logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

「実社会では二度とオールAなんか取れない」 ロバート・デ・ニーロが卒業生に贈った祝辞

「実社会では二度とオールAなんか取れない」 ロバート・デ・ニーロが卒業生に贈った祝辞

2015年度のニューヨーク大学・ティッシュ芸術学部(NYU Tisch School of the Arts)卒業式で行われた映画俳優・Robert De Niro(ロバート・デ・ニーロ)氏のスピーチをまとめました。『マイ・インターン』『ゴッドファーザー PART II』『レイジング・ブル』『ヒート』など数々の名作映画に出演してきたデ・ニーロ。「理性、論理、常識。芸術学部で? 嘘だろ?」「情熱は常に常識に打ち勝つべきだ」「実社会では二度とオールAを取ることはない」「拒絶は自分の実力の問題ではない」といった、彼らしいユニークなジョークや、勇気を貰える名言が次々と飛び出します。

スピーカー
俳優 Robert De Niro(ロバート・デ・ニーロ) 氏
参照動画
Robert De Niro - Tisch Salute 2015

理性、論理、常識。芸術学部で? 嘘だろ?

1 芸術学部卒は医学部や会計学科のように大学卒業後の仕事の保証がありません。デ・ニーロは会計を学んでいた学生は、成功と安定が予想される仕事に就くために、理性と論理と常識を用いた可能性が高いと話します。

もう人生めちゃくちゃだぞ。考えてもみろ。看護学部の卒業生にはみんな仕事がある。歯学部出身の学生も完全に雇用される。ビジネススクールの卒業生も問題ない。医学部の卒業生は1人残らず仕事にありつく。誇り高きロースクールの卒業生も大丈夫だ。もし大丈夫でなかったとしてもどうだっていい。彼らは弁護士なんだから。
英文科は例外だ。彼らは家に籠って小説を書くだろう。教師はクソみたいな仕事で低賃金だが、それでも働くだろう。
会計学科の卒業生もみんな仕事がある。君らはどうだ? 会計士が羨ましいか? そうじゃないだろう。会計学科の学生には選択肢があった。ひょっとすると会計学に夢中だったのかもしれないが、私は彼らが、成功と安定が予想される仕事に就くために、理性と論理と常識を用いた可能性が高いと思う。
理性、論理、常識。芸術学部で? 嘘だろ?

君たちは自分の運命をつかもうとしているのだ

芸術を志す者たちは、自分の才能に気づき、野心を抱きます。それはもう自分の心に従うしかないと、卒業生に語りかけました。

君たちは自分の才能に気づき、野心を抱き、自らの情熱を理解した。そう感じた以上、もう抗うことはできない。従うしかない。
芸術に関して言えば、情熱は常に常識に打ち勝つべきだ。君たちはただ夢を追っているんじゃない。自分の運命をつかもうとしているのだ。
君たちはダンサーで、歌手で、振付師で、音楽家で、映画製作者で、作家で、写真家で、監督で、演出家で、役者で、芸術家だ。ああ、もう駄目だ。

拒絶は自分の実力の問題ではない

2 表現の仕事をする者は「一生拒絶され続ける」ということを経験します。それは辛いことでもあります。しかし、数々のオーディションを受けては落ち続けるという経験をしてきたデ・ニーロは「拒絶は自分の実力の問題ではない」と話します。

君たちには新しい扉が開かれようとしている。一生拒絶され続ける扉だ。避けられないことなんだよ。これが卒業生がよく言う実社会というやつだ。
君は、役を得るためにオーディションを受けたり、会社で仕事をしようとする時に拒絶を経験する。自分が書いたものを読んでもらおうとしたり、監督や振付師の仕事を探している時に目の前で扉が閉められた時に拒絶を感じる。
これをどうやって乗り越えるのか? 精神安定剤と鎮痛剤が効くらしいぞ。
拒絶されると辛いだろう。でも私の実感では、拒絶というのは自分の実力の問題ではないことが大半だ。君がオーディションを受けたり売り込みをしたりしている時、監督やプロデューサーや出資者は何か別のものや別の人を思い描いているかもしれないんだ。そういうもんなんだよ。
私も最近拒絶を経験したよ。『グローリー/明日への行進』のマーティン・ルーサー・キング役(キング牧師)のオーディションを受けた時だ。すごく残念だった。あの役を完璧に演じることができたのに。まさに私のために書かれた役だと思ったよ。

