logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

「世界で誰も手をつけてないことを」近大男子が抱く将来の野望

「世界で誰も手をつけてないことを」近大男子が抱く将来の野望

今回「アカデミックTV」がインタビューしたのは近畿大学の1回生。前期は大学に対して不満を感じあまり授業にでなかったという彼ですが、心配してくれた友達のためにも後期はがんばっているんだそう。将来は、「世界で誰も手をつけていないことに挑戦したい」と大きな野望を語ってくれました。

シリーズ
アカデミックTV
2015年10月18日のログ
スピーカー
近畿大学 総合社会学部 1回生
参照動画
近畿大学 単位はないけど夢がある!笑 学生にインタビューしてきました♪

ゼロからなにかを作り出したい

――自己紹介をお願いします。 男子学生 近畿大学総合社会学部1回生です。 ――今、がんばっていることありますか? 男子学生 僕、前期あんまりがんばれなくて。大学に不満がいろいろありまして、ぜんぜん学校に行っていなくて。 後期になって友達とかみんな心配してくれて、そのためにも自分のためにも後期からはがんばっていこうかなって思ってがんばってます。 ――大学に不満とは? 男子学生 学問を学ぶというよりは、朝早く起きて行くだけみたいな。自分が学ぼうと思ってない授業が多い。朝起きてる習慣だけのために行っているような気がして。 自分から学ぶ意識が少なかっただけなんですけど、そこが僕には足りなかったので、前期はサボってましたね。 ――将来の夢は? 男子学生 僕、将来は人にはできない仕事をやりたいなって思ってます! みんなには言ってないんですけれど、会社とかは結局ある程度あるものに入っていくだけでゼロからのスタートじゃない。まだどういうものか具体的に思い浮かんでいるわけではないんですけれど、世界で誰も手をつけてないことに挑戦していきたいなって昔から思ってます。

  
×
×
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
「世界で誰も手をつけてないことを」近大男子が抱く将来の野望

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る