logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

年末年始、これだけは読んでおきたいログミー名スピーチ10選

年末年始、これだけは読んでおきたいログミー名スピーチ10選

上質な年末年始を過ごすために、2015年によく読まれたログミーの人気記事をまとめてみました。「ジャパネットたかた」創業者の髙田明氏からロバート・デ・ニーロ氏、紀里谷和明氏、PSY氏まで、さまざまな業界の著名人の示唆に富むメッセージをどうぞ。

スピーカー
Yeonmi Park(パク・ヨンミ)氏
ジャパンハート 吉岡秀人医師
麻生太郎氏
はあちゅう氏
霜田明寛氏
FiNC 南野充則氏
Gunosy 福島良典氏
Pluto 金田賢哉氏
映画監督 紀里谷和明氏
京都大学 iPS細胞研究所 山中伸弥教授
ジャパネットたかた 髙田明氏
ロバート・デ・ニーロ氏
歌手 PSY氏

常に死と隣り合わせ、少女が語った脱北者の悲惨な実情

catch3 13歳のときに北朝鮮から脱出したYeonmi Park(パク・ヨンミ)氏がThe One Young World Summit 2014で行ったスピーチ。ハリウッド映画を見ただけで処刑された友人家族、北朝鮮から逃げ出したその日に中国人ブローカーからレイプの被害に遭った母、中国で死んだ父を埋めた夜。常に死と隣り合わせの脱北者の悲惨な実情について涙ながらに語りました。

Yeonmi Park氏 私は1993年に生まれ、出生した途端にさらわれました。まだ自由や人権という言葉を知りもしないときに。今この瞬間も、北朝鮮の人々は必死で自由を探し求め、そして自由のために死んでいきます。 私が9歳の時、私は私の友達とその母が公開処刑されるのを見ました。彼女の罪は、ハリウッドの映画を見たことです。政府の偉大さを疑うようなことをすれば、一家三代にわたり投獄されるか、処刑されます。 私が4歳の頃、母は私に警告しました。「言葉を理解できない鳥やネズミにさえ、ひそひそ話すことがないように」と。私はそれを受け入れました。私は北朝鮮の独裁者は私の心を読むことができるんだと思いました。 私の父は、私たちが北朝鮮から逃げ出してから、中国で死にました。私は午前3時に、隠れて父を埋めなければなりませんでした。その時、私は14歳でした。私は泣くことさえできませんでした。北朝鮮に送還されるのが怖かったのです。
引用元 「午前3時に、隠れて父を埋めた」脱北した少女が北朝鮮の悲惨な状況を訴える
http://logmi.jp//81760

死の瞬間こそ、人生で最もがんばったとき

gazou120 がんに侵された子どもたちを数多く見送ってきたジャパンハート・吉岡秀人医師は、死を迎えるその瞬間こそ、子どもたちが人生で最も頑張った時なのだと気が付きます。しかし遺族は、苦しみや悲しみからその記憶を消してしまいがち。最期の最期で家族が断絶しないように行っている取り組みを、吉岡医師自らが紹介しました。

吉岡氏 僕は日本のがんの子どもたちにも何かしたい。なぜかというと、戦っている間はいいんですよ、がんと。でも3割ぐらいの子どもたちが亡くなるんですけども、もうだめになった瞬間に、子どもたちはどんどん悪くなって、死んでいきますね。 人間というのはトラウマの記憶と一緒で、本当につらい記憶をあとで消し去るようにできているんです。生きていくために、それは例え愛しい子どもでも、その愛しい子どもが本当に苦しんでいる記憶というのは、家族から消えてなくなるんですよ。だけど、僕はいつも思うんですね。本当に、死に落ちていくその時こそ、その子どもが最も人生で頑張った時だと、そう思う。 でもそのときのことを、家族に思い出してもらえないことほど不幸なことはないんじゃないか、と思うんです。死のその時まで、しっかりと子どもを見届けてほしいのに、生きている人たちはそのことを辛くて思い出せないから、思い出したくないから思い出してもらえない。 こんな親子の絆の断絶があるんだろうか、と思ったんですね。どうしたらいいだろうと考えて、僕はあるときに、この落下していく人生の最期の中に、思い出したくなるような、1つ、2つでもいい、本当に楽しい記憶を貼り付けておけば、亡くなった時に、親はそこだけ思い出してくれるに違いないと思ったんです。
引用元 「死の瞬間こそが、人生で最もがんばったとき」 愛しい人の最期を忘れないために、医師ができること
http://logmi.jp//20849

