logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

キンコン西野「フォロワー数は一番の武器」就活や仕事で得をするSNS活用法

キンコン西野「フォロワー数は一番の武器」就活や仕事で得をするSNS活用法

キングコング西野亮廣氏と絵本作家のぶみ氏によるニコ生チャンネル「会議を見せるテレビ第14回」。今回は、就活の話題をきっかけに、SNSのフォロワー数がもつ価値について語り合いました。

シリーズ
キングコング西野亮廣と絵本作家のぶみ > 会議を見せるテレビ第14回
2016年5月20日のログ
スピーカー
お笑い芸人 西野亮廣 氏 
絵本作家 のぶみ 氏
構成作家 山口トンボ 氏
参照動画
会議を見せるテレビ 第14回

キンコン西野が「ダサい」と思う就活事情

山口トンボ氏(以下、トンボ) コメントで「就活ヤバいの話聞きたい」。 絵本作家のぶみ氏(以下、のぶみ) 就活ヤバい? 西野亮廣氏(以下、西野) なんだっけ? のぶみ なーに? 就活ヤバいって。 西野 それ、なんかニュースあったっけ? あー、なんか「就活ヤバい」みたいな。 のぶみ 就活、みんな今、100ぐらいやったりしてますからね。 西野 「それがダセー」って話をしたら、それがまた炎上して(笑)。 トンボ (笑)。 のぶみ なんで「ダセー」って言ったんだ(笑)。 西野 なんか、ダセーっていうか……。なんでそんなん言ったっけなあ……あ、たしか、なんかのイベント終わりでインタビューをされたんですよ。 就活のことを特集していて、そういう団体の方からインタビュー受けて、「就活のことについて、どうお考えですか?」みたいなことを言われて、「ダセー」って言っちゃったんですよ。 のぶみ なんで「ダセー」って言っちゃったの?(笑) 西野 ダセーっていうのは……なんだろう、100社ぐらい受けたりするんですって。 トンボ あー、もうね。 のぶみ けっこう前からそうですよ。

100社受ける就活には幸せな未来がない

西野 もう入り口から幸せじゃないじゃないですか。幸せな未来が待ってない。それで、第80希望の会社が通る可能性があるってことですよね。 トンボ まあ、そうですよ。 西野 自分のなかで、第80希望とか。 のぶみ 第80希望ということは、80番目に自分がいいと思ってる会社になってしまうから。 西野 80番目のいいってなんすか? のぶみ (笑)。 西野 俺、世の中で、今まで生きてきて、80番目にいいものなんて出てこないっすよ。 トンボ 頭に浮かばないですね。 のぶみ 食べ物とかでも浮かんでこないよね。 西野 今、3つか4つでいっぱいなのに。 トンボ 下手したら嫌いなものですもんね。 西野 嫌いに入ってるんじゃないですか、もう。そうなったときに、でも自分が80番目にいいというこの会社は、誰かが一番いいと思ってる会社かもしれないじゃないですか。 トンボ いや、それはそうですよ。 西野 じゃあ、ここに入った時点で、まず勝てないですよね。 トンボ まあ、そうですね。 のぶみ 楽しくないもんね。 西野 そう、この仕事に第1希望で来てる人と、第80希望で来てる人やったら不幸じゃないですか。もう勝てないから。 トンボ うん。 西野 それがまずもったいないって思ったのと、100社って考えたら、1社何時間かけてんのかなとか思って。 面接とか、履歴書書いたり、会社のこと調べたりだとか。1社あたり何時間かけてんのやろうと思って。 のぶみ ほんとだよなあ。 トンボ まあ、たしかにたしかに。 西野 ざっくり5時間だとしても、500時間でしょ。500時間あれば、どこの企業も喉から手が出てほしくなるぐらいの、なんか1個武器作れるぞと。500時間で1個のことやりゃ。 トンボ なるほど。 西野 そっちに合わせにいくんじゃなくて、まずその時間使って超おもしろいことして武器作っちゃったほうが就職の近道なんじゃねーかって話をしたら、それが説明がすごくめんどくさくって、「就活ダセー」って言ったんですけど。 トンボ はしょりがすぎますよ(笑)。 のぶみ 政治家とか、それでダメになるもんね(笑)。

一番の武器は「SNSのフォロワー」

西野 それで、今一番の武器は、フォロワーじゃないかっていう話です。 トンボ あー、Twitterの? 西野 Twitterとか、Instagramでもなんでもいいけど。 トンボ FacebookとかSNSの。 西野 そう。SNSのフォロワー、まじで「1万人フォロワーがいます」っていう新入社員がいたら、僕間違いなく抱きつきにいきますよ。 トンボ なるほど。 西野 本来は宣伝しようと思ったら宣伝費がかかるものなのに、いち社員が宣伝力を持ってるっていうのは、すごい武器だよなと。 トンボ たしかにたしかに。 西野 高校とか大学とかいる間にふざけまくって、フォロワー増やしといたほうが、まあなんにでも応用が効くよなと思うんです。

