logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

矢口真里「賞金首でした」「精神が鍛えられている」 芸能界の嫌われ者を自負

矢口真里「賞金首でした」「精神が鍛えられている」 芸能界の嫌われ者を自負

クエンティン・タランティーノ監督最新作、映画『ヘイトフルエイト』の記者発表会に元モーニング娘。の矢口真里と芸人の品川庄司が登場。それぞれの「嫌われ者エピソード」について語ります。不倫スキャンダルによって記者に追われていた矢口は、当時について「賞金首だった」とコメント。「精神が鍛えられている」と、現在の思いについて語りました。

シリーズ
『ヘイトフルエイト』矢口真里・品川庄司トークイベント
2016年2月21日のログ
スピーカー
品川庄司 品川祐
品川庄司 庄司智春
矢口真里

芸能界の嫌われ者!? 矢口真里と品川庄司が集結!

司会 ヘイトフルと言いますと、やっぱり「曲者」「嫌われ者」といった意味がございまして、お三方を呼ばせていただきまして。 品川祐 氏(以下、品川) お三方というか、僕と矢口ちゃんのことですかね。 矢口真里氏(以下、矢口) そうですね、たぶん。自負しております。あれ? 庄司さんは、でも……。 品川 庄司は別に嫌われてもないけど、好かれてもないですよね(笑)。 庄司智春氏(以下、庄司) 「何もない」みたいな言い方するなよ! 品川 あの、普通というか。

藤本美貴ファンの前で「ミキティー!」

司会 ただ、庄司さんに関しては奥様……。 矢口 ミキティ(藤本美貴)? 司会 そうですよ。 品川 ミキティですからね。 司会 やっぱり、ほら、円満になる前に……。 品川 ミキティファンは嫌いでしょう、お前のこと? 庄司 いや、以前はたぶんそうだったと思いますけど、もう和解しましたから。 司会 どうやって? 品川 会ったんだよね。 庄司 そうなんですよ。10周年記念のライブに僕お客さんとして見に行って。そしたら、その会場でミキティファンが僕のことを見つけて「庄司コール」をしてくれたんですよ。 矢口 おお、すごい。 司会 おお。 庄司 その「庄司コール」の中で、僕ミキティファンに向かって一礼をして、「ミキティー!」って叫んだら「うおー!」って盛り上がってくれて。その日の夜の2ちゃんねるに「もう許してやろうぜ」って(笑)。 品川 「認めてやろうぜ」みたいなこと。 庄司 「同じ女を愛した男だからな」って、格好いいね、そこで和解したんですよ。 矢口 でも、いいことだよ。すごいいいこと。 司会 いい話ですね。ちゃんと2ちゃんねるもチェックしてたんですね。 庄司 そうそう、そうなんですよ。 司会 でも、それまで辛くなかったですか? 庄司 いや、でもね、「いろいろ言われんのかな」とか「いろいろされるのかな」という、勝手に思ってたんですけど。当時、出版をしたんですよ、僕が。 握手会をしてたら、女の人がけっこう来てくれたんですけど、その中にぽつぽつとね、お笑いライブでは見たことのない男性が何人かいて。「あ、もしかしたら、ミキティのファンかな」と思って。 そしたら、そうだったんですよ。一応握手して。何か言うのかなと思ったら、「絶対に幸せにしろよな」ってすごい格好いい熱いミキティのファンだったんで。けっこう思ってたよりも優しいファンの方が多かったですよ。 矢口 もう公認ですよね。 庄司 そうです。よかったですよ。 司会 矢口さんだってそれは、同じ「モーニング娘。」として何か実感してるところあるんですか? 矢口 いや、当初からラブラブですし、今もやっぱすごくいい家庭の象徴というか。なんか「曲者」「嫌われ者」感はほぼない……。 庄司 でも、1回ね、矢口ちゃんとヘキサゴンで同じCDを出してイベントをした時に、出演者のプレゼントBOXみたいなのがあったんですよ。差し入れみたいな。そこにミキティのCD100枚ぐらい僕に持ってきた人いましたけどね。 矢口 あー、そうだ! 「これで勉強してください」(笑)。 庄司 「勉強してください」というか、「もう必要なくなりました」ということなのかもしれないけど。 矢口 あった。ありましたね。 品川 でも、今日は2人お揃いの帽子でなんか……。 矢口 え、これ? 品川 うん。 矢口 え、ペアルックなわけないじゃない。 庄司 『ヘイトフルエイト』の、この感じで来たんです。 矢口 そうそう。帽子もキーワードにもなってきますから。 品川 ……、なんかあるんじゃないの?(笑) 庄司 ないわ(笑)。 矢口 もう、わざわざYahoo!ニュース作るの、やめてもらっていいですか?(笑) 品川 わざわざYahoo!ニュース作る? わざとやってるわけじゃないですよ。 庄司 何もないです(笑)。 品川 いや、何で2人、俺さ、「あれ、俺もかぶんなきゃいけないのかな」と思って。俺だけサボった感じになんない? 庄司 まあ、普段でも被ってますけど、今日は『ヘイトフルエイト』だから。 矢口 ほらほら、そう、あったじゃないですか? けっこうキーワード的な。そう、これちょっとあんま言えないですけど。だからちょっと被って。 品川 なんか俺だけさ、「あいつ、空気読んでない」って逆になるのやだなと思って。 庄司 だからといって変な……。 矢口 変な関係性ないですよ(笑)。 品川 いや、これはもうYahoo!ニュースに載せましょう(笑)。 矢口 よりクリアに(笑)。 司会 でも、庄司さんは、じゃあけっこういい人になったということですよね? 庄司 まあ、いろいろ経て。そうですね。

賞金首のように記者に追われていた

司会 お二人はどうですか? その、ヘイトフルな……。 矢口 私はもう順調に嫌われてますけど(笑)。ただ、やっぱその中でも強くなっていっているので、私は精神を鍛えられてる感じで。 最近もほら、話題のニュースたくさんあるじゃないですか? その中でも私の名前がけっこう浮上なんですけど。ただ、それも強みに変えて今日もこうやって「曲者」という形で、こんなね、みなさんの前で語れる。 庄司 嫌われ仕事ですよ。 矢口 そうそうそう(笑)。 庄司 ヘイトフルワークでしょう?(笑) 矢口 そうそう。だから、やっぱ芸能界ってすごいなと思いながら。 司会 でも、相当辛い経験あったんじゃないですか、ヘイトフルな? 矢口 ヘイトフルな、ですか。この映画にも出てくるんですけど、私、たぶん世間で賞金首ぐらいの形で記者に追われてた時はあります(笑)。 庄司 注目された時があったからね。 品川 賞金首と思われてた? 矢口 そう、賞金首。「あいつの首取ったれ」ぐらいの家の囲まれ方はしたことあります。 品川 うまいね。ちゃんと『ヘイトフルエイト』の出てくることをかけてさ。うまいね、相変わらず。いや、相変わらずうまいなと思ってたの。 矢口 ありがとうございます。賞金首で(笑)。

  
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
矢口真里「賞金首でした」「精神が鍛えられている」 芸能界の嫌われ者を自負

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る