logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

我々はチンパンジーと子作りできるのか? とある博士の異常な実験

我々はチンパンジーと子作りできるのか? とある博士の異常な実験

世界にはたくさんの異種間交配種がいます。オスのロバとメスのウマの交雑種のラバ、オスライオンとメスのトラの混血であるライガー、シマウマと馬のハーフであるゼブロイドなど。では、人間も自分たちと近いDNAを持つ、猿やチンパンジーとのハイブリットを作ることが可能なのでしょうか? 誰もが一度は考えるこの疑問について、挑んだソビエト(ロシア)の科学者がいました。その名はイリヤ・イワノフ。彼は1920年代にチンパンジーやオランウータンを含む何匹ものサルに自分の精子を注入、ボランティアの女性にサルの精液を受精させることを試みました。その異常な交配実験の結果とは……?

シリーズ
SciShow
2013年7月11日のログ
スピーカー
Hank Green (ハンク・グリーン) 氏
参照動画
How to Make A Humanzee

チンパンジーと人間は交配できるのか?

ハンク・グリーン氏 たくさんの異種間の交配種がある。ラバ、ライガー、ゼブロイド、ビーファロ、昨今議論を呼んでいるグローラーベアなんかね。 でもどちらかと言えば、人間はそういうのとは別のレベルにいると思うよね。ぼくたちは人間で、ぼくたちに近い種すらいないんだ。一体どうやって何かと異種交配するって言うんだ? おええ! でもね、聞いてくれる? それはすでに行なわれてるんだ。そしてまた行なわれるかもしれないって言っている人もいる。 gazou3 すでに行なわれたっていうのは、ぼくたちみんなにネアンデルタール人が少し入っているからで、前回のSciShowで話したように、平均的なヨーロッパ人は1〜4パーセントがネアンデルタール人なんだ。 だから、実際には、ぼくたちはみんな異種間の交配種なんだ。そのDNAはぼくたちの種にあまりにも深く染みこんでいるから、基本的にそれはぼくたちを人間たらしめているものの一部だけどね。 ところがもっと恐ろしくて興味をそそられる、たずねるべき質問は「それはまた起こるだろうか?」ってことだ。 gazou5 この質問をしてきた人はたくさんいるし、人間と、ぼくたちに最も近い遺伝子的な親戚であるチンパンジーを異種交配することが可能かどうかを、はっきりさせたい衝動にかられてきている人さえいる。 さて、これ以上先へ進む前に、SciShowの公的立場をはっきりさせよう、願わくは、人類にとってこれはとんでもない考えだ。 それはひどく道義に反する、つまり多くの遺伝的障害を持つ可能性を含んだ、そして彼、あるいは彼女の種において唯一のメンバーとなってしまう、知覚の能力を持つ生命体の創造を、科学の研究のために行なうなんて、ダメだし間違ってるし、もはや悪魔の所業だ。 しかしね、それでも議論するには魅力的なことだ、実際にそれを行なうってことを考えないかぎりね。というわけでまず、それは可能か? gazou8 さて、人間とチンパンジーはたくさんのDNAを共有しているね。彼らは人間より染色体が1組多いけど、染色体の数が違うってことは異種交配の絶対的な障壁にはならない。事実、その種の個体の中には、染色体の数がちがうものもいるし、彼らはうまくやっているよ。染色体多型として知られている状態だね。 実際に2010年には、完璧に正常な繁殖力を持った中国人の男性が、22の染色体しか持っていないことが発見されたんだ。 gazou12 結局のところ、人間とチンパンジーの間の遺伝子的な差異は、ウマとシマウマの間の遺伝子的な差異とだいたい同じだってことだ。シマウマとウマの交配種はつねに行なわれているよね。

人間の男性×メスのチンパンジーでマンパンジー

gazou13 ここで専門用語について手短に言うと、遺伝学者がこういった名前のマッシュアップを作るとき、実際に彼らが交配動物についてやっていることなんだけど、彼らはその混成語に先に父親を置いて、母親を次に置くんだ。だからもしそれがオスのチンパンジーと人間の女性なら「チューマン」で、人間の男性とメスのチンパンジーなら「ヒューマンジー」か「マンパンジー」になるね。 gazou14 そう、マンパンジー。 2006年に、5〜700万年前に生きていた人間とチンパンジーの最後の共通の祖先の後に、人間とチンパンジーの種族の間で120万年に渡って異種交配が行なわれていたということを、遺伝子に関する研究が示したんだ。 それはそんなに驚くことでもないね、というのはそれらの種族はよく似ていて、同じような場所に住んでいたから、でも古人類学者たちは、そのニュースが発表されたときはちょっとショックだったかもね。 でも近年の人間とチンパンジーの交配種の証拠はないんだ、それは試していないからじゃなくてね。

サルに自分の精子を注入した科学者

gazou17 1920年代に、ソビエトの生物学者イリヤ・イワノフは、チンパンジーやオランウータンを含む何匹ものサルに自分の精子を注入した。 もっと気味の悪いことに、彼は人間のボランティアにサルの精液を受精させることを試みたんだ。 いいニュースは、彼はそれを失敗したってこと。悪いニュースは、その失敗は、彼の霊長類の被験者たちがおそらくひどく虐待されたせいでみんな死んでしまったからということ。 イワノフの研究はどんな種類の妊娠状態にもならず、最終的に彼の研究は詳細な調査の対象となり、ある意味当然、政府はひどく怒って彼をカザフスタンに追放し、彼はその2、3年後にそこで亡くなった。 そのとんでもない研究が、人間とチンパンジーの交配種が可能かどうかについてぼくたちが確実に知ることができる範囲だ。そして幸運にも、ぼくたちが今後確実に知ることができる最大のものだろう。 それを行なうことが可能であろうとなかろうと、ぼくたちはみんなそれをやるべきじゃないってことに同意できるよね。

  

SciShow

Hank Green(ハンク・グリーン)たちがサイエンスに関する話題をわかりやすく解説するYouTubeチャンネル。

・公式チャンネル

×
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
我々はチンパンジーと子作りできるのか? とある博士の異常な実験

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る