無名の一般人がフォロワー1万人つくるには

のぶみ なにかやるっていったら、それ期待するしね。(コメントで)「一般人でもできるフォロワーの作り方を教えてほしい」って書いてある。 有名人は、例えば1万人いくっていったら……まあけっこう大変だけど。一般人で、例えば無名ってことでやるとどうします? 西野 美人やったら、もう絶対に顔晒しますよね。イケメンと美人やったら、完全にイケてるショットばっかり。 トンボ まあまあ、そうですよね。もう才能ですもんね。 西野 それは才能だから。だからもう、あとは企画じゃないですか? なんかいるじゃないですか。Vineとかで変な顔してる女の子。 トンボ もうすごいフォロワーの。 西野 すごいよね。あの子が面接に来たらもう即採用ですよ。 トンボ ほんとにそうですよね。 西野 まずいいのが、フォロワーをつかまえるだけのアイデア力があるっていう。フォロワーがいるって。 のぶみ そうか。 トンボ タレントとかでも、フォロワー(数)で見たりする場面ありますもんね。 西野 そうそうそう。 トンボ 会議とかで、フォロワーの多い人のほうが……やっぱこの人すごいとか。

フォロワーの増やし方はアイデア次第

のぶみ 僕が思うのは、フォロワーの増やし方って、やっぱり挑戦だと思うな。例えば、100社面接行った人とか、Twitterで「こういうふうにやったんだけど、ここができなかった」とか、それを実録でやって100社挑戦していってるっていう、過程を見せるっていうのもけっこうおもしろいと思うし。 だから、ただなんにもやらないであれだとぜんぜんおもしろくないから、やっぱなんかアイデアを練ったり。それでアイデアが出ないんだったら、なにかに挑戦していってほしいし。 西野 あー、そうですよね。 のぶみ 「これ、できるのかやってみる」っていう(笑)。 西野 でも、そういうのやってるやついますよ。やっぱりそっちのほうが良くないですか? のぶみ そっちのほうが人生がおもしろくなってくるような気がするけどなあ。

SNSは自己紹介代わりにちょうどいい

西野 そっちのほうがいい気がするんだけどなあ。最近、なんかもう、人としゃべるのがめんどくさくなってきてですね。 トンボ (笑)。 西野 これはよくないとは思ってるんですけど。そういうときってないですか? トンボ 説明するのが億劫ってことですか? 西野 めんどくさい、最近もう。 のぶみ (笑)。 トンボ なんかわかる気がしますけどね(笑)。「そっから話さなあかんか」っていう。 西野 そうそう。それが最近すっごい多いんですよ。とくに、ほんと話戻るんですけど、お笑いを周りに説明するとき、「え、こっから言わなあかんの?」みたいな。 トンボ 「西野、あれってどういうことなん?」っていうことみたいな。 西野 「えー!? こっから?」みたいな。 トンボ そうかそうか。たしかにね。それを話すには、前の話をしないと伝わらないみたいなね。 西野 超めんどくさい。でもこれ、やらなきゃいけないんですよね。 のぶみ そうですよ。 トンボ まあ、そうですよね。 のぶみ 僕も「絵本作家にはなんでなったんですか?」っていう話をもう1000回ぐらいしてると思います(笑)。 トンボ だから、「ちょっとこれ見といてもらっていいですか」っていうものを1個用意しておくほうがいいかもしれない(笑)。 西野 そうですよねー。 トンボ 「この動画、ちょっと3分ぐらいでまとまってるんで、見といてもらっていいですか」みたいな(笑)。説明書みたいなものがあるとね。 西野 めんどくさい。 のぶみ めんどくさいんだ。 トンボ とくに活動が人とは変わってきちゃってるから。

SNSが炎上する有名人たちの集まり

西野 変なことなっちゃってるから。なんか今度、TBSの特番で、「SNSで言いすぎちゃうか」みたいなタレントさんばっか集まって、「どうなの?」みたいな、話し合う番組があるんですよ。 トンボ はいはいはい。 のぶみ それ、おもしろいっすね! 西野 おもしろいっすよ。メンツは言えないですけど、方方で話題になってる人ですよ。 のぶみ 挑戦ですね、それTBS(笑)。 西野 いや、まあまあそうですよね。それに対する……なんだろう。僕はいいと思うんです、全部。要は、堀江さんがなに言おうが、尾木ママがなに言おうが、茂木健一郎さんがなに言おうが、誰がなに言おうがいいと思うんです。 それに対して、けっこういろんな人が「言いすぎだ」とか。 トンボ 怒ってますよね。 西野 怒るんですよ。「面と向かって言え」とか。 トンボ はいはいはい。 西野 それ、みんなけっこう言うんですよね。「言うんだったら、面と向かって言えよ」みたいな。一見すごい真っ当な響きですけど、「面と向かって言えよ」って。その理屈で言うと、ワイドショーのコメンテーター全滅ですよ。 のぶみ そうですよね(笑)。 西野 だって、それはベッキーの不倫とか、清原のあれとか、別に誰も面と向かって言ってないじゃないですか。 でも、テレビはなんか知らないけどセーフで、SNSは「面と向かって言え」っていうのは、その住み分けは僕はあんまりよくわからないとか。そんなこと、いちいち説明しなきゃいけない、非常にもうめんどくさくてめんどくさくて。 のぶみ (笑)。 西野 「まだそんなレベルの話してんのか?」みたいな。イライライライラしてるんですよ、最近。 トンボ なるほど、そうかー。

  

キングコング西野亮廣と絵本作家のぶみ 会議を見せるテレビkaigi

仲間と呑み屋でしている、「次あんな事しようや!」という話をそのまま見せちゃおうという番組です。企画や仕事が出来上がっていく過程をそのまま放送します。旬な2人のライブ感を存分にお楽しみ下さい。

・公式チャンネル

×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
キンコン西野「フォロワー数は一番の武器」就活や仕事で得をするSNS活用法

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る