指示に耳を貸しなさい。それと同時に、自分の心の声も聞くんだ

3 現場の最終的な決定を下すのは監督であると忘れてはいけません。しかし、自分に対しても素直であるべきだと話します。

君たちは仕事上、多くの指示を受けるだろう。指示のいくつかは監督や映画会社の社長や経理や作家から出される。とはいえ、作家はだいたい脇に追いやられているけど。同業の芸術家から指示されることもある。ところで私は作家が大好きで、いつもセットにいてもらっている。
そういう指示全てに耳を貸しなさい。それと同時に、自分の心の声も聞くんだ。
君が雇われたのは、監督がオーディションで何か光るものを感じたからだ。それは君の読み方だったり、彼らの考えにぴったり合う存在感だったりする。時には自分なりの方法を試してみる機会が与えられるかもしれない。でも最終決定権は監督にある。
君は仕事上監督の要求に従わなくてはいけないが、自分に対しても素直でなくてはいけない。これは葛藤を生み出すだろう。君は君の方法で役を演じたい。監督には違う考えがある。監督と話し合うんだ。歩み寄れるかもしれない。いかなる場合でも、両方の方法を試してみるべきなんだ。
セットにせよ舞台にせよ、誰かが最終的な決定を下さなくてはいけない。誰かが全てをまとめなくてはいけない。それが監督なんだ。そこはわきまえろ。もし舞台や映画に出なかったら、誰も君が「正しい方法」で演じるのを見ることができない。

とにかくやってみるしかないんだ

「失敗を恐れるな」「先入観を持たず、新しい経験や考えを受け入れろ」「全てを良くしようと頑張れ」……。尻込みをせずに、行動することの重要性を説きます。

陳腐に聞こえるが、私は子どもたちに失敗を恐れるなと伝える。思いきって行動し、先入観を持たず、新しい経験や考えを受け入れろと勧める。行ってみなければわからないだろうと言う。果敢に外に出て、とにかくやってみるしかないんだ。
もし彼らが舞台芸術の世界で生きていく才能と強い望みを持っているのなら、私はこう言う。誰かと一緒に仕事をする時は、全てを良くしようと頑張れ。だが君はプロジェクトの全てに責任があるわけではない。責任があるのは君の役割だけだ。

実社会では二度とオールAを取ることはない

4 学校では努力をすれば通知表でオールAを取れることもあるでしょう。しかし、実社会ではそうはいきません。良い時もあれば悪い時もあります。でも「それで大丈夫なんだ」とデ・ニーロは語ります。

ところで、君の最善が不十分なこともあるだろう。これには多くの理由があり得る。でも君が全力を出し続ける限り、君は大丈夫だ。学校でオールAを取ったことがあるかい? もしあるなら、良かったな、おめでとう。
でも実社会では、君はもう二度とオールAなんか取ることはない。
良い時もあれば悪い時もあるんだ。私が今日言いたいのは、それで大丈夫だということだ。

座右の銘は「次!」

5 もしもうまくいかない日があったら? そんな時は「次!」。

あの役を得られなかった? ここで出番だ。次! 君は次の役か、その次の役を得るだろう。
ジュリアード音楽院に入れなかった? 次だ。イエールかティッシュに入れ。
私は若いクリエーターに囲まれてこの場にいることができて嬉しいし、光栄に思う。君たちは舞台芸術やメディアアートの未来に希望を与えてくれるんだ。
ここにいるみんながきっと夢を叶えられる。成功を祈るよ。「次!」ありがとう。
引用元 「理性、倫理、常識、芸術学部で? 嘘だろ?」ロバート・デ・ニーロがクリエイターを志す若者たちへメッセージ 何かを得るためには思いきって行動すること、先入観を持たず、新しい経験や考えを受け入れていくことが必要です。もしも誰かに拒絶されたり、失敗してくじけそうになった日は「次!」と唱えて前に進みましょう。

  
×
×
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
「実社会では二度とオールAなんか取れない」 ロバート・デ・ニーロが卒業生に贈った祝辞

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る