logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

「日本のデザイナーは海外に来るべき」日米にみるクリエイターの評価とマネジメントの違い

「日本のデザイナーは海外に来るべき」日米にみるクリエイターの評価とマネジメントの違い

クリエイターに「いいキッカケ」をというコンセプトのもと、チームラボ、LIG、IMJの3社で共同開催している、CREATOR’S KITCHENの第4弾。btrax・ブランドン氏、チームラボ・堺氏、LIG・岩上氏、IMJ・高橋氏によって行われたトークセッションでは、btraxのデザイナーの評価軸の話を中心に、日本人とアメリカ人スタッフの違いやそれぞれのマネジメント方法について語られました。ブランドン氏は、エンジニアと比べて海外に出てくるデザイナーが少ないことについて、「日本で仕事しているデザイナーは海外に来るべき」と広い視点で活躍の場を求めることを勧めました。

シリーズ
CREATOR'S KITCHEN Vol.4 > パネルディスカッション
2015年10月4日のログ
スピーカー
btrax CEO Brandon K. Hill(ブランドン K. ヒル) 氏
チームラボ株式会社 取締役 堺 大輔 氏
株式会社IMJ 取締役 高橋剛 氏
株式会社LIG 代表取締役 岩上貴洋 氏

日米にみるクリエイターの評価とマネジメントの違い

堺大輔氏(以下、堺) お時間も経ってきたので、最後にまた質問タイムを取りたいと思います。ブランドンさんに対してでも、他のパネラーの人に対してでもいいので、何かご質問があれば手を挙げていただいて。どうぞ。 質問者1 海外のクリエイティブエージェンシーの人の評価について。デザイナーやエンジニアは売上が立たない分、何をもって評価するのかをすごく知りたいんですけど。ブランドンさんはどういうところを評価されていますか? ブランドン・ヒル氏(以下、ブランドン) これは絶対の結論なんですけど、デザイナーは評価するのが一番難しいんですよ。デザイナーって評価するのが難しいし、評価されるのが苦手な人種なんですね。ビジネスとある程度離れた場所にいる感じの人も多いし。数字で評価されたくないみたいな。 でも、自分でフリーランスでやるんだったらいいんですけど、会社に属している限りは利益に貢献する必要があるし、お客さんの満足度に貢献する必要があるし、チームワークも必要じゃないですか。 なので、うち(の評価軸)はだいたい3つですね。売上・利益にどう貢献して、時間をどれくらい費やして、どれくらの利益になっているか。 それと、顧客満足度というかお客さんがどれだけ喜んでいるかということ。 あとは仕事のしやすさとか、他のチームメンバーからの評価。 岩上貴洋氏(以下、岩上) どこに関してもデザイナーの評価って難しいと思うんですけど、サンフランシスコの他の会社さんもだいたいそのような感じですか? 会社によってまちまちだとは思うんですけど。 ブランドン 基本的にはそうだと思いますね。ただ、離職率、流動性が非常に高いんですよ。なので、1、2年で会社が変わったりするので、その評価うんぬん、昇進うんぬんしている前に違う会社に行っちゃいました(笑)。  ブランドンさんのところでも離職する方がまあまあいる? ブランドン 今はおかげさまで、スーパー下がったんですよ。この1年でほとんどないぐらいになったんですけど。その前まではボッコボコ辞めていて……(笑)。  ボッコボコ(笑)。 ブランドン 本当に。どうしようかと思ったりとか。でも、さっき言ったみたいにちゃんとシステム化していって、2回目の大変な時期だったので、人事のスタッフもちゃんと頑張ってくれて、みんなが働きやすい会社に変えていったので。おかげさまで今はすごい安定しています。

チームで団結するための社員旅行

 プロジェクト以外で、会社全体でチーム感を出すみたいなことは何かやってたりするんですか? ブランドン 明日やるんですよ。合宿に。  合宿! ブランドン アメリカのスタッフも連れてきて、温泉に。  コテコテな社員旅行、みたいな(笑)。 ブランドン それは、日本の良さを。  みんなに知ってもらう。 ブランドン そう。アメリカのほうは長いから、チームビルディングで国中に旅行行ったり、クルーザー乗ったりしたんですけど、しょせん日帰りじゃないですか? でも、泊まりこんでディスカッションもしつつ、酒も飲んで温泉に入るみたいなのはアメリカではなかなかやらない。これを日本の良さということでやる。  トライですね。 ブランドン たぶん、アメリカのスタッフはすごい喜ぶんですよ。「こんなことなかった!」って。それはさっきの日本の良さなので。やったほうがいいなと。  社員旅行はうちもやってます。コテコテの温泉(笑)。さっきのワークショップは、チームラボの社員旅行で、みんなでやるのをやったんですよね。 岩上 数百人レベルですか?  そうそう。数百人レベルで。他に何か……。