日本とギリシャの借金の違いを麻生太郎氏が解説

asouec_R 1000兆円の大台も近づいてきた日本の国債残高を見て、マスコミは「日本が破綻する」と報じますが、経済通を自認する自民党・麻生太郎氏はこれを完全否定。その理由を解説しました。

麻生氏 マスコミが世の中へ流し、多くの人が信じている間違った話が一つあると思います。それは、日本という国が破産する、って話。これは簿記っていうものの基本がわかってない人がしゃべって、わかってない人が書いて、わかってない人が読んでいるから、いよいよ話がわからなくなっているんだと思います。今からわかりやすく例を説明するから、よーく聞いといてくださいね。 帳簿っていうのを見れば、まず借り方と貸し方と、二つがあるでしょ、簡単なこと言えば。今お金を借りているのは、みなさんじゃありませんからね。お金を借りているのは、政府です。お金を100借りていれば、必ず、100貸している人がいないとおかしい。帳簿って言うのは左と右が必ず揃うことになってますから。 100借りてる政府がいれば、100貸している誰かがいる。誰が貸しているんです? そうです、国民が貸しているんだね。ところが新聞を見てごらん、「子どもや孫に至るまで一人700万円の借金」……違うでしょう。700万円の貸付金が起きているんですよ、あれは。貸しているのはみなさん。 (中略) みなさんが貸してるってことは円で貸しているんだからね。円で貸しているのよ。日本の国債の94%は日本人が買ってます。残り6%は外国人が買っているけれども、その人も円だけで買っているから100%円で賄われていると思ってください。 「ギリシャと同じになっては大変だ」ってまだ叫んでいる元財務大臣経験者の方がいらっしゃいますが、ギリシャは、ギリシャ発行の国債のうち、ギリシャ人が買っているのは3割です。残り7割は、ギリシャ人が買ってくれなくてしょうがないから国債相場に出す。国債市場はお金持ちがみんな、「ギリシャ人や政府は信用できない」って眉に唾付けてみてるもんだから、誰も買わない。
引用元 麻生太郎氏による「日本の借金」の解説が超わかりやすい 「経済をわかってない奴が煽っているだけ」
http://logmi.jp//14626

「世界一周とビジコンとフリーペーパーって3人に1人はいる」

ai15 電通、トレンダーズを経て現在作家として活躍するはあちゅう氏と、マスコミ就活のカリスマ・霜田明寛氏による就活生へ向けたトークイベント。就活の面接における”あるあるダメパターン”と、面接官に本当に響くアピールの仕方について語りました。

はあちゅう氏 なんかもう就活のためにさ、フリーペーパーとか作る人たまにいるじゃん。 霜田氏 いますね。 はあちゅう氏 これは私が作りましたとか、ビジコンとか、いきなり火が付いたようにやり始めるとか。でもそういうもので得たことって薄っぺらいから、結局別に就活の強みとかにもなってなくて。 後でこれしゃべろうかなと思ってたんだけど、自分が今までやってきたことからどれだけ意義を見出して、上手く発展させてプレゼンテーションできるかにかかってるよね。 霜田氏 そうですね。もう見合ってないですからね。 はあちゅう氏 そうそう、無理してすごいことを考えたりやろうとしなくて良くって、就活やってる人はみんな思ってることだと思うんだけど、「世界一周とビジコンとフリーペーパーって3人に1人はいる」って面接官よく言わない? 霜田氏 そんなに!(笑) はあちゅう氏 自分の中で「やり遂げた!!!」と思ってることでも、面接官で何百人も会ってる人にとったら「また聞いた話だよ」と思うから、その中からどれだけ自分に上手くリンクするようなネタを楽しくプレゼンできるかだよね。
引用元 「面接で世界一周とか、ビジコンとか、薄っぺらい」 はあちゅう氏が語る、”なんちゃってすごい人”の特徴
http://logmi.jp//41120

