logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

「自己分析の闇にとらわれてしまった」就活中の男子学生が不安を払拭するためにやったこと

「自己分析の闇にとらわれてしまった」就活中の男子学生が不安を払拭するためにやったこと

今回「アカデミックTV」のインタビューに答えたのは、就活中の男子大学生。2月までは自己分析の闇にとらわれていたという彼は、3月に入り合同説明会に足繁く通った結果、自分の将来のために頑張っているという実感が持てたそうです。最後には後輩に向けてのアドバイスも語りました。

シリーズ
アカデミックTV
2016年5月14日のログ
スピーカー
関西大学 経済学部 学生
参照動画
【関西大学】就活で思い悩んだ学生が学んだこととは??

――就活の本音は? 男子学生 僕は2月ぐらいにずっと自己分析をしていまして、それでけっこう自己分析の闇みたいなものにとらわれてしまって。「自分はどうしよう」ってなってたんですけれども、3月説明会ラッシュだったと思うんですよ。(採用情報の公開の)解禁で。大手の人材会社とか。 僕もう不安しかなかったのでとりあえず行きまくったんですね、合同説明会に。そしたらそこでいろんな人事の人の話聞けて、自分だけでするんじゃなくて、そういうところに行って自分がワクワクするのとか知れたから、そういう意味で合同説明会行って、僕はすごく自己分析はかどったので。 昔は就職活動に対してかなりマイナスなイメージだったんですけれども、合同説明会行って、自分の将来のために頑張ってるんだなっていう気持ちでできてて、すごくいいです。 ――後輩に向けてメッセージをお願いします。 僕も大学生活でなにをやったかって言ったらそんなにないんですけど、それたぶんほかの学生も同じだなって気づいて。だから今僕はほかの人と同じ立ち位置なんですけど、やっぱ3回生だったらまだ1年あるので、いろんなところに興味をもって、例えば僕だったら経済学部で、証券会社とか調べて行ったら「あ、昔からNISAとかやっといたらよかったな」とか。 一心不乱になにかに取り組めば見えてくるものがあると思います。

  

アカデミックTV

学生動画メディア。「大学生のリアルな声を届ける」をコンセプトに、学生が社会に対して発信したいことを自由に発信。面白い学生、夢ある学生を取材して、毎日19時更新。ためになる動画から企画動画まで盛りだくさん。

・公式YouTubeチャンネル

×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
「自己分析の闇にとらわれてしまった」就活中の男子学生が不安を払拭するためにやったこと

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る