アメリカ人スタッフと日本人スタッフの違い

質問者2 アメリカ人と日本人で、マネジメントの仕方ってけっこう違うんですか? ブランドン そこはすごい難しいんですよ。本当に良し悪しがぜんぜん違うんですよ、まず。日本人のスタッフとアメリカ人のスタッフの長所・短所が真逆なので。1つ簡単な例で言うと、日本の人は、会社における問題を上司に届く前に自分で解決するのが仕事だと思うんですね。迷惑かけないように。 アメリカ人は、問題を見つけて上司に投げるのが仕事だということになってるんですよ。だから、さっきも言ったみたいに、僕の周りにいるスタッフ、特にアメリカ人は問題点があったらどんどん僕に投げてきますよ。それで僕が判断して、誰かアサインして直すとか、どうにかするんですけど。 日本のスタッフは、僕に迷惑をかけないように事前に対処しようとする。まあありがたい話ですけど。でも、それはアメリカ人のスタッフからすると、「表に問題を出さないからこいつはコミュニケーションが下手だ」ということになるんですね。「正しい人に投げずに自分で勝手にやるなよ」みたいな。 どう評価するかというマネジメントがすごく難しいじゃないですか。日本人は、どんな仕事でも上司から言われたらある程度頑張ってやるんですけど、アメリカ人の場合は、基本的に自分の仕事の範疇じゃないことをやらないんですよ。 それは気持ち的に「仕事を増やしたくない」「やりたくない」ということじゃなくて、その人の一番得意なこと以外をやることは、その人の時間や会社にとっての時給がもったいないと。 例えば、すごく優秀なデザイナーに雑用を任せた時に、「できますけど、これは僕の時給に合ってないので会社として経営的にもったいないけど、どうですか?」ってアメリカ人は言う。 逆に、他の人がその人の仕事じゃないことをやっていても、それを指摘する。「お前、これやってもいいけど、あなたみたいな給料をもらってる人がこれをやるのはよくないんじゃないの?」という。 無理がきかないから、誰にどういう仕事を任せるかというのはすごいロジカルにちゃんと考えてやっていかなきゃいけない。 だから、マネージャーや経営者に求められるスキルが非常に高いですね。ごまかしがきかない。隠せない。  なるほどね。シビア。

日本で仕事しているデザイナーは海外に来るべき

 他に何か質問あります? 質問者3 デザイナーの話がけっこう多かったんですけど、逆にエンジニアとして何を持っていたほうがいいのか。 ブランドン うちもエンジニアで2、3人日本から来ている子がいますけど、エンジニアのほうが実は馴染みやすい。仕事しやすい。 そもそも最初からいろんな言語が英語ベースになっている。プログラミングを書くこと自体がある意味英語になっているし、けっこう英語のドキュメントも読み込んでたりするじゃないですか。英語のほうが早く出るからね。 英語でのコミュニケーションのアレルギーが非常に少ないので勝負になるし、コードを書いてエンジニア同士でそれを見せればその人の能力は伝わるので、コミュニケーションも取りやすい。 なので、エンジニアはうちに来ても抵抗がないというか、あまり困ることもないですね。 英語のスキルが高くない子でも、すごく上手に仕事ができます。それはデザインと違って、けっこうロジカルにクリアカットになるので一目瞭然というか。 動く/動かない、とか。数字でも出せるしね。やっぱりデザインってニュアンスとかクリエイティブな部分があるから、説明が必要じゃないですか。そこの翻訳をしなきゃいけない。どうしてこうしたというのをコンバートして説明しなきゃいけない。ハードルが上がるんですよ。 うちでデザイナーとエンジニアを募集すると、エンジニアはめっちゃ来るんだけど、デザイナーがすごい少ないんですよ。これはすごい悲しいことだと思っていて。 日本で活躍しているデザイナーとか、申し訳ないけども良くない環境で仕事しているデザイナーの子たちは海外に来るべきだとすごい思うんですね。絶対に素晴らしい世界があるから。 なのに、僕の経験からすると、出ようと思ってる人はすごい少ない。もう、国内的な考え方にはまり込んじゃってる。海外で活躍するということが最初から頭にない。 エンジニアの子たちは、「いつかGoogleで働きたい」とか「いつかFacebookで働きたい」とか「Github使ってるし」とか、そういう夢が広がるんだけど。 デザイナーの子たちが目指すものの中に、海外で活躍するというイメージがあまりないんですよ。でも、来るべきなんですよ。その能力値は高いし、日本的な繊細さも持ち合わせているから勝負になるんですけど。本人たちがそこを何かシャットダウンしちゃっていて、非常にもったいないです。  確かに業界でもデザイナーで(海外に)行ったってあまり聞かないですよね。エンジニアではいますよね。そろそろ時間ですが、最後に1個質問をもらって終わりにしたいと思います。最後、ご質問いかがでしょうか。

デザイナーの売上とクオリティのバランス

質問者4 デザイナーさんに自分の売上の金額であったり、数字を開示されているんですか? さっき評価軸の中に売上が入っていたので。 ブランドン 出しますよ。プロジェクトのバジェットシートと言うんですけど、売上がいくらでコストがいくらでというのが出ているのがあるので、それはチームメンバーが全員見ますね。 質問者4 そうなると、売上が上がったほうが評価が高くなるというケースが出てくるじゃないですか。そのクオリティと売上のバランスって……。 ブランドン なので、3点の軸で顧客満足度、他のスタッフからの評価も入れてるんですよね。そうしないと、売上を追求して、他のスタッフを無視して自分の時間を減らすことだけ考えればそこは上がるんですけど、他の評価の軸もあるし。 (自分の)アドバンテージだなと思っているのは、自分自身がデザイナーなので、やっていることのクオリティが低かったらシビアに見れるんですよ。そこは、僕が直接シビアに見ているので大丈夫です。  ありがとうございます。まだいろいろ聞いてみたいことたくさんあると思うんですけど、このあと懇親会、後ろにお酒とかご飯とかあるので、食べながらまたお話を聞いてみてください。 じゃあ、いったんトークセッションを終わりにしたいと思います。パネラーの方に拍手をいただいて終わりにしたいと思います。ありがとうございました。 (会場拍手)

  
×
×
×
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
「日本のデザイナーは海外に来るべき」日米にみるクリエイターの評価とマネジメントの違い

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る