「大学で勉強する意味ありますか?」に東大出身の起業家が回答

ai57 東京大学が開催する国内最高峰の学生向けハッカソン「JPHACKS」。そのアワードイベントに東京大学出身の起業家であるFiNC・南野充則氏、Gunosy・福島良典氏、Pluto・金田賢哉氏の3名が登壇し、起業したきっかけや創業当時の苦労を語ります。起業を志す学生からの「大学で勉強する意味ありますか?」という質問には以下のように答えました。

福島氏 どうしたいですか? 将来起業したいですか? サービス作りたいですか? それとも研究者になりたいですか? 質問者 えーっと、僕はサービスで。 福島氏 じゃあ、辞めた方が良いと思います、大学(笑)。 質問者 その理由とかはお聞きしたりできますか? 福島氏 いや、あんまり関係無いんで。起業して成功することと(大学で勉強することが)。アメリカの例で言うとビル・ゲイツもマーク・ザッカーバーグも中退してますね。この業界って早ければ早いほど有利なんで、そのうち分かると思いますけど。やっぱ若い方が有利だし、僕はもっと早く始めてればなって思ってます。でも、大学を使い倒した方が良いです。 金田氏 僕は一応大学に籍があるんで、休学中なんですけど、辞めるのもありだと思いますよ(笑)。でも大事なことは、人生は二択じゃないですよね。何パーセントどっちに注力するかだと思うんですよ。可能ならば自分の100パーセントの枠が大きくなるように設計したら良いと思います。 大学行ってるから残りの時間でしかビジネスのことが出来ないじゃなくて、2つやるってことは、かけ算になるように上手くして、自分の選択を調整するってことは良いことだと思っていて。自分の過去が全部未来に詰まって行くわけなんで、超突飛なアイディアとか浮かばないんで、過去の足し算で未来が出来るんですよ。
引用元 「大学で勉強する意味ありますか?」 学生の質問に、東大出身の起業家3名が出した答え
http://logmi.jp//36649

夢を語ることなんか、どうでもいい。やるのかやんないのか、それだけ

catch3 (1) 紀里谷和明監督の初のハリウッド進出作となる映画『ラスト・ナイツ』。その試写会と質疑応答のイベントが、デジタルハリウッドで開催されました。試写上映後、会場に集った学生から「将来マジックのテーマパークをつくるのが夢なんです。資金も沢山必要で、いろいろ失敗したら、借金背負ったりとかあるかも知れないし、いろんなリスクがそこには、あったりすると思うんですが」と問われた紀里谷の回答。

紀里谷氏 あなたはやる前に「リスクがどうたらこうたら」とか言ってるわけよ。くだらないよ、そんなの。そんなので何ができんのよ? 多分、5年後10年後も同じこと言ってると思う。「私には夢がある」って言って。 単純な話だよ、皆さん。夢がある。いいですよ、そりゃ夢があって。やるんですか、やんないんですか? 今やるんですか、やんないんですか? それだけ。私にはお金がない、時間がない、資格がない、教養がない、どうだからこうだから。延々その話じゃん。延々……。 でもやればいいじゃん! やってみればいいじゃん。マジシャンのミュージアムつくる、あなたそんなすごいマジシャンなの? 質問者 いえ……。 紀里谷氏 だったら何故、練習しないの? 何でこんなとこに座ってんの、今。 質問者 はい。 紀里谷氏 わかる? 言ってること。 質問者 はい、わかります。 紀里谷氏 夢なんかね、どうでもいい。夢を語ることなんか、どうでもいい。やるのかやんないのか、それだけだと思うよ。
引用元 夢があるなら、なぜ命をかけないの? 紀里谷監督が若者に檄
http://logmi.jp//103328

