えます」とか、そういうものをイメージして大丈夫ですか? 北澤 そうそう。3倍とか5倍増えるかもしれないけれど、なくなっちゃうかもしれない。 藤本 ゼロになるかもしれないということですね。投資はそれではない、と。 北澤 そうですね。投資ってもっと大きな概念で、資産運用というと、ちゃんとその資産の目的を考えて投資を行うことを資産運用というのかなと思います。 藤本 投機とか投資はその手段であって、資産運用は目的。そんな捉え方でいいですか? 北澤 いいと思います。例えば、資産運用のなかで、500万円貰って400万は地味に運用して、100万はなくなるかもしれないけど、めちゃくちゃ増えるかもしれないものに「いいや」って。これも資産運用の方法かもしれないですね。 藤本 ある意味、リスクの分散でもありますよね。 北澤 さすがっ! 藤本 はい。毎日、勉強しております。ありがとうございます。みなさん、笑ってもらってもいいですよ。私がどれだけ無知かというところをぜひ笑っていただく場でもあるので、みなさんと同じような立場でこの話を聞いていきたいなと思っています。 (会場笑)

  
1問のみの読者アンケートです。
回答後、途中結果を見ることができますのでぜひご協力ください。
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
お金の不安はどうすれば消える? 不安定な時代だからこそ知っておきたい“資産運用”のメソッド
注目の決算説明会

おすすめログ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

人気ログランキング

TOPへ戻る