失敗することは恥ずかしいことではない

d3203fdd532cbd5f8d1eb91d65f080e2 ノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学 iPS細胞研究所の山中伸弥教授が、「人間万事塞翁が馬」と題して高校生に向けて行った講演。山中教授は自身の人生を振り返り、整形外科医としての挫折がなければ研究者の道へ進むことはなかったという。研究者として、人生の先輩として、これからの日本を担う高校生にメッセージを送ります。

山中伸弥氏 高校の時に先生にコテンパンに怒られて社会人になって、医者になってからだけでも……。医者になってすぐに、まだ28歳でしたけど、最愛の父親を亡くしました。自分にとっての最大のサポーターを亡くしてしまって。今話したような山あり谷ありがあって、こういう研究ができたんだと。 みんなもこれから、今まではお父さんとかお母さんとか先生とか色んな人に守られて、助けられて、自分ではそう思っていなくても、たくさんの人に守られてここにおれるんですけど。これからどんどん大学生になり、社会人になり、結婚して子供ができる人も多いと思います。そうなっていく上で、色んな事が、いいことも、楽しいことも、辛いことも、悲しいこともあると思いますが、少しでも今日の僕の話を思い出してもらって「万事塞翁が馬」だと。 悪いときは必ずいいことがあります。 いいことがある一歩手前です。かがむとジャンプできます。そうでしょう。いい時は用心しましょう。何か悪いことがあるかもしれません。先生に褒められているときは用心しましょう、家に帰ったらお母さんに怒られるかもしれません。 そんなふうに一喜一憂しないということがとっても大切だと思います。僕たちもいろんなことに失敗を恐れず挑戦してきました。やらずに後悔するんだったら、やって後悔する方が良いと思います。僕もアメリカに行くときも悩みましたが、本当に行って良かったと思います。みんなも失敗することは全然恥ずかしいことではありません。これからみんなが日本を支えていく本当の力になっていくんですから。
引用元 手術が苦手で逃げ出した、鬱病にもなった – ノーベル賞・山中伸弥氏が高校生に贈った言葉は「人間万事塞翁が馬」
http://logmi.jp//37600

自分にできないことを認める勇気がいる

gazou2107 TV通販番組でおなじみ「ジャパネットたかた」創業者の髙田明氏が2015年6月3日、ProFuture主催 経営プロサミット2015で「うまくいくバトンタッチ」をテーマに講演会を行いました。「若い人は自分では思いつかないことを提案してくれる力がある」と語る髙田氏。1日だけで20億円の売り上げを出す「チャレンジデー」の企画を提案したのも若い世代の幹部でした。

髙田氏 チャレンジデーを発案したのは、実は今の新社長以下幹部だったんですよ。私は「絶対ダメだ」と反対しました。「こんな経費を何億もかけたものは私の常識ではダメだ」と言って議論したら「どうしてもやらせてくれ」と言う。 「やってみたいんだ」と言うので、そこは折れました。失敗すると思って「やってみい」とやらせてみたら、大成功ですよ。それで「そうか、若い人って自分で考えつかないことを提案してくる力があるんだ」と。 私が60歳から70歳、75歳と続けることよりも、そこは切り替えたほうがいい。自分の頭の中にひとつ「事業継承」が出てきたんです。人間って、自分が歳を重ねたらだんだん楽になりますでしょ。 「自分の言うことは絶対正しい」となって、人の言うことをあんまり聞きたくないというような。歳を重ねたら、やっぱりみんなそういうふうになってくる傾向がありますよね。 ところが、自分を信じていくというのは何歳になってもやらなきゃいけないと思うんですけども、自分にできないことを認める勇気が絶対いると僕は思ってるんですね。僕は結構あるほうなんですけども、それをバシッと突きつけられたのがそのチャレンジデーだったんですよ。
引用元 「自分にできないことを突きつけられた」ジャパネットたかた創業者が退任を決意したきっかけとは
http://logmi.jp//70737

「もう人生めちゃくちゃだぞ」ロバート・デ・ニーロが芸術学部の学生にメッセージ

gazou22121 ハリウッド映画俳優のロバート・デ・ニーロ氏がニューヨーク大学・ティッシュ芸術学部で行った卒業式スピーチ。自身の俳優業において、オーディションに落ちた経験を振り返りながら、会社や仕事で直面する「拒絶」と向き合う方法や、つまずいても「次」へ行くことの大切さについて説きました。

ロバート・デ・ニーロ氏 もう人生めちゃくちゃだぞ。考えてもみろ。看護学部の卒業生にはみんな仕事がある。歯学部出身の学生も完全に雇用される。ビジネススクールの卒業生も問題ない。 医学部の卒業生は1人残らず仕事にありつく。誇り高きロースクールの卒業生も大丈夫だ。もし大丈夫でなかったとしてもどうだっていい。彼らは弁護士なんだから。 英文科は例外だ。彼らは家に籠って小説を書くだろう。教師はクソみたいな仕事で低賃金だが、それでも働くだろう。会計学科の卒業生もみんな仕事がある。君らはどうだ? 会計士が羨ましいか? そうじゃないだろう。 会計学科の学生には選択肢があった。ひょっとすると会計学に夢中だったのかもしれないが、私は彼らが、成功と安定が予想される仕事に就くために、理性と論理と常識を用いた可能性が高いと思う。 理性、論理、常識。芸術学部で? 嘘だろ? 君たちにはその選択肢はなかったんじゃないか。君たちは自分の才能に気づき、野心を抱き、自らの情熱を理解した。そう感じた以上、もう抗うことはできない。従うしかない。 芸術に関して言えば、情熱は常に常識に打ち勝つべきだ。君たちはただ夢を追っているんじゃない。自分の運命をつかもうとしているのだ。君たちはダンサーで、歌手で、振付師で、音楽家で、映画製作者で、作家で、写真家で、監督で、演出家で、役者で、芸術家だ。ああ、もう駄目だ。
引用元 「理性、倫理、常識、芸術学部で? 嘘だろ?」ロバート・デ・ニーロがクリエイターを志す若者たちへメッセージ
http://logmi.jp//66748

ポジティブは地球上で一番大きな力

catch6 2012年に『江南スタイル』で大ヒットを飛ばした歌手・PSY氏が2013年にハーバード大学でのスピーチに登壇。自身が初めてアメリカに渡った頃のエピソードや、『江南スタイル』ができるまで、そしてYouTubeで20億再生を達成した脅威のブレイクをきっかけにしたセレブとの共演などについて語りました。

PSY氏 私は最初は、ボストンの学生だった。当時の自分にはニックネームがありまして、「WWF」と呼ばれていました。プロレス団体(World Wrestling Federation)じゃないですよ「Withdraw, withdraw, fail(退学、退学、落第)」です。授業が始まるのが早かったので。 (会場笑) 私は若く、クリエーションというものについて誤解していました。他人から学べると思っていたのです。しかし若い頃は誰もが間違います。その14年後に、ここの校長に招待されてスピーチするなんて、誰が想像できたでしょうか。今こうして皆さんと接しているのが変に感じられます。 私は幸せですし誇らしく思えます。ハーバードでスピーチをするなんて本当に非現実的です。皆さん本当に賢そうに見えます。 (会場笑) 失敗ももちろんしますが、私はポジティブでいることの力を強く信じています。時に優しく、また辛辣にされることもあるでしょうが、何があっても、どうなろうとも、いつもポジティブでいて下さい。地球上で一番大きな力なのですから。 人生で失敗はつきものです。14年経って、ボストンにスピーチしに戻ってこられました。「WWF」がたいしたものです。ありがとうございました。
引用元 『江南スタイル』の大ヒットが私に何をもたらしたか PSYが語るスターとの共演と一発屋問題
http://logmi.jp//106653

  
×
×
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
年末年始、これだけは読んでおきたいログミー名スピーチ